最終更新日:2017/12/16

この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^_^*)

【必見】LINEモバイルの速度制限・速度規制の詳細

LINEモバイルは他の格安SIMと同様に速度制限・速度規制があります。しかし、LINEモバイルの速度制限は他の格安SIMと比較しても緩い制限になっており、契約しているプランの上限まで使った場合の制限しかありません。

ここではLINEモバイルの速度制限・速度規制の詳細をまとめましたので紹介します。

LINEモバイルの速度制限・速度規制

LINEモバイルには他の格安SIMと同様に3GB/月プランや5GB/月プランなどの高速通信ができるデータ量がプランで決まっており自分で選択して契約します。

毎月自由にプランを変更することも可能です。

LINEモバイルは、その契約しているプランの容量以上のデータ通信をした場合に速度制限がかかります。速度制限がかかった場合の通信速度は200kbpsが上限になります。

実際にわざと速度制限がかかるまでデータを消費して速度計測を行いましたが、200kbpsの2倍近い速度がでており、他の格安SIMとくらべても快適に利用することができます。

500kbps程度の速度が出ているの高画質な動画の視聴さえしなければ快適に使う事ができてちょっとした驚きがありますね。低画質でも見れない!という格安SIMがほとんどです。

速度制限がかかった状態でもYouTubeも低画質に落として視聴すれば見ることが可能です。

データ容量を上限まで使った時の通信速度200kbpsを計測してみた

速度制限がかかったら追加チャージで対応が可能!

もし速度制限がかかった場合でも追加チャージという必要な分だけ高速データ容量を追加購入する事が可能です。

LINEモバイルは100MB=100円程度の料金となっており他の格安SIMと比べても料金は安くなっているので最初からチャージするつもりで初月は3GBから始めるのもオススメです。

LINEモバイルの追加チャージ料金
  • 0.5GB:500円
  • 1GB:1000円
  • 3GB:3000円

また、チャージして当月のデータ容量が余ったとしても翌月に繰越ができるので無駄がありません。

1GBプランを契約して足りなくなった時だけ追加チャージで対応するというスタイルをとると最大限の節約ができるようになります。

月額500円で使えて節約できる仕組みを解説

参考: LINEモバイルはデータ繰越に対応!詳細を解説

フリープラン、コミュニケーションプラン間の変更も可能

LINEモバイル一見すると、LINEフリープランとコミュニケーションフリープランの2つに別れています。この表を見ると、このプラン間の変更ができないように思ってしまいますよね?

私も最初このプラン間の変更ができないのではないかと思いLINEモバイルに直接問い合わせをしました。

LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン間のプラン変更も自由にできるので500円のLINEフリープランではじめて、足りない分は追加チャージで補う。

毎月足りなくなってきたらプラン変更をする。という方法を取るのも賢い方法かと思います。

 月額料金データ容量
LINEフリープラン(データ通信専用SIM)500円1GB
コミュニケーションフリープラン(データ+SMS)1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
コミュニケーションフリープラン(データ+音声通話SIM)1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB

参考:LINEフリープランからコミュニケーションプランはできる?

LINEモバイルは3日で〜MBという制限がない

他の格安SIMには3日で◯◯MB使うと速度制限を行うという

格安SIMが多く存在しますしほとんどの格安SIMはこの制限がかかっています。

例えば出張や旅行、外出などをした場合はインターネットで調べ物をたくさんするのでこの制限にかかることがあります。

LINEモバイルには3日で◯◯MBで速度制限というものが存在しません。そのため数日間で大量のデータ通信をしても制限がかかることがないのでとても使いやすい格安SIMなのです。

気にしなければならないのは契約しているプランのデータ量の上限を超えないということだけです。もし超えた場合でも追加チャージで補うことができるのでシンプルで無駄がないと出張や外出が多い方にも使いやすくなっています。

LINEモバイルの速度制限・速度規制まとめ

LINEモバイルでは契約しているプランの上限までデータ量を消費すると速度制限がかかります。

LINEモバイルはこのプランの上限の容量を超えた場合のみでしか速度制限がかかりません。

もし200kbpsの速度制限がかかった場合でも実測は500kbps近い通信速度が出ておりけっこう快適に使うことができます。

ちなみに大手キャリアの速度制限がされた時の通信速度は128kbpsというストレスがたまる通信速度まで制限をかけられるのでLINEモバイルがいかに快適で制限が緩いかがわかると思います。制限が厳しい格安SIMはユーザーにとってメリットはないので制限が緩いだけで大きなメリットになっています。

これが実現できている理由は、LINEモバイルの親会社のLINE株式会社は設備投資のための資金が十分にあり、回線や設備への断続的な投資で高速な通信速度を維持できているからでしょう。LINEモバイルは利用者視点でサービスを展開しているのであらゆる部分で使いやすさを感じます。

LINEモバイルの公式サイトはこちら