最終更新日:2018/5/21

この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^_^*)

【重要】LINEモバイルの解約時の日割り計算の詳細

LINEモバイルは解約時に月額料金を日割り計算してくれるのか気になるかと思います。

結論を先に書くと、LINEモバイルは解約時に日割り計算はしてくれません。月額料金を日割り計算してくれません

月のどのタイミングで解約手続きをしても月末に解約されます

その代わりに解約月の途中に解約しても月末までデータ通信(インターネット)も音声通話も利用できます。

LINEモバイルの契約は月単位なのでLINEモバイルを解約しようとする月の月初めに解約手続きをしても月末に解約手続きをしても月末までデータ通信も通話もできる代わりに日割り計算にはならないので、解約する月が決まっていれば忘れないうちに解約手続きををしておくのがいいと思います。

LINEモバイルは解約時の日割り計算はなし

LINEモバイルを月の途中に解約しても日割り計算はありません

その代わりに解約手続きをしても月末までデータ通信(インターネット)も音声通話も使うことができます

格安SIMには解約手続きをするとすぐにデータ通信(インターネット)も音声通話も使えなくなるものがありますが、LINEモバイルは月末までつかるので余裕をもって解約や他社にMNPすることができます。

LINEモバイルを利用開始月に解約すると初月も月額料金が発生する

LINEモバイルは利用開始月の月額料金が無料になりますが、利用開始月に解約した場合は、初月の月額料金は無料ではなくなり、1ヶ月分の月額料金を払わなければならいないので注意が必要です。

利用開始月にすぐに解約することはあまりないとは思いますが、初月に解約や他社にMNPをすると月額料金が発生することを覚えておきましょう。

LINEモバイルの最低利用期間

LINEモバイルも他の格安SIMと同様に最低利用期間がありますが、LINEモバイルは良心的なので、音声通話プランをつけている場合に12ヶ月の最低利用期間があるだけです。

LINEモバイルのプラン別最低利用期間の詳細
  • LINEモバイル データ通信のみプラン: 最低利用期間なし
  • LINEモバイル データ通信+SMSプラン: 最低利用期間なし
  • LINEモバイル データ通信+音声通話プラン: 最低利用期間12ヶ月

データ通信のみプランや、データ通信+SMSプランには最低利用期間がないので契約してすぐに解約しても契約違約金などは発生しません。

LINEモバイルの解約時のプラン別違約金の詳細

LINEモバイルはデータ通信のみプランであれば最低利用期間がないのでどのタイミングで解約をしても解約手数料なしで解約できますが、

データ通信+音声プランの場合は、12ヶ月の最低利用期間があるので12ヶ月以内に解約すると解約手数料として9800円取られます。

LINEモバイルの解約時の各プラン別の違約金の詳細
  • データ通信+音声通話プランを12ヶ月以内に解約: 9800円の解約手数料が発生
  • データ通信+音声通話プランを12ヶ月以内にMNP転出: 9800円の手数料が発生
  • データ通信のみプランを解約する: どのタイミングで解約しても解約手数料はなし

また、最低利用期間は契約初月を契約期間としてカウントしないので実質13ヶ月利用したタイミングで乗り換えると解約手数料の9800円なしの0円で解約やMNP転出で他社に乗り換えることができます。

LINEモバイルは更新月がないので最低利用期間の12ヶ月を超えたらどのタイミングで解約やMNPで他社に乗り換えても解除手数料はかかりません。

LINEモバイルは契約時だけでなく解約時も良心的な格安SIMなのです。

LINEモバイルの解約後の利用料金の請求の詳細

LINEモバイル解約に伴う解約金や解約月の通話料金は翌月や翌々月に請求がきます。

解約後に請求が来たと言って驚かないように知っておきましょう。

LINEモバイルの解約後の利用用金の請求の詳細
  • 解約月の利用用金: 解約月の翌月に請求が来る
  • 解約の解約違約金: 解約月の翌月に請求が来る
  • 解約月の音声通話の通話利用金:  解約月の翌々月に請求が来る

クレジットカードで支払っていた人は問題ないですが、LINE Payで月額料金を支払っていた場合は、解約月の翌月や翌々月に請求がきても料金の支払いがされるようにチャージしておくことを忘れないようにしましょう。

LINEモバイルは解約手続きをキャンセルできない

LINEモバイルは一度解約手続きをすると解約のキャンセルはできません

これは他の格安SIMでも同じです。MNP転出の場合はMNP予約番号をLINEモバイルで発行してもそれを利用しなければ解約にならないのでいいですが、単純にLINEもモバイルを解約手続きをするとその後キャンセルしたいと思っても、解約のキャンセルはできないで注意して下さい。

もし再度LINEモバイルを使いたい時は再度再契約して新しいSIMカードで利用することになります。

【保存版】LINEモバイルの格安SIMの再契約の方法・手順

LINEモバイルを解約・MNP転出した後はSIMカードの返却が必要

LINEモバイルは他のdocomo系の格安SIMと同様に解約をしたりMNP転出で他の格安SIMや大手キャリアに乗り換えた場合は下記の住所にSIMカードを返却する必要があります。

もし返却しなかった場合はSIMカード損害金を取られるので必ず返却したほうがいいです。

LINEモバイルのSIMの返却先の住所

〒277−0834

千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13−1

ロジポート北柏501

LINEモバイル株式会社 解約窓口

返送時に送料は自己負担となります。SIMカードを封筒に入るサイズにカットした紙や台紙にテープで貼り付けて郵便封筒で郵送すれば完了です。

LINEモバイルの格安SIMの解約方法と手順

LINEモバイルの解約方法とMNP転出でMNP予約番号を発行する方法は下記の記事で詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

LINEモバイルの解約やMNP転出の手続きはLINEモバイルのマイページから行い5分もかからないで完了します。

LINEモバイルの解約の詳細!手順や手数料の詳細

LINEモバイルは解約時も良心的でデータ通信のみプランの場合は最低利用期間なしなのでいつでも解約できますし、

LINEモバイルは契約更新月がないので音声通話SIMの場合でも最低利用期間を超えたらいつでも解約手数料なしで解約もMNPもできるので、ゆっくりと時間をかけて次の格安SIMを選んだり大手キャリアに戻ったりすることができます。

LINEモバイルは契約も解約もし易い格安SIMで通信速度も最速、料金も月額500円のワンコインだけで使えて、LINEやSNSのデータ使用量をノーカウントにするカウントフリー機能があって、すべての格安SIMで唯一LINEのID検索や年齢認証ができる格安SIMです。

利用者の立場になって運用されている格安SIMなのでとても評判がよく私もデビュー以来LINEモバイルの品質の高さに衝撃を受けてからずっと愛用しています。

価格以上のサービス内容=LINEモバイル」なのです。

LINEモバイルの公式サイト