最終更新日:2017/11/25

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

【保存版】サブスマホや2台持ちにLINEモバイルが最適な7つの理由!

【格安SIM最安500円運用】サブスマホや2台持ちのスマホやiPhoneは最安の月額料金で維持したいですよね?LINEモバイルは格安SIMで唯一、月額500円だけで使えて、LINEとSNSが使い放題の格安SIMです。

LINEのID検索や年齢認証もSMS不要でできるのでSMSオプションの契約が不要で今一番選ばれています。LINEモバイルの格安SIMは格安SIM最速の通信速度でiPhoneでもAndroidでも使えてテザリングも無料で使えるのでコスパが最高となっておりこれ以上によい格安SIMはありません。

LINEモバイルは月額500円の料金だけで使える格安SIM

月額500円だけで利用できる「LINEフリープラン」というものを提供しています。

月額500円という激安価格でも1GB分のデータ通信量が使えて通信品質はLINEモバイルは格安SIMで最速で一番安定している高品質なものになっています。080/090/070で始める音声通話をつけても月額1200円で収まります。

子供とはLINEで連絡をとっているという方も多いかと思います。LINEはメッセージのやり取りだけでなく、音声通話(電話)やビデオ通話を無料で利用することができます。

LINEモバイルは月額500円だけで使えるのにもかかわらずLINEでのメッセージのやり取りや音声通話(電話)やビデオ通話、写真や動画の送受信をどれだけ行っても契約しているプランのデータ容量を一切消費しません

何時間通話していても写真や動画を送り合ってもデータ消費が0(ゼロ)という画期的な格安SIMなのです。LINEモバイルは契約後の容量プランの変更も無料で自由に変更できる格安SIMです。

LINEモバイルはSMSオプション不要でLINEが利用できる格安SIM

SMSオプションなしでLINEが使えるのはLINEモバイルの格安SIMだけです。

サブスマホや2台持ちスマホでもLINEモバイルの格安SIMを挿すだけでLINEのアカウントを作れて大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクのスマホやiPhoneと全く同じように機能制限一切無しですべての機能が使えます。

通常格安SIMでLINEを使う場合はSMSオプションの契約が必要です。SMSオプションは格安SIM会社によっていろいろですが通常120円〜150円の月額料金をとられます。これはとてももったいないことです。

LINEを使う場合のSMSオプションの必要性
  • LINEモバイル以外の格安SIM: 本人確認、年齢確認ができないためLINEは使えない
  • LINEモバイル: LINEは自社のアプリなのでLINEモバイルの契約情報から本人確認ができるためSMSでの認証が不要でLINEが全機能使える

↑LINEモバイルは「データ通信のみ」プランでLINEが利用できる。

LINEモバイルが人気な理由の1つとして月額500円のデータ通信専用「LINEフリープラン」であってもSMS認証が不要で、LINEの新規登録や機種変更ができるからです。

他の格安SIMではLINEを新規登録する際や、引き継ぎの際でもSMSでの認証が必須です。そのためSMS機能をつける必要がありましたがLINEモバイルはSMSが不要なのです。

LINEモバイルはSMS認証なしでLINEの登録取得が可能!

LINEモバイルは契約時の本人確認の情報を利用して本人確認を行うのでSMSでの認証をパスしてLINEの登録ができるようになっています。

LINEの通信が通信料としてカウントされない

LINEモバイルの月額500円だけで使える1GBプランの「LINEフリープラン」はLINEアプリをつかったメッセージのやり取り(トーク)や音声通話(電話)やビデオ通話、写真やビデオの送受信をどれだけやっても通信量としてカウントされなく使い放題です。

そのため友達や家族と何時間LINE電話をしても画像や動画を送り合ってもデータ消費は一切ありません。そのため1GBのプランでもけっこう十分な通信料となります。

長時間電話をしてもビデオや写真などをどれだけ送っても通信料としてカウントされないのでサブスマホや2台目のスマホやiPhone用としてコスパ最高で最適なのです。

LINEモバイルはどれだけ使っても月額料金500円だけです。

LINEモバイルはiPhoneやAndroidスマホでそのまま使える

LINEモバイルは下記の条件を満たすiPhoneやAndroidスマホであればLINEモバイルの格安SIMを挿すだけでそのまま利用することができます。解約済みのものであったり中古で購入したもの、家族名義や他人名義のiPhoneやAndroidスマホでも利用可能です。

LINEモバイルを契約してスマホやiPhoneに届いたSIMカードを挿入して簡単な初期設定をすればすぐに使うことができます。

維持にかかるのは月額500円のLINEモバイルの通信料金だけです。

LINEモバイルでそのまま使えるiPhone・Androidスマホ
  • docomoで契約していたiPhone
  • docomoで契約していたAndroidスマホ(iPhoneではないもの)
  • SIMフリーのiPhone(SIMフリー化やSIMロック解除したiPhone)
  • SIMフリーのAndroidスマホ(SIMフリー化やSIMロック解除したスマホ)

※すでに解約済みのiPhoneやAndroidスマホでも使えます。

※スマホやiPhoneが誰の名義であっても関係なく利用可能です。

※iPhoneはiPhone5s以降であれば利用可能です。

※Androidスマホとは、XperiaやGalaxy,HTC,ARROWS,AQUOS PHONEなどのことです。

LINEモバイルはLINEのID検索と年齢認証ができる唯一の格安SIM

格安SIMでLINEの年齢認証とID検索ができる格安SIMは「LINEモバイル」だけです。

他の格安SIMは年齢認証もID検索もできません。

格安SIMを迷っていてLINEの年齢認証やID検索機能が大手キャリアと同じように使いたい場合はLINEモバイルの格安SIMを選んでおけば利用可能です。

LINEの年齢認証とID検索と格安SIMの関係
  • LINEモバイル以外の格安SIM: 年齢認証とID検索機能は使えない
  • LINEモバイル:  年齢認証とID検索機能は使える格安SIMでLINEモバイルだけ

既に他の格安SIMを契約していてLINEの年齢認証やID検索ができないと悩んでいたら早めにLINEモバイルの乗り換えておくほうが月額料金はほぼ変わらないためなにかとメリットが大きいです。

↑LINEモバイル契約者だけ年齢認証用の特別なメニューが用意されている

今現在世の中に出回っている格安SIMの中でLINEの年齢認証とID検索機能が使えるのはLINEモバイルの格安SIMだけです。大手キャリアのdocomo、au、ソフトバンクでは利用可能ですが、格安SIMではLINEモバイルだけが利用可能です。

【簡単】LINEモバイルの年齢認証・ID検索の方法と手順

LINEモバイルの契約や新規申込みはとても簡単・MNPもできる

LINEモバイルの格安SIMに新規で申し込む手順やキャリア別にdocomoやau、SoftbankからLINEモバイルに乗り換える手順をまとめました。

MNPという方法を使うと今使っている電話番号を引き継いだままLINEモバイルに乗り換えることができます。MNP弾からLINEモバイルに乗り換えることもできます。

もし月額500円のデータ通信専用のプランを申し込む場合はMNPの手続きは不要なのでその部分は飛ばして【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順を見ながらLINEモバイルの申し込み手続きから始めれば10分程度で申し込みが完了します。

LINEモバイルの公式サイトでもっと詳しく