最終更新日:2017/10/19

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルのサービス開始や契約販売はいつから?

LINEモバイルは月額500円だけで使える。LINEとSNSがデータ量としてカウントしなくて使い放題とリリース前から話題です。LINEのサービス開始日や販売開始日、契約開始日などをまとめました。

結論から先に述べるとLINEモバイルは2017年の今の時点で販売をしており契約可能です。

LINEモバイルのサービス開始日・販売開始日

LINEモバイルのサービス開始日は2016年9月5日で2万件限定で先行販売をしました。

10月1日に本サービス開始で人数限定なしで一般販売を開始しています。

そのため、現在では誰でもLINEモバイルに申し込んで契約することが可能です。

LINEモバイルは他の格安SIMにない魅力がたくさんある

月額500円でLINE通話とLINEデータ通信が無制限で使い放題

LINEモバイルは月額500円だけで高速データ通信が1GB/月使えるプランがあります。

友達や家族とのLINEでのメッセージのやり取りや音声通話、画像や動画の送受信をどれだけしても消費したデータとしてカウントされません。

たとえば子ども用や離れて住んでいる家族にdocomoのiPhoneやスマホを使わせようと思っている時にLINEモバイルの月額500円のプランを契約したSIMをさせば月額500円だけで長時間電話ができます。

また、音声通話だけでなくビデオや画像を送り合っても契約している高速データ通信しているプランのデータ量から消費しないので気兼ねなくやり取りができます。

LINEモバイルの格安SIMとスマホは年齢認証・ID検索ができる

いろいろな格安SIMや格安スマホがありますが、LINEモバイル以外の格安SIM、セットで購入したスマホ以外は年齢認証ができないのでID検索もできません

LINEで友達を追加する時にするID検索をする際には年齢認証が必要になります。

LINEの年齢認証はdocomoやau、ソフトバンクを契約している人だけが付けある機能です。そのため格安SIMや格安スマホに乗り換えると通常はLINEの年齢認証ができないのでID検索ができません。

↑LINEモバイルのマイページから年齢認証用利用コードを入手して入力すると・・・

↑年齢認証がされるのでID検索ができるようになります

↑友達のIDを入手して検索するとすぐに登録できます。

この年齢認証はできてID検索ができるのはLINEモバイルを使っている人限定なので大きなメリットになっています。格安SIMを迷っている人でLINEのID検索が必須の方はLINEモバイル以外の選択肢はありません。

【簡単】LINEモバイルの年齢認証・ID検索の方法と手順

LINEモバイルはFacebookもTwitterもインスタグラムも無料!

LINEモバイルの格安SIMとセットで購入したスマホを使うとLINEアプリの通信がすべて無料になります。それだけでなくコミュニケーションフリープランを選んでいるとFacebook、Twitter、インスタグラムも無料になります。

MUSIC+プランだとLINEミュージックも無料!

LINEモバイルはリリース当初からTwitter・Facebook・LINE・Instagram通信のデータ量をカウントしない「コミュニケーションフリープラン」やLINEだけが対象だが月額500円に抑えた「LINEフリープラン」を提供していました。

これに加えてLINE MUSICもカウントフリーの対象になったため、Twitter・Facebook・LINE・Instagram・LINE MUSICをどれだけ使っても

月額のデータ消費量としてカウントされません。使い放題ということです!

LINE MUSICもノーカウントになる「MUSIC+プラン」の詳細

LINEモバイルの公式サイト

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!Amazonギフト券・LINE Pay1000〜2000円分貰えるキャンペーン+3GB x 2ヵ月増量キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます