この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの通話料金の計算方法と仕組み

大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクでは通話には5分以内のかけ放題のプランと時間無制限のプランがあり2年契約ありと2年契約なしにも別れています。LINEモバイルと大手キャリアの通話料金は全く異なるのでここで計算方法と仕組みを説明します。

大手キャリアの通話料金とプラン

ドコモの通話プランはこの3つになります。

プラン名2年契約あり2年契約なし
カケホーダイプラン (スマホとタブレット)月額2700円月額4200円
カケホーダイプラン(ガラケー)月額2200円月額3700円
カケホーダイライトプラン月額1700円月額3200円

これは通話料金だけの料金でさらにデータ通信の料金がかかってくるので

合わせると月額6500円〜8000円くらいになります。

この月額料金は正直高いですよね。

でもLINEモバイルなら月額1100円ほどに抑えることが可能です。

大手キャリアの通話料金と同じになるのは何分の通話時間?

大手キャリアはかけ放題プランを提供しており、カケホーダイというものがあります。

docomo、au、softbankでは月額2,700円でカケホーダイサービスを提供しています。

ではどれくらいの通話時間を超えたらLINEモバイルの通話料金が高くなるのか?気になるかと思います。

LINEモバイルは30秒で20円の通話料金なので、1時間で2,400円、2時間30分で6,000円ほどになります。

1ヶ月で1時間以上の通話をする場合はLINEモバイルのほうが通話料金が高くなります。

しかしLINEモバイルはLINEでの音声通話やビデオ通話、Skypeでの音声通話、ビデオ通話などの電話回線を使わない通話の場合は通話料金がかかりません(無料

上手く活用すると大幅に通話料金を節約することができる格安SIMなのです!

LINEモバイルの通話料金

LINEモバイルの通話料金はすごくシンプルです。まずLINEモバイルを含めた格安SIMにはデータ専用プランと、データ通信+音声通話付きプランの2つが存在します。

データ専用プランにはSMSをオプションでつけることも可能です。

LINEモバイルの通話料金: 30秒20円

通話料金はこれだけのシンプルなものです。

1時間の通話で2400円、2時間の通話で4800円になります。

LINEモバイルの通話料金の計算方法と仕組み

LINEアプリを使った通話は無料、データ量も消費しない

通常の080/090から始まる電話番号を使った電話は有料ですが、

LINEの無料通話を使うのであれば何時間話しても通話料金は無料です。

LINEモバイルにはLINEアプリを使った音声通話やビデオ通話、メッセージのやり取りをどれだけ使ってもデータ量としてカウントしない「カウントフリー」機能を備えています。

このカウントフリーは特別なことをしなくて最初から適用されていますので毎月契約しているプランの3GB/月や5GB/月などのデータ容量を消費することなく完全無料で通話ができます。

LINEモバイル「カウントフリー」の詳細と対象通信

このデータ容量をカウントしない「カウントフリー機能」があるのはLINEモバイルだけなのです。

LINEモバイルは電話をあまりしない人にとってはかなりの節約になりますし、通話をする方もLINEを使って通話をすることで通話料金が完全無料ででやりくりすることができるのです。

電話をあまりしない方にとってはものすごく節約できるため、LINEでのやり取りに乗り換えたり、そもそも通話しない方にはベストな格安SIMとして人気です。

回線速度も格安SIMで最速です!

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!3GB x 2ヵ月増量!+1ヵ月月額料金無料キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます