最終更新日:2017/12/16

この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^_^*)

【保存版】LINEモバイルの3つの支払い方法の詳細

LINEモバイルの決済方法は「クレジットカード決済」と「LINE Pay」と「LINE Payカード」での3つの支払いに対応しています。クレジットカードを持っていないなくてもLINEモバイルの格安SIMを契約することができます。

LINEモバイルは、LINEのデータ通信量をカウントしないLINEフリープランやLINEの年齢認証ができるという今までにない格安SIMとして注目されていますが、もう1つ他の格安SIMとは違う特徴があります。ここではLINEモバイルの決済方法についてまとめました。

LINEモバイルの決済方法は3つある

通常の格安SIMは決済方法は限定されており、「クレジットカードのみ」というのが基本です。しかしLINEモバイルには下記の3つの決済方法から選ぶことができます。

LINEモバイルの3つの決済方法
  • クレジットカード決済
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

このLINE Payを使えば、クレジットカードなしで決済できると思いますよね?私も調べまくって思いましたが実は落とし穴があります

LINE Payを利用するにはクレジットカードの登録が必要になっており、結局クレジットカードが必要なのです。

LINE PayとLINE Payカードの違いは?

  • LINE Pay…LINEの電子マネーサービスでクレジットカードを登録することでクレジットカード決済も利用可能になる。逆に言えばクレジットカードが必要になる。
  • LINE Payカード…LINE Payと連携して利用するチャージ式のプリペイドカード。正確にはクレジットカードではないがJCBのプリペードカードのため扱いはクレジットカートとほぼおなじ。

この2つは同じように思ってしまいがちですが、実は全く別物です。

ただし連携しているためLINE Payの残高とLINE Payカードの残高は常に同じになります。

LINEモバイルの支払いで使える決済方法

以上のことからLINEモバイルの申し込みや月額料金の支払いで使える決済方法は下記の2つになります。

  • クレジットカード
  • LINE Pay(クレジット機能を登録したもの限定)

ほとんどの格安SIMがクレジットカード必須でしか申し込めなのに対し、LINEモバイルはLINE Payカードを使うことで、クレジットカードなしで格安SIMのLINEモバイルに申し込むことができます。

また、LINE Payカードはチャージ型のキャッシュカードのような仕組みになっており、月額料金以上の残高をチャージしておくことでLINEモバイルの月額料金の支払いもすることができます。

LINE Payカードはコンビニで販売されており、購入時にチャージ額を1,000円~10,000円の間で自由に選べます。この時に本人確認や審査は一切ありません。

LINEモバイルの契約と月額料金の支払いとして使う場合には6000円ほどチャージしておけば契約と月額料金の支払いに十分にたりるチャージ量になります。

LINE Payカードを使えばクレジットカードなしでも格安SIMであるLINEモバイルを契約して使うことができるのでとても便利になっています。

LINE Payカードの使い方は下記の記事で詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

【保存版】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法手順