この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルは「LINE@」が利用できる?

LINE@は多数の人に情報発信ができるアプリですが、利用にはLINEの年齢認証が必要です。

結論から書くとLINEモバイルは唯一年齢認証が可能な格安SIMなので、LINE@を利用することが可能です。LINEモバイルはSMSオプション(有料)をつけなくてもLINE@を利用することができるため他の格安SIMよりも月額料金を抑えられます。

月額500円だけで使えるLINEフリープランだけの契約でLINE@が利用可能です。

LINE@とは?LINEとの違いは?

LINEとLINE@の違い
  • LINE: 1対1や1対多の友達のグループで会話を行うアプリ
  • LINE@: 多数の人に情報をメルマガの用に一斉に送信できるアプリ

LINEは個人感でのやり取りで使うのに対し、LINE@はお店や企業が情報配信やクーポンや割引券の配信などを行うのに利用されています。

1,000通までメッセージを一斉送信でき、文字だけでなくスタンプや画像も送れます。また予約投稿も可能です。1,000通以上のメッセージを送信するには有料プランを利用することで50,000通まで送信できるようになります。

LINE@は企業だけでなく個人であってもアカウントを開設して利用ることが可能です。

LINE@は18歳未満の人は登録できないことになっています。

LINE@はカウントフリーの対象外となります。

LINE@でできることの詳細まとめ

LINE@でできること一覧
  1. メッセージの一括配信
  2. 1対1での会話(LINEと同じように利用可能)
  3. アカウントページという自分のホームページを持てる
  4. 「リサーチページ」でアンケートを取ることができる
  5. ホーム投稿(投稿すると登録者のタイムラインに情報が配信される)
  6. クーポンやPR情報の一括配信
  7. コマース通販(通販機能が利用できる)

LINE@の2つのアカウントタイプ

LINE@には「一般アカウント」と「認証済みアカウント」

の2つのアカウントタイプがあります。

  • 一般アカウント: 誰でも個人でも取得できるアカウント
  • 認証済みアカウント: 審査があり通過すると店舗の宣伝やコマース通販が利用できるアカウント

LINE@を利用するにはLINEの年齢認証が必須

LINE@は18歳以上でないと利用できないアプリです。

この年齢が18歳以上であることはLINEの年齢認証を用いて確認しています。

LINEモバイル以外の格安SIMは年齢認証ができないため、LINE@の利用はできませんが、LINEモバイルは格安SIMで唯一、年齢認証ができる格安SIMのため、LINE@が利用できます。

そのため格安SIMにしてもLINE@を使いたい方はLINEモバイルを選択しておけば間違いありません。LINEモバイルもLINE@もLINEも自社のサービスなのでがとれています。

LINEモバイルの公式サイト

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!3GB x 2ヵ月増量!+1ヵ月月額料金無料キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます