この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルはデータ繰越に対応!詳細を解説

LINEモバイルには他の格安SIMと同様に1GB/月や3GB/月などの容量プランを契約時に選べます。しかし、毎月契約したプランの高速データ通信量を使い切れなかった場合でも余った分がもったいないのでは?と思うでしょう。

結論から書くとLINEモバイルは余ったデータ容量の自動翌月繰越に対応しているため余ったデータ容量を翌月に繰り越す事ができます。

LINEモバイルはデータ容量繰越に対応で無駄がない

例えばLINEモバイルの3GBプランを契約していて、当月に2GBのデータ量しか消費せずに1GBのデータ量(パケット)が余った場合、その残りの1GBを翌月に繰越すことができます。

繰越が行われた翌月のデータ容量は合計4GBとなり、3GBプランであっても4GBを利用可能になるということです。

LINEモバイルのデータ容量繰越の有効期限

データ容量繰越にも有効期限があります。

LINEモバイルのデータ容量繰越の有効期限は「翌月」までとなっています。

↑データ容量の残量と前月繰越の容量をスマホやPCから簡単に確認できます。

これはどの格安SIMとも同じで、2ヶ月分を繰り越す事ができないので、もし過剰に余るようであればプランの変更をして毎月のデータ容量の少ないものに変更しましょう。

LINEモバイルはプランの変更が毎月無料でできるので自分の使用状況によって無駄なく節約することができるようになっています。

LINEモバイルは翌月繰越されたデータ容量は優先的に消費される

LINEモバイルは翌月繰越されたデータ容量は自動的に優先的に消費してくれます。まずは先月から繰り越された余ったデータ量を消費してから当月のデータを消費するようになっています。

LINEモバイルは下記の順番でデータ容量が消費されます

LINEモバイルがデータが消費される順番
  1. 先月から繰越されたデータ容量
  2. データプレゼントされたデータ容量
  3. 当月のデータ容量
  4. 追加で購入したデータ容量

LINEモバイルはこの順番で自動的に消費されるので

無駄なくデータ容量が使われるようになっています。

また追加で購入したデータ容量の有効期限は翌月末まで有効です。

LINEモバイルのデータ容量の料金

LINEモバイルは翌月分や当月分、プレゼント分のデータ容量を使い切った場合でも追加購入することで当月のデータ容量を増やすことができます。

データ容量を使い切った場合は通信速度制限・速度規制がかかって200kbpsに制限されるため高速なデータ通信が必要な場合では待ち時間がかかりすぎてストレスが溜まります。

といってもLINEモバイルは速度規制が緩い格安SIMなので速度制限の低速通信になっても500kbpsほどの速度が出ます。

【必見】LINEモバイルの速度制限・速度規制の詳細

データ容量を追加購入することで速度制限を解除して高速通信ができるようになります。

チャージ
容量
料金有効期限
0.5GB500円翌月末
1GB 1,000円翌月末
 3GB 3,000円翌月末

このように0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の追加購入が可能です。

LINEモバイルの公式サイト