最終更新日:2017/10/17

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

【必見】LINEモバイル以外の格安SIMでLINEのID検索する裏技

LINEモバイルはLINEの年齢認証とID検索機能が唯一できて使える格安SIMです。

しかし、LINEモバイル以外の格安SIM(MVNO)を使っている方でもLINEの年齢認証とID検索を使う裏技があります。

結論から先に書くとLINEモバイルに一時的に契約して年齢認証をしてLINEのID検索機能を有効にした後にLINEモバイルを解約するという方法です。

しまりすさん
LINEモバイル以外の格安SIMでもID検索できるんだ♪
武中
一時的にLINEモバイルのSIMを使って認証する裏技を使えばできるんだ。まだ一部の人しか知らない情報だよ!

LINEモバイルのSIMで年齢認証をしてID検索機能を有効にする裏技

LINEモバイル以外の格安SIMでID検索を有効にする手順
  1. LINEモバイルを一番安いプランで新規契約する
  2. LINEモバイルのSIMを挿してLINEの年齢認証をする
  3. ID検索機能が有効になったことを確認する
  4. 他の格安SIM(MVNO)を挿入して電話番号を再登録する(大事)
  5. LINEモバイルを解約する

他のSIMでLINEの年齢認証・ID検索をする裏技にかかる費用

このようにLINEモバイルのSIMを使ってLINEの年齢認証をしてID検索機能を有効にする裏技をするためにかかる費用は下記になります。

LINEモバイルのプランは一番月額料金が安い月額500円のプランを選んでおきましょう。

LINEモバイル以外の格安SIMでID検索をするのにかかる費用
  • LINEモバイル事務手数料: 3000円
  • LINEフリープランの月額料金: 500円
  • LINEモバイルの解約手数料: 0円(費用発生なし)

たった3500円のだけの費用でLINEの年齢認証をしてLINEのID検索機能を有効にすることができます。LINEモバイルは申し込んだ月に解約すると請求されるのは利用開始日から月末までになるため月額500円の月額料金しか発生しません。

最低利用期間がないので解約手数料は発生しません。

しまりすさん
1ヶ月で解約したらいいんだね♪解約する方法がわからないよ〜
武中
解約方法は「LINEモバイルの解約方法・手順まとめ」にまとめておいたよ!好きなタイミングで解約できるし5分も解約手続きにはかからないよ!

LINEモバイル解約前に電話番号の再登録を忘れずに!

しまりすさん
解約前に電話番号の再登録がいるって本当〜?
武中
うん、本当。この手続きはパソコンからLINEを使うときや電話番号(アドレス帳)で友達を追加するときに使われる電話番号だから大事なんだ。
しまりすさん
ふむふむ。ちゃんと電話番号は変えておくよ〜♪

この方法で注意しなければならないのはLINEモバイルの格安SIMの電話番号で認証をして、元の格安SIMに挿し直すのでSIMカードが変わり、それに伴い電話番号が変わるということです。

たとえば、このままの状態で解約してしまうと、パソコンでLINEを使う時のSMS認証が解約したLINEモバイルの電話番号になっているためSMS認証ができなくなってしまいます。

また、電話番号で友達を追加するときに追加できないような状況が発生します。

そのため、LINEモバイルの年齢認証をしてLINEモバイルを解約する前に、普段使っている格安SIMの電話番号を再登録しておく必要があります。

LINEに登録されている電話番号を変更する手順・方法

LINEは自由に登録してある電話番号を変更することができます

下記の手順の通りにやれば電話番号を年齢認証に使ったLINEモバイルの電話番号から普段使っている(LINEモバイル解約後に挿す格安SIM)の電話番号に変更することができます。

STEP1. アカウント->電話番号をタップする

STEP2. 電話番号を確認して次へすすめる

ここでは年齢認証につかったLINEモバイルのSIMカードの電話番号が表示されています。自分の普段使っている電話番号でないことを確認して次へ進みます。

STEP3. 普段使っているSIMカードに差し替える

ここで普段使っている格安SIM(LINEモバイルを解約した後に挿入する格安SIM)に差し替えます。SIMトレーを取り出してSIMカードを乗せ変えて本体に挿入します。

STEP4. 普段使っている格安SIMの電話番号で認証する

ここで普段使っている格安SIM(LINEモバイルを解約した後に挿入する格安SIM)の電話番号を入力して、電話番号認証を行います。

STEP5. 電話番号認証を完了する

普段使っている格安SIM(LINEモバイルを解約した後に挿入する格安SIM)に確認コードが届くのでそのコードをLINEに入力して認証を完了させます。

LINEモバイル以外の格安SIMでLINEのID検索する裏技まとめ

LINEモバイルの格安SIMを一時的に使ってLINEモバイル以外の格安SIMでもLINEの年齢認証をクリアしてLINEのID検索機能を有効にする方法を紹介しました。

費用的には3500円かかりますが、大手キャリアを再契約することを考えると破格でLINEのID検索機能を有効にできます。

しまりすさん
これは知る人ぞしる裏技ってやつだね〜♪ワクワク♪
武中
そうだよ。ほとんどの人はこんな方法はしらないね!LINEモバイルのSIMを使う以外では大手キャリアを契約する以外にID検索を有効にできないからメリットの大きい裏技といえるね。

この方法はどの格安SIMでも使いことができる裏技です。LINEのID検索が使えなくて困っている人はぜひ試してみてくださいね。

契約したついでにどれだけ使っても月額料金は変わらないので月末まで使ってみるとLINEモバイルの快適さに驚くと思います。

LINEモバイルの契約・申込み方法まとめ

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!Amazonギフト券・LINE Pay1000〜2000円分貰えるキャンペーン+3GB x 2ヵ月増量キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます