最終更新日:2017/10/19

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイル申し込み時の必要書類本人確認まとめ

LINEモバイルには店舗は無いので申込みはすべてLINEモバイルの公式サイトから申し込みます。大手キャリアを契約する時と同様に本人確認が必要ですが、LINEモバイルの本人確認は

本人確認書類を写真に撮って画像データとしてアップロードする方法で行います。本人確認の詳細をまとめましたの紹介します。

LINEモバイルの本人確認の方法

LINEモバイルの本人確認は大手キャリアの店頭で運転免許証やパスポート、健康保険証などを見せる代わりに本人確認用書類を撮影して画像データとしてアップロードすることで確認します。本人確認ができる書類はいくつかあります。

LINEモバイルの本人確認として使える書類

LINEモバイル本人確認書類一覧

本人確認書類一覧

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類

  • 公共料金領収書
  • 住民票

公共料金領収書として認められる条件

  • 発行日より3ヶ月以内であること
  • 電気、都市ガス、水道料金のどれか
  • 現住所が記載されていること

住民票として認められる条件

  • 発行日より3ヶ月以内であること
  • マイナンバーが印字されていないこと
  • 現住所が記載されていること

クレジットカード

クレジットカードの名義とLINEモバイル契約者の名前が一致していること

LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約可能

ほとんどの格安SIMはクレジットカードがないと契約できませんが、LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約も月額料金の支払いができる格安SIMです。

LINEモバイルはクレジットカードだけでなくLINE Payカードというチャージ方のキャッシュカードでLINEモバイルの契約も月額料金の支払いもできます。

このLINE Payカードで支払いができるのはLINEモバイルだけです。

クレジットカードやデビットカードを作らなくても銀行口座を持っていなくてもLINEモバイルの契約と月額料金の支払いができます。

LINE Payカードは自動チャージ機能があり口座から残高が不足すると自動的にチャージする機能があります。この機能を使うと口座振替と同じ感覚で利用できます。

↑コンビニのレジの近くに「LINE Payカード」がかかっています。

LINE Payカードはコンビニや薬局で入手できます。LINE Payカードをレジに持っていくと1000円〜10000円の間でいくらチャージするのか聞かれますので必要な金額をチャージします。

チャージしたLINE Payカードを使えば、クレジットカードがなくてもデビットカードを持っていなくても口座振替ができなくてもLINEモバイルを契約して月額料金の支払いもすることができます。

【保存版】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法手順

おすすめは運転免許証と健康保険証

運転免許証

本人確認書類として最も使われているのが運転免許証です。LINEモバイルの本人確認として運転免許証として使うには下記の条件を満たしている必要があります。使える運転免許証であれば問題なく本人確認として使えます。

  • 運転免許証が有効期限内であること
  • 裏面に変更の記載がある場合は「公印」があること
  • 申込みの名義と運転免許証に記載されている名前が一致していること
  • 日本国政府の発行の運転免許証であること(国際免許証はダメ)

健康保険証

健康保険証も本人確認書類として使われている書類です。LINEモバイルの本人確認として運転免許証として使うには下記の条件を満たしている必要があります。

  • 申込みの名義と運転免許証に記載されている名前が一致していること
  • 記載されている有効期限が期限内であること
  • カード型の健康保険証は裏面の住所もセットでアップロードすること
  • 補助書類があること

補助書類

健康保険証で本人確認をする場合に補助書類が必要です。補助書類には「公共料金領収書」もしくは「住民票」が利用できますが補助書類としての機能を満たしているのはその条件は下記のとおりです。

公共料金領収書

  • 発行日より3ヶ月以内であること
  • 現住所が記載されていること
  • 「電気」「都市ガス」「水道」の料金領収書であること
  • 「領収証印」か「口座振替」の証明の記載がること

住民票

  • 現住所が記載されていること
  • 発行日より3ヶ月以内であること
  • マイナンバーが印字されていないこと

LINEモバイル申し込み時の必要書類本人確認まとめ

以上がLINEモバイルで本人確認をする時に利用できる本人確認書類のまとめです。これと言って難しいものではなく普段本人確認として使っている書類なので難しくはないと思います。

LINEモバイル申し込み前にはこれらを先にカメラで撮影するなどして用意しておくとスムーズに申し込みができるでしょう。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!Amazonギフト券・LINE Pay1000〜2000円分貰えるキャンペーン+3GB x 2ヵ月増量キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます