当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【保存版】LINEモバイルの事務手数料を無料0円にする方法手順!事務手数料を無料0円にしてLINEモバイルの格安SIMを契約申し込みする方法手順

LINEモバイルは他の格安SIMと同じで契約申し込み時に事務手数料(初期費用)として3000円がかかります。

このLINEモバイルの事務手数料(初期費用)はAmazonや楽天、ヨドバシカメラなどで販売されているエントリーパッケージに記載されているエントリーコードを使用することで無料(0円)にすることができます

LINEモバイルの事務手数料(初期費用)まとめ
  • 通常: 3000円の事務手数料がかかる
  • エントリーパッケージを使用: 事務手数料 無料(0円)

ここではLINEモバイルの事務手数料をエントリーパッケージ(エントリーコード)を使ってLINEモバイルの事務手数料を無料にしてLINEモバイルを契約申し込みをする方法と手順を詳しく紹介します。

目次

LINEモバイルの事務手数料は通常3000円を無料にできる

LINEモバイルは新規契約時やMNPでLINEモバイルに乗り換える時には他の格安SIMと同様に事務手数料(初期費用)として3000円(税抜)、税込3240円がかかります。

このLINEモバイルの事務手数料(初期費用)はできれば払いたくない!節約したい!と思うと思いますよね?

実は、LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)を使ってLINEモバイルに契約申込みをすることで事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)を無料の0円にすることができます。

しまりすさん
エントリーパッケージってすごい節約効果〜♪でも無料で手に入るの〜!?♪
武中
LINEモバイルを契約する場合は絶対に使ったほうが損をしないね。エントリーパッケージは900円ほどで購入できるよ

このエントリーパッケージ(エントリーコード)は無料ではなく900円〜990円でAmaonや楽天、ヨドバシカメラのwebサイトや家電量販店で販売されています。

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)を購入すれば、LINEモバイルの事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)を900円に節約することができます。

たったこれだけで2250円が節約できるのでかなり効果的です。絶対に使ったほうがいいと言えます。

LINEモバイル契約時の事務手数料・初期費用のすべて

LINEモバイルを新規で契約する場合や、MNPで大手キャリアのdocomoやauやソフトバンク、Y!mobileや他の格安SIMから乗り換える場合でも、

LINEモバイルの登録事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)がかかります。

その他にもSIMカード発行手数料として400円(税込み432円)かかります。

LINEモバイルの初期費用の詳細
  • 登録事務手数料(初期費用): 3000円(税抜)
  • SIMカード発行手数料: 400円(税抜)
  • 端末の料金(スマホ端末を同時に購入した場合のみ)

LINEモバイルはSIMカード単体での契約が人気ですが、スマホとセットでも購入できるためスマホとセットで契約した場合は、LINEモバイルの登録事務手数料(初期費用)とSIMカード発行手数料に加えて、端末の代金もかかります。

LINEモバイルの初期費用はこれが全てで他には一切かかりません。

しまりすさん
僕はスマホは再利用するから事務手手数料とSIMカード発行手数料だけだね〜♪
武中
正解!事務手数料はエントリーパッケージで無料にできるからもっと安くできるよ

LINEモバイルの事務手数料3000円はエントリーコードで無料(0円)にできる

LINEモバイルの事務手数料は普通に契約申込みをすると新規契約でもMNPでLINEモバイルに乗り換える場合でも登録事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)がかかります。

しかし、エントリーパッケージを購入して中に入っているエントリーコードを使ってLINEモバイルを契約申込みすれば登録事務手数料(初期費用)の3000円(税込3240円)を無料(0円)にすることができます。

LINEモバイルのエントリーパッケージの節約効果
  • エントリーパッケージを使わないで契約: 3000円+400円=3400円(税抜)
  • エントリーパッケージを使って契約: 900円+400円=1300円(税抜)

※Amazonで900円で売っているLINEモバイルのエントリパッケージを使用した場合

LINEモバイルのエントリーパッケージとは

LINEモバイルのエントリーパッケージはネットや店舗のAmazonや楽天、ヨドバシカメラ、他家電量販店などでも販売されています。

このエントリーパッケージの中は16桁の英数字のエントリーコードが記載されていてこのエントリーコードを使ってLINEモバイルを契約申込みをすると事務手数料の3000円が無料(0円)となり不要となります。

LINEモバイルのエントリーパッケージは新規契約もMNPでも利用できる

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)はLINEモバイルを新規契約する場合でも、MNPで大手キャリアのdocomoやauやソフトバンク、Y!mobileや他の格安SIMから乗り換える場合でも適用できます。

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)の注意点

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)の注意点は2つあります。

LINEモバイルのエントリーパッケージの注意点
  1. 審査に落ちると再度エントリーコードが使えない
  2. データSIM(SMSなし)用のエントリーパッケージはない

※データSIM(SMSあり)用のエントリーパッケージはあります

審査に落ちると再度エントリーコードが使えない

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)には2つの注意点があります。

1つ目は、エントリーパッケージ(エントリーコード)を使ってLINEモバイルに申し込んでもし審査に落ちた場合は、もう一度エントリーパッケージ(エントリーコード)を使うことができなくなるとことです。

審査に落ちた場合は、エントリーパッケージ(エントリーコード)を買いなおす必要があるので確実に審査を通すために、住所や名前などの入力間違いや本人確認書類のミスをしないように十分に注意をして契約する必要があります。

しまりすさん
LINEモバイルの審査落ちのほとんどの理由は本人確認書類のミスらしいね〜♪
武中
そうなんだ。LINEモバイルの審査を確実に通す方法は下記でまとめているから参考にしてみてね。

LINEモバイルの審査に落ちる原因と対策を解説!

LINEモバイルの審査は簡単に通る!注意点と対策と方法手順まとめ

LINEモバイルの審査に落ちた時の再申し込み手順!

データSIM(SMSなし)のエントリーコードは販売されてない

データSIM(SIM付き)と音声通話SIMので利用可能なエントリーパッケージが販売されています。データSIM(SMSなし)のエントリーパッケージは販売されていません。

LINEモバイルのエントリーコードとは

LINEモバイルのエントリーパッケージの中にはLINEモバイルの登録事務手数料(初期費用)3000円(税込3240円)を無料の0円にするための16桁のエントリーコードが記載されています。

LINEモバイルの契約申込み時にこのエントリーコードを入力して契約申込みをすることで登録事務手数料(初期費用)3000円(税込3240円)が不要になり0円で契約できます。

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)を入手する4つの方法

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)を入手する方法は4つあります。

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)はAmazonや楽天、ヨドバシカメラなどのウェブサイトや店頭で販売されているエントリーパッケージに記載されているエントリーコードを使用することで無料(0円)にすることができます。

LINEモバイルのエントリーパッケージをAmazonで購入する

LINEモバイル エントリーパッケージ ドコモ対応SIMカード データ通信(SMS付き)/音声通話 [iPhone/Android共通] – Amazon.co.jp

LINEモバイルのエントリーパッケージを楽天市場で購入する

LINEモバイルのエントリーパッケージをヨドバシカメラで購入する

LINEモバイル エントリーパッケージ – ヨドバシドットコム(ヨドバシカメラ通販サイト)

LINEモバイルのエントリーパッケージを家電量販店で購入する

LINEモバイルのエントリーパッケージはAmazonや楽天、ヨドバシカメラなどのウェブサイト以外でも家電量販店の店頭でも販売されています。

LINEモバイルのエントリーパッケージを販売している家電量販店
  • エディオン
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ノジマ電気
  • カメラのキタムラ

家電量販店でLINEモバイルのエントリーパッケージを購入するメリットはAmazonや楽天、ヨドバシカメラなどのウェブサイトから発送されて自宅に届くまでの待ち時間がないので、すぐに使うことがでるというメリットがあります。

LINEモバイルの事務手数料を0円無料にしてLINEモバイルを契約申込みをする方法手順

LINEモバイルで事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)を無料の0円にしてLINEモバイルを契約申込みする方法と手順は下記の通りになります。

LINEモバイル申し込み時の5つの手順
  1. エントリーパッケージを入手する
  2. MNP予約番号を発行(5分)※電話番号を引継ぐ場合のみ
  3. SIMロックを解除(10分)※必要なスマホやiPhoneの場合のみ
  4. LINEモバイルを公式申込みページから申し込む(10分)
  5. SIMカードが届いたら初期設定をする(5分)

MNP予約番号の発行は、電話番号を引き継ぐ場合のみ必要で、電話番号を引き継がないでLINEモバイルに乗り換える場合や、

データ通信SIMやデータ通信+SMSのSIMを契約する場合はMNP予約番号の発行は不要です。

また、SIMロックの解除の手続きはauまたはソフトバンクのiPhoneやAndroidスマホなどでLINEモバイルの格安SIMを使う時のみ必要です。

docomoまたはSIMフリー版(SIMロック解除済みも含む)のiPhoneやAndroidスマホやタブレットであればSIMロックの解除手続きは不要です。

LINEモバイルの契約申込み時に「コードを使用して申込み」を選択する

LINEモバイルの事務手数料(初期費用)3000円(税込3240円)を無料の0円にしてLINEモバイルを契約申込みする方法は、LINEモバイルの契約申込みの一番最初に出てくる

下記の「通常申込み」か「コードを使用して申込み」かの選択画面で、「コードを使用して申込み」を選択してエントリーパッケージの中に記載されている16桁のエントリーコードを入力して手続きを進めていけば、

事務手数料(初期費用)3000円(税込3240円)を無料の0円になります。

パソコンから申し込みの場合のエントリーコード入力画面

パソコン(PC)からLINEモバイルを契約申し込みする場合は手順の最初で「通常申込み」か「コードを使用して申込み」かの選択画面が出るので「コードを使用して申込み」を選択して16桁のエントリーコードを入力します。

スマホやiPhone・タブレットから申し込みの場合のエントリーコード入力画面

スマホやiPhoneからLINEモバイルを契約申し込みする場合は手順の最初で「通常申込み」か「コードを使用して申込み」かの選択画面が出るので「コードを使用して申込み」を選択して16桁のエントリーコードを入力します。

LINEモバイルの詳しい契約申込み手順と方法は下記でまとめていますので参考にしてみてください。