当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルでソフトバンクのiPhoneを再利用する方法手順

【月額500円だけ】LINEモバイルの格安SIMはソフトバンク回線のSIMを提供しているためSoftBank(ソフトバンク)で購入したiPhoneやスマホをSIMロック解除の手続きなど不要で再利用できます

LINEモバイルのSIMカードを挿すだけでデータ通信(インターネット)も音声通話(電話)も利用できます。

LINEモバイルの格安SIMは既に機種変更などで解約済みのiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであってもSIMカードを挿入するだけで使える画期的な格安SIMなので爆発的に選ばれています。

SIMロック解除やSIMフリー化する必要も一切ありませんし、解約済みの端末であっても使うことが可能です。

LINEモバイルのソフトバンクのSIMは月額500円だけでデータ通信ができるプランがあるので格安でiPhoneやスマホを再利用することが出来ます。

しまりすさん
SoftBankのiPhoneやAndroidのスマホだったらSIMカードを挿すだけで使えるんだ♪すごいね!
武中
うん、SIMロック解除とかの紛らわしい手続き不要で、挿し替えるだけで使えるからSoftBankの端末を持っている僕は月額500円だけで使えるからすごくお得だね!

SoftBankのiPhoneやスマホならLINEモバイルがそのまま使える!

LINEモバイルの格安SIMはiPhoneやAndroidスマホに挿入して使うものなのでiPhoneやスマホが必要になってきます。この端末を新規で購入するとけっこう高いのでできればiPhoneやスマホ代も安くしたいと思いますよね。

LINEモバイルの格安SIMはSIMカードを挿すだけで使えるiPhoneとAndroidスマホというものがあります。

LINEモバイルはSoftBankの回線や設備を借りて運用している格安SIM(MVNO)なので、SoftBankのiPhoneやAndroidスマホだとSIMカードを挿すだけで070/080/090で始まる音声通話もデータ通信もすることができます。

070/080/090で始まる音声通話をする場合にはデータ通信+音声通話プランを選びます。

LINEモバイルのプランと料金一覧

データ通信のみのSIMなら月額500円だけで使える

LINEモバイルのSoftBankのiPhoneやスマホ用のSIMカードは月額500円だけで使えるプランが用意されています。

データ通信(インターネット)だけでのSIMであれば月額500円だけで使えます。月額500円でもちろんテザリングも無料で使い放題です。

容量は1GBですが1GB以上使用してもインターネットが使えなくなるわけではありませんし、テザリングも無料で使い放題です。

また、+700円で070/080/090の音声通話機能も付けることができるようになっていて、音声通話を付けても月額1200円という格安SIM最安値でiPhoneやスマホを使うことができます。

LINEモバイルは契約後でも自由にプラン変更ができる

LINEモバイルの格安SIMはたとえば、月額500円の1GBプランではじめて、契約後であっても容量の多いプランに無料で変更することができます。

また、容量の多い7GBプランなどから3GBなどの容量の少ないプランに変更することも可能です。

LINEモバイルのプラン変更はLINEモバイルの契約後に使えるようになるLINEモバイルのマイページから変更することができ、変更は1分もかかりません。

ただし、変更内容が適用されるのは翌月1日からです。

MNPでSoftBankの電話番号を引き継げる

LINEモバイルは電話番号をそのまま引き継ぐMNPに対応しています。

今SoftBankで使っている電話番号をそのまま変更することなくLINEモバイルに引き継いで乗り換えることが可能です。乗り換えはとても簡単で自宅にいるだけですべて手続きを行えてLINEモバイルの格安SIMに乗り換えることができます。

しかも即日MNPに対応しているの約30分〜1時間でLINEモバイルに乗り換えることができます。

しまりすさん
ええっ!自宅で30分〜1時間でLINEモバイルに乗り換えできちゃうんだ♪
武中
うん。30分〜1時間で完了するよ。MNPの予約番号も電話で発行できるし発行されたらLINEモバイルに申し込んでSIMカードが届いたら簡単な初期設定をするだけ!
しまりすさん
電話やデータ通信が使えなくなる期間ってあるのかな?♪
武中
不通期間は30分だけで格安SIMで最短なんだ。自分で回線を切り替えるシステムだから昼休みや仕事が終わってからでもできるようになってて便利になってるよ。

私もLINEモバイルの格安SIMは10回線契約して使っていますがMNPで乗り換える時の不通の時間は30分以下で切り替えが出来ています。いつ切り替わったのかわからないくらいスムーズに切り替わりますよ。

LINEモバイルでそのまま使えるiPhone一覧

LINEモバイルでそのまま使えるiPhoneはSoftBankで契約した(購入した)iPhoneとdocomoで契約した(購入した)iPhoneAppleや海外で直接購入したSIMロックがかかっていないiPhoneです。

実はLINEモバイルはSoftBank回線のSIMだけでなくdocomo回線のSIMカードも提供しているのでSoftBankのiPhoneやスマホだけでなく、

docomoのiPhoneやスマホもSIMロックの解除などの手続きは一切不要でSIMカードを挿すだけでデータ通信(インターネット)も音声通話(電話)も利用できます。

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いと比較

↑LINEモバイルの契約画面のSoftBank回線のSIMとdocomo回線のSIMの選択。

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いと比較

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

LINEモバイルの格安SIMがそのまま使えるiPhone一覧
  • iPhone SE SIMフリー版
  • iPhone SE docomo版
  • iPhone SE SoftBank版
  • iPhone 6s SIMフリー版
  • iPhone 6s docomo版
  • iPhone 6s SoftBank版
  • iPhone 6s Plus SIMフリー版
  • iPhone 6s Plus docomo版
  • iPhone 6s Plus SoftBank版
  • iPhone 5s SIMフリー版
  • iPhone 5s docomo版
  • iPhone 5s SofBank版
  • iPhone 5 SIMフリー版
  • iPhone 5 SofBank版
  • iPhone 5c SIMフリー版
  • iPhone 5c docomo版
  • iPhone 5c SofBank版
  • iPhone 6 SIMフリー版
  • iPhone 6 docomo版
  • iPhone 6 SofBank版
  • iPhone 6 Plus SIMフリー版
  • iPhone 6 Plus docomo版
  • iPhone 6 Plus SofBank版
  • iPhone 7 SIMフリー版
  • iPhone 7 docomo版
  • iPhone 7 SoftBank版
  • iPhone 7 Plus SIMフリー版
  • iPhone 7 Plus docomo版
  • iPhone 7 Plus SoftBank版
  • iPhone 8 SIMフリー版
  • iPhone 8 docomo版
  • iPhone 8 SoftBank版
  • iPhone 8 Plus SIMフリー版
  • iPhone 8 Plus docomo版
  • iPhone 8 Plus SoftBank版
  • iPhone X SIMフリー版
  • iPhone X docomo版
  • iPhone X SoftBank版

※auのiPhoneはSIMロック解除(無料)をすればLINEモバイルのdocomo回線とSoftBank回線のSIMカードが使えるようになります。

LINEモバイルはiPhoneで利用可能な格安SIM

LINEモバイルでそのまま使えるAndroidスマホ一覧

LINEモバイルがそのまま使えるAndroidスマホは下記の条件を満たしていればそのスマホでもそのまま使用することができます。もちろんスマホだけでなくSIMカードが使えるタブレットやiPadでも利用できます。

LINEモバイルでそのまま使えるAndroidスマホ
  • SoftBankで契約したLTE対応のAndroidスマホ
  • docomoで契約したLTE対応のAndroidスマホ
  • SIMフリー版のLTE対応のAndroidスマホ

※auのAndroidスマホはSIMロック解除(無料)をすればLINEモバイルのdocomo回線とSoftBank回線のSIMカードが使えるようになります。

LINEモバイルが使えるAndroidスマホはソフトバンクまたはdocomoで購入していてLTEに対応していればすべての端末が使うことができます。

↑AndroidスマホのLTEマークと4Gマーク

LTE対応かどうかはスマホの上の方にLTEや4GというマークがSoftBankまたはdocomoと契約していた時に表示されていれば対応しています。LTEと4Gは同じ意味で、使っている端末によってどちらが出るのかは異なります。

基本的に2010年以降に発売されたスマホであればすべて対応しています。

一例を挙げるとXperia、Galaxy、Arrows、ZenFone、AQUOSシリーズは対応しています。

解約済みのiPhoneやAndroidスマホを再利用して月額料金だけで使う

LINEモバイルの格安SIMはSoftBankやdocomoで契約したiPhoneやAndroidスマホが契約中でも、解約済みでもどちらでも使うことができます

そのため機種変更などで使わなくなったiPhoneやAndroidスマホをそのまま使うことができるので端末代がいらなくなりLINEモバイルの月額料金だけで運用することができます。

またヤフオクやメルカリや中古ショップで購入した中古のiPhoneやAndroidスマホ、iPadやAndroidタブレットでも利用できます。誰の名義も物であっても利用できます。

↑ 1GBのLINEフリープランであればLINEモバイルの格安SIMの月額500円のワンコインプランでiPhoneやスマホを使うことができます。

たとえば離れて住んでいる家族や子供などにLINEモバイルのSIMカードを挿して運用すると月額500円だけで使うことができます。

月額500円という激安価格であってもLINEでの音声通話やビデオ通話をどれだけ使ってもデータ量としてカウントされない「カウントフリー」という機能がLINEモバイルにはあるのでとてもお得に使うことができます。

【500円運用】はじめての格安SIMにLINEモバイルがおすすめな7つの理由

LINEを使うだけならSMSは「不要」

LINEモバイルのSMS料金は月額120円と他の格安SIMと比べても最安値です。

通常はLINEを使う時の電話番号認証(SMS)が必須になっているのでSMSオプションの契約が必要ですが、LINEモバイルの格安SIMだけでは特別でLINEを使う時にSMSが不要になっています。

しまりすさん
ええっ!LINEモバイルって有料のSMSオプションをつけなくてもLINEの認証ができちゃうの〜!?♪
武中
そうだよ。すべての格安SIMの中でLINEモバイルだけはLINEを使う時のSMS認証がいらなんだ。だから毎月かかるSMSオプション料金がいらなくて格安SIM最安値で使えるよ。
武中
これはLINEアプリとLINEモバイルの会社が一緒なのでLINEモバイルの契約情報から年齢確認と本人確認ができるからです。他の格安SIMではできません。

そのためSMSオプションを契約する必要はなく月額500円だけで運用できる画期的な格安SIMなのです。

LINEモバイルはSMS認証なしでLINEの登録取得が可能!

SoftBank回線のLINEモバイルを新規契約する方法

SoftBankのiPhoneやAndroidスマホでSIMロック解除不要でSIMカードを挿すだけでそのまま使える、LINEモバイルのSoftbank回線のSIMカードを契約する方法は簡単です。

新規申し込み必要な時間は申し込みから初期設定、回線切り替えも合わせて合計で15分程度しかかかりません。

LINEモバイルのSoftBank回線を新規契約する2つの手順
  1. LINEモバイルを公式申込みページから申し込む(10分)
  2. SIMカードが届いたら付属の手順書を見ながら初期設定をする(5分)

SoftBankからLINEモバイルに乗り換える方法

SoftBankからLINEモバイルに乗り換える方法はとても簡単です。乗り換えるのに必要な時間は申し込みから初期設定、回線切り替えも合わせて合計で20分しかかかりません。

SoftBankからLINEモバイルに乗り換える3つの手順
  1. SoftBankでMNP予約番号を発行(5分)※電話番号を引継ぐ場合のみ
  2. LINEモバイルを公式申込みページから申し込む(10分)
  3. SIMカードが届いたら付属の手順書を見ながら初期設定をする(5分)

武中
070/080/090で始まる電話番号を使った音声通話が不要でデータ通信専用で申し込む場合はLINEモバイルの申し込みからはじめます。MNPの手順は不要です。

LINEモバイルへの乗り換え方法も詳しくまとめていますので参考にしてみてください。