この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

通話着信時や受信時には通話料はかかる?

LINEモバイルの格安SIMにする方のほとんどは大手キャリアのdocomoやau,ソフトバンクから月額料金を安くするために乗り換えています。しかし、さらに月額料金を抑えたいと思うかと思います。ここでは通話を受けた時や受信時の通信料や通話料について紹介します。

通話を受けた時(着信時)の通話料金は無料

LINEモバイルは自分から通話をかけると30秒20円の通話料がかかりますが、通話を受けた時(着信)時には通話料はかかりません。これは大手キャリアと同じで相手からかかってきた電話は通話料金を気にしなくていいということです。

ワン切りしてかけてもらうという方法がいいのか悪いのかは別として相手から電話をかけてもらうようにすることで通話料をかけないで電話をすることができます。

また、LINEアプリを使ってした通話はこっちから欠けても相手からかかってきても無料なので080/090の電話番号を使った電話をする事が多い場合はLINE通話を積極的に使うようにすると大幅に節約ができます。

日本の電話は発信者が全額負担する仕組み

日本では原則電話代は発信した人(電話をかけた人)が全額負担することになっています。

大手キャリアのかけ放題プランは格安SIMを含むすべての電話番号がかけ放題になるプランが存在します。そのようなプランを相手が契約していれば相手側から電話をかけてもらうようにSMSで送るというのも良い方法です。

一番ベストな方法はLINEを使った無料通話を使うことです。LINEモバイルはLINEアプリを使った音声通話やビデオ通話は通信量としてカウントされません。

そのため完全無料でデータ通信料金も通話料も一切かかりませんので有効活用すると節約できますよ!

相手にも通話料を負担させたくない場合はLINE無料通話を使おう!

080/090の電話番号を使った電話番号を使って電話をかけてもらうと相手には通話料金がかかっています。しかし、LINEには無料音声通話機能があります。

通話相手がLINEの友達リストに登録されていればLINEアプリから通話をかけて貰えば相手の通話料金が無料になります。嬉しいことにビデオ通話も無料で利用できます。

LINEモバイルはLINEの無料通話が完全無料で使える!

LINEモバイルは「カウントフリー」という機能を格安SIMの中で唯一備えている格安SIMです。格安SIMにはプランといって毎月高速通信ができる容量が決められていて契約時に自分で選択します。

そのため長時間LINEの音声通話やビデオ通話をして上限まで達してしまうと通信速度制限というものがかかって、通信速度が低下します。

しかし、LINEモバイルには「カウントフリー」があるのでLINEアプリでの無料音声通話やビデオ通話をどれだけ使ってもデータ量としてカウントされません。

まとめると、LINEを使って音声通話やビデオ通話を何時間使ってもデータ量としてカウントされないので無料で使い放題というわけです。

これは他の格安SIMにないLINEモバイルだけにあるメリットです。

LINEモバイルの公式サイト

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!3GB x 2ヵ月増量!+1ヵ月月額料金無料キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます