この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルに障害者割はある?詳細を徹底解説!

格安SIMの中には家族割というものが存在するものがあります。ではLINEモバイルにも障害者割があるの?と気になるかと思います。

障害者割りとは障害者の方が契約すると月額料金を割引してくれるものです。ここでは障害者の方がLINEモバイルに乗り換えた時どうなるのかをまとめたので。ぜひ参考にしてみてください。

LINEモバイルに障害者割はありません

私がLINEモバイルを契約する時に直接LINEモバイルのサポートに

電話で問い合わせをしましたが障害者割はありません。という回答でした。

そのため障害者の方がLINEモバイルを契約しても割引はありません。

障害者割がある格安SIMは存在しない

では障害者割がある格安SIMがあるのか徹底的に調べましたが、

障害者割がある格安SIMは存在しませんでした。

障害者割がなくても最安になるのはLINEモバイル

障害者割がなくても月額料金が安くなるのはLINEモバイルでした。

ここではmineoと比較してみます。

家族4人 5GBプランの場合

mineoとLINEモバイルの比較
  • mineo 月額2,230円
  • LINEモバイル 毎月2,220円

LINEモバイルは2代格安SIMとして比較されるmineoよりも月額料金が安くなります。さらに嬉しいのはLINEモバイルにはLINEやSNSの通信がデータ量としてカウントされない「カウントフリー」機能があるので3GBプランで十分に足りる可能性があるので、

月額料金が毎月2,220円から毎月1,690円にできる可能性が高いです。

おすすめはコミュニケーションフリープラン

LINEモバイルには「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」はあります。LINEフリープランはLINEアプリだけの通信がカウントフリーの対象でSNSは対象外です。

しかし、コミュニケーションフリープランは

LINEに加えてTwitter、Instagram、Facebookの通信容量が無制限なのです。

3GBプランから始めると無駄がない

LINEモバイルのは他の格安SIMになり「カウントフリー」があるので、一つ下のプランで足りるようになります。

プランが下がれば比例して月額料金も安くなるわけで結果、節約ができます。

LINEモバイルはTwitterやInstagram、Facebookがカウントフリーなので3GBから始めるといいと思います。思った以上のデータが節約されるので3GBで足りる人がほとんどだと思います。

LINEモバイルは今!お得なキャンペーン中!

最後に!今!期間限定でLineモバイルはお得なキャンペーン中を実施中です!

コミュニケーションプランを申し込むと、3ヶ月間毎月3GBのデータが追加でもらえます。

そのため、容量の少ない3GBプランから始めるといいと思います。

通常の
高速通信容量
通常の
月額料金
(データ通信SIM)
通常の
月額料金
(音声通話SIM)
増量中の
高速通信容量
増量中の
月額料金
(データ通信SIM)
増量中の
月額料金
(音声通話SIM)
3GB1,110円1,690円6GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円8GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円10GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円13GB2,640円3,220円