この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルに電話番号は引き継げる?詳細を解説

大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクから格安SIMのLINEモバイルに乗り換える時に今使っている電話番号をそのままLINEモバイルに引き継ぎたい場合は多いと思います。

結論から先に書くと、LINEモバイルに乗り換えるには今契約しているキャリアでMNP予約番号を発行してもらってからその発行してもらった番号を使って申し込むことによって電話番号をそのまま引き継ぐことが可能です。

ここではMNP予約番号の発行と申し込みの2ステップにわけで紹介します。

STEP1: MNP予約番号の発行

MNPの予約番号を発行するには大きく3つの方法があります。

1つ目は今使っているキャリアのショップであるdocomoショップやauショップ、ソフトバンクショップに行って、MNP予約番号を発行したいと言う方法です。ショップに直接行ってMNP予約番号がほしいと言えば10分もかからずに発行してもらえます。

2つ目は電話でMNP予約番号を発行する方法です。下記の電話番号に電話してアナウンスに従って進んでいくと5分程度でショートメッセージで予約番号が送られてきます。すべて自動音声なので簡単です。

3つ目は各キャリアのマイページにログインしてMNP予約番号を発行してもらう方法です。

おすすめなのは2つ目の電話でMNP予約番号を発行する方法です。わずか5分位で手続きが終わって予約番号が発行されます。

STEP2: LINEモバイルに申し込む

予約番号が発行されたらこちらのLINEモバイルの公式サイトからLINEモバイルに申し込みます。各キャリアの手順は下記にまとめていますので参考にしてみて下さい。

LINEモバイルは即日MNPに対応

大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクから乗り換えようと持ったときにはLINEモバイルは即日MNPに対応しているか?LINEモバイルはMNPの空白期間はどれくらいなのかということが気になるかと思います。

LINEモバイルは即日MNPに対応しており、1〜2時間程度の不通期間だけで乗り換えることができます。格安SIMの中で空白期間が最短であるくらい短い空白期間でLINEモバイルに乗り換えることができます。

MNP予約番号を発行してLINEモバイルに申し込んでおく

即日MNPをするには事前に今使っている大手キャリアの受付やサポートでMNP予約番号を取得しておきます。続いてLINEモバイルに申し込んで手元にSIMカードが届いている状態で自分で切り替え手続きを行います。

LINEモバイルは発行したMNP予約番号の残り日数が10日以上残っていないとMNPで電話番号を引き継げないので、予約番号を発行したらその流れでLINEモバイルに申し込むのがベストな方法です。

LINEモバイル申し込み時にMNP予約番号を入力する部分がありますで予約番号はメミをしておきましょう。

そのため先に申し込んでおき土日に切り替えればほぼ影響なしに乗り換えができます。回線が切り替わるのは1〜2時間程度で切り替わります。格安SIMの中でも最短で切り替わるくらい速いです。

SIMカードが届いてからの開通方法は下記にまとめていますので参考にしてみて下さい。

【保存版】LINEモバイルの開通方法と手順まとめ!即日開通も!