最終更新日:2018/4/23

この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの審査は簡単に通る!原因対策と方法手順まとめ

大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクで携帯やスマホを契約するときにはその人が信用できる人かを見定める審査というものがあります。

結論を先に書くと。LINEモバイルにはクレジットカードの審査もブラックリストの確認なども無いので契約時の入力内容と本人確認書類に不備がなければ確実に審査に通過します。

逆に審査に落ちた人るほとんどの理由はクレジットカードと契約者の名義が違ったり本人確認書類の写真が鮮明でなかったりなどの簡単な理由です。

支払い能力はあるか、期日通りに支払いをしてくれるかなどの審査がされますがこのような審査はLINEモバイルにあるのか、何の審査があるのか、契約時の注意事項などについて詳しくまとめましたので紹介していきます。

>>LINEモバイルの契約申込みページ

大手キャリアの申し込み審査の基準

  1. 過去に料金の未納や滞納がないか
  2. 過去にスマホ料金の分割の支払いの滞納がないか
  3. ローンやクレジットカード会社のブラックリストに登録されていないか

過去に料金の未納や滞納がないか

大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクは大きくこの3つの基準によって審査がされます。

1番は料金の未納や滞納がないかです。キャリヤでは毎月料金が請求されますがその料金支払いの未納や滞納が無いのかを審査されます。

過去にスマホ料金の分割の支払いの滞納がないか

キャリアや携帯やスマホを契約するときには一括でも購入することができますが、分割で購入すると割引が受けられたり

実質0円になるキャンペーンをやっていたりで分割で購入するのがお得になるように設定されています。そのためほとんどの人は分割の割賦で購入しています。

この端末のスマホの料金は毎月分割で支払うことになっており、毎月の月額料金に合わせて請求されて支払口座から自動的に支払われています。

しかし口座にお金が入っていなかったり残高が不足していたりすると未納になったり滞納になったりしてしまいます。

大手キャリアではこの未納や滞納が1度でもあると審査が通りにくくなります。

ちなみにこの未納や滞納があったという事実は

5年間に渡って記録されるので注意が必要です。

ローンやクレジットカード会社のブラックリストに登録されていないか

ローン会社やクレジットカード会社にはブラックリストというものが存在します。

これは過去のローンの支払やクレジットカードの支払が滞納したりクレジットカードの返済をしなかったり、なにかの理由で自己破産したことがあったりするとブラックリストに名前が残ります。

この状態だとキャリアの契約やローンでもスマホの代金の支払いも審査が下りないのでできなくなります。

LINEモバイルの審査は簡単!キャリアより簡単に通過します

一方LINEモバイルの格安SIMは審査がとても単純で項目が少ないので簡単に審査を通過することができます。主に審査の基準は下記になります。

LINEモバイルの格安SIMの契約審査の内容
  1. 期限が有効なクレジットカードでの支払いであるか
  2. LINEモバイルの契約者とクレジットカードの名義が同じか

LINEモバイルの主な審査の基準はこれだけです。

LINEモバイルの契約者とクレジットカードの名義が違っていると審査に落ちますので名義をあわせて再度契約手続きをすれば審査に通過します。

LINEモバイルはブラックリスト情報を持っていない

まず、LINEモバイルを含む格安SIMは基本的な支払い方法はクレジットカードです。

そのためLINEモバイルもクレジットカードで契約時も月額料金も支払いますが、LINEモバイルはクレジットカードのブラックリストの情報を持っていません。

そのためクレジットカードでの支払いである時点で信頼がある人であると判断されます。

LINEモバイルは基本情報を正しく入力すれば審査を通過する

まず、上記でまとめたとおりLINEモバイルの支払いは

契約時も月額料金の支払いもすべてクレジットカードです。

クレジットカードを持っていない人はLINE Payでの支払いもできますが

契約者のほとんどはクレジットカードでの契約です。

【保存版】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法手順

LINEモバイルに自己破産でもクレジットカードなしでも契約する方法手順

そのため、審査はとてもゆるいので正しく本人の情報である名前、

住所、クレジットカード情報を入力すれば確実に審査に通過します。

審査というより入力内容に不備が無いかを確認されているだけです。

あとは本人確認があって、運転免許証や保険証をカメラで撮影して

アップロードする形でLINEモバイルは申し込み時に本人確認をしています。

LINEモバイルの格安SIMの審査に落ちる2つ目の理由
  1. 本人確認書類に不備がある(画像が不鮮明・暗すぎて見えない・ボケているなど)

画像が鮮明でなかったり必要な部分がかけていたりすると

本人確認不備ということで審査から落ちてしまいます。

LINEモバイル申し込み時は本人の情報を正しく入力し、

本人確認書類の撮影を綺麗に不備なくできれば基本的には審査に通ります。

そのような場合は再度本人確認書類を撮影して

アップロードするように言われることがあるので指示に従えば審査を通過します。

このようにLINEモバイルの審査は甘くとても通過しやすいので

安心して申し込みを進めてもらって大丈夫です。

LINEモバイルの契約申込みページ