最終更新日:2017/10/19

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの月額500円で使えて節約できる仕組みを解説

LINEモバイルは月額500円で使えると宣伝しています。しかし500円というと驚異的な低価格でなにか他に追加料金を請求されるのではないかと疑いたくもなります。もし月額500円で使えれば毎月の負担がとても楽になります。ここでは本当に500円で使えるのか調べましたので紹介します。

LINEフリープランのデータ通信専用SIMなら月額500円

LINEモバイルで契約できるLINEフリープランは、月額500円で使える最安のプランです。ただしこれはデータSIMの場合で、SMS対応SIMなら620円で対応させることができますし、通話対応にさせると1200円となります。

毎月1GBのデータ容量で十分だと月額500円で、

通話対応にさせても1200円で済むというわけですね。

LINEモバイルはLINEを使うのにSMSオプションがいらない

LINEモバイルが人気な理由の1つとして月額500円のデータ通信専用「LINEフリープラン」であってもSMS認証が不要で、LINEの新規登録や機種変更ができるからです。

他の格安SIMではLINEを新規登録する際や、引き継ぎの際でもSMSでの認証が必須です。そのためSMS機能をつける必要がありましたがLINEモバイルはSMSが不要なのです。

LINEモバイルのSMSオプションは他の格安SIMのオプション料金と比べても最安値の120円になっていますが、LINEを使うのにSMS認証が不要な唯一の格安SIMのため、月額500円だけのSMSオプションなしでLINEの新規登録も引き継いでの利用もできる画期的な格安SIMです。

1GBでもカウントフリー機能があるのでけっこう使える!

LINEフリープランの1GBというデータ量はとても少ないように思いますが、LINEにはカウントフリーというLINEで使うすべての通信がカウントされないようになっています。

簡単に言うとLINEの通信は使い放題!ということです。

LINEで友達や家族と電話したり、メッセージのやり取りをしたり動画の送受信をしたりするのも全部カウントされません。

しかしLINEアプリ以外の通信はカウントされるので使いすぎると1GBのデータ量を使い切ってしまうかもしれません。

データ量が足りなくなっても追加チャージが可能!

LINEモバイルは当月契約しているプランのデータ容量を使い切った場合は通信速度が制限されて200kbpsとなります。また、LINEフリープランで選べる転送量は1GBのみなので1GB以上の通信料を選択することはできませんが、足りなくなったとしても追加チャージをすることで高速データ通信の容量を増やすことができます。

この追加チャージは他の「コミュニケーションプラン」でも同様で追加チャージができます。追加チャージは3つの容量から選択でき、それぞれ料金が異なります。

LINEモバイルは100MB=100円程度の料金となっており他の格安SIMと比べても料金は安めです。

  • 0.5GB:500円
  • 1GB:1000円
  • 3GB:3000円

また、チャージして当月のデータ容量が余ったとしても翌月に繰越ができるので無駄がありません。1GBプランを契約して足りなくなった時だけ追加チャージで対応するというスタイルをとると最大限の節約ができるようになります。

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!Amazonギフト券・LINE Pay1000〜2000円分貰えるキャンペーン+3GB x 2ヵ月増量キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます