最終更新日:2017/12/15

この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの社長ってどんな人?

LINEモバイルはLINE、Facebook、Twitterに必要な通信量が全て無料になるという内容で注目されている格安SIMですが、31歳という若さで社長になった嘉戸彩乃さんが格安SIM業界で最年少で社長になったということで注目を集めています。

私もLINEモバイルを契約するときには社長のことを調べたものです。このような比較的新しい会社は社長の方針や一声で大きく内容が変わったりサービスの品質が変わったりしますからね。

LINEモバイルのユーザー満足度は86%でとても高い数字になっています。LINEモバイルの事業化は嘉戸 彩乃の影響によるものも大きいのです。

LINEモバイルの社長「嘉戸彩乃」さんの経歴

名前 : 嘉戸 彩乃(かど あやの)
高校 : フェリス女学院高等学校
大学 : 慶應義塾大学法学部
現在の役職 : LINEモバイル株式会社 代表取締役社長

年齢: 31歳

2008年3月 UBS 証券会社 (企業による合併・買収)のアドバイザリー業務
2012年12月 株式会社JTOWER
2015年2月 LINE株式会社
2016年2月 LINEモバイル株式会社 代表取締役社長

LINEの事業戦略を統括する舛田淳取締役からLINEで「お願いしたいことがあるんだけどさー」「社長やんない?」と突然メッセージが来て就任したらしいです。

嘉戸社長にLINEモバイル事業を任せた理由は、なんとなく「できるだろう」と判断されていたからだそうです。

「中学生のころからマイケル・ジャクソンに似ていると言われます」「高校時代のあだ名はなぜか『タクヤ』でした」とボーイッシュな面を強調するが、中学高校時代は、英語、ピアノ、声楽を習っており、ソプラノの美声も長所の一つだ。

大学卒業後は、UBS証券に入社し、NTTドコモなど通信業界のM&A(企業による合併・買収)のアドバイザリー業務などに従事して通信業界に人脈を築いた。

その後、携帯電話の通信設備を屋内に設置する事業などを手がけるベンチャーの立ち上げに参加し、平成27年2月にLINEに転職した。LINEでは、事業戦略室でLINEの抱えている問題とその解決方法を探り、格安スマホ事業の立ち上げに向け、知恵を振り絞った。

嘉戸という名字の由来は?

島根県江津市渡津町嘉戸が発祥となっており島根県や大阪府、富山県に多いみたいです。門、角。角ばった地形が語源。嘉戸という名前はおおむね100万人に2人程度でかなり希少ですね。岡山県や三重県に移り住まわれた方が多くそれらの地域でたまに見られるとか。

ネット上では「綺麗」とか「美人社長」などと言われておりLINEモバイルがリリースされた時から注目されています。カウントフリーという格安SIMではじめての内容を取り入れたりこれからも注目できる格安SIMだと思っています。

LINEモバイル事業に秘められた思い

LINEモバイルは「利用者にどのような価値を届けられるのか」をコンセプトに新規事業として誕生しました。LINEモバイルの嘉戸社長は、「なによりもユーザーに価値を感じてもらう」ことを第一にできることをやり続けていくという想いをもって提供されているサービスです。

「もっとできるんじゃないか」「なぜ実現できないのか」をつけに考え利用者の声と向き合って常によいものにしていくことを考えて実行しているサービスです。

【必見】LINEモバイルの8つのメリットまとめ!

【必見】LINEモバイルの6つのデメリットと短所!

そのため長く使った場合でも利用者により価値を与えられるサービスになっています。

実際LINEモバイルのリリース1年後であってもサービス品質は向上し利用者の満足度はとても高いものになっています。安心して長く使える今一番人気がある格安SIMです。

LINEモバイルの公式サイト