この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの通話品質は大手キャリアと同じ

格安SIMにする時に気になることの1つとして通話品質があると思います。

LINEモバイルは大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクから電話番号を引き継いで乗り換えるMNPに対応しています。ここではそのLINEモバイルの通話品質についてまとめましたので紹介します。

LINEモバイルの通話品質は大手キャリアと全く同じ

LINEモバイルにかぎらず格安SIMは、月額料金がキャリアの6000円〜8000円程度の料金から1000円〜3000円程度の料金に下がるのため通話の品質も悪くなると思いがちですが、

LINEモバイルの通話品質は大手キャリアと全く同じ」です。

LINEモバイルの電話は大手キャリアのdocomoの電話回線や基地局、アンテナを借りてサービスを提供していいるからです。独自に電話回線を持っているわけではないので通話品質は全く同じです。

ちなみに電波の入り具合も全く同じなので山間部で格安SIMへの乗り換えをためらってる方でも電波の入り具合は変わりませんので安心して乗換えても大丈夫なのです。

通話品質は大手キャリアと同じでないといけない法律がある

格安SIMが大手キャリアと全く同じ通話品質であるのは法律で定められており、例えば山奥で遭難したり災害時や緊急時に格安SIMを使っているからという理由で救助を求められなくて命を落とすことがないように決められています。

格安SIMを使っていたからという理由で救急車や救助が呼べないということはありません。

docomo回線と全く同じ制限内容

LINEモバイルはdocomo回線や設備を借りて使っている格安SIMです。

例えば大規模な地震や災害などで電話が殺到すると繋がりにくくなったり通話制限がかかったりしますが、この制限はdocomoが行っていて、docomo回線を使っているLINEモバイルも全く同じように制限がかかります。

たとえばLINEモバイルだからといってdocomoで契約しているひとよりも繋がりにくいことはありませんし、通話品質が落ちたり電波の入りが悪くなるということは一切ありません。

LINEモバイルを使っているスマホやiPhoneからの電話が繋がりにくい状況の時は同じ場所にいるdocomoで契約しているひとも同じように繋がりにくい状態になっています。

このような状況になったら時間を置いて何回も繋がるまで試すことでいずれ繋がるようになります。

電話かける先の制限もなし!大手キャリアと同じ

通話品質と電波の入り具合が同じだと説明しましたが、電話がかけれる先も大手キャリアと全く同じです。

家族やお店、友達への携帯電話の番号への電話や110番、119番通報、フリーダイヤルも今まで通り利用可能です。一切制限は無いので安心してくださいね。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!3GB x 2ヵ月増量!+1ヵ月月額料金無料キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます