この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの速度切り替え

LINEモバイルを説明している他のサイトではLINEモバイルの速度切替について濁しているサイトが多いですが、LINEモバイルに速度切替や低速高速切替機能はありません

しかし、速度切り替え機能がない分、データの消費を抑えるカウントフリー機能を搭載しています。

LINEモバイルに速度切り替え機能はない。代わりにカウントフリー機能がある

まず、LINEモバイルに速度切り替え機能はありません。

しかしLINEモバイルの大きな特徴である「カウントフリー機能」があります。

カウントフリー機能はLINEによるトークや通話、

ビデオ通話で利用した通信は利用データ量としてカウントしません。

さらにコミュニケーションフリープランでは、LINEに加えてTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)の通信量も対象となりこれらの通信も利用量としてカウントされないようになっています。

そのため、LINEによるトークや通話、ビデオ通話、SNSのTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)を思うことができるようになっています。

しかもこのカウントフリーはアプリからでもブラウザ上でも、

テザリングをしたPC上からでもカウントフリーの対象となります。

とてもありがたいですね。

カウントフリーとなる通信内容についてサービスごとにまとめてみました。

LINE

トーク、スタンプ、画像・動画の送受信、タイムライン画面閲覧・投稿、無料通話、ビデオ通話

Twitter

タイムラインやDMの表示、投稿(画像・動画も対象)、ニュース・通知の表示

Facebook

タイムラインやニュースフィードの表示、投稿(画像・動画も対象)、お知らせ表示

Instagram

タイムラインやストーリーの表示、投稿(画像・動画も対象)、検索結果表示、アクティビティ、ダイレクトメッセージ

LINEモバイルは速度制限中でも通信速度が速くて快適

私が長年使っていたmineoからLINEモバイルに乗りかえた理由は

mineoよりも通信速度が速く安定しているからです。

mineoを使っている時はテザリング時も「mineoスイッチ」を使って節約モードで200kbpsにしてテザリングを使っていましたが、mineoよりもLINEモバイルの速度制限がかかった時のほうが快適なのがわかったからです。

【必見】LINEモバイルの速度制限・速度規制の詳細

mineoは「mineoスイッチ」をONにすると通信速度が遅くてテザリングを使うとかなり厳しい通信速度になります。mineoデビュー当初はとても快適だったのですが今はLINEモバイルの通信速度制限がかかった状態のほうが快適に通信ができます。

mineoとLINEモバイルのテザリング時の快適度
  • mineo: 通信速度制限中、「mineoスイッチ」ONでのテザリングは厳しい
  • LINEモバイル: 通信速度制限中でも快適にテザリングができる

速度切り替え機能が必須の場合はmineo

格安SIMのmineo(マイネオ)は「mineoスイッチという」速度切替機能があります。

LINEモバイルの次に評判のよい格安SIMで私もLINEモバイルに乗り換える前に使っていた格安SIMです。

この「mineoスイッチ」は手動ですべての高速通信を切り替えることができます。

今はLINEモバイルには速度切替機能はありませんが、しばらくすると搭載されると思います

LINEモバイルは通信回線の品質がとてもいいのでそれまで特に速度切替機能がなくても気になることは無いかと思います。

通信速度制限・速度規制がかかっても200kbpsは出るので

TwitterやFacebook、LINE、LINE電話、ネットラジオや

radiko、グーグルナビやヤフーナビなども

問題なく使うことができるのを確認済みです。

ただし、通信速度はLINEモバイルより遅くなります。

そのため注意が必要です。

LINEモバイルの公式サイト

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!3GB x 2ヵ月増量!+1ヵ月月額料金無料キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます