当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【徹底比較】LINEモバイルとUQモバイルの7つの違いと比較【保存版】

【レビュー】LINEモバイルとUQモバイルには7つの違いがあり、「回線タイプ(通信エリア)」「通信速度」「月額料金と容量」「キャンペーン内容」「サービス内容」「最低利用期間」「セットで選べるスマホ機種」「サポート内容」の違いがあります。

結論を先に書くと、とにかく月額料金を安くしたい、LINEやSNSのTwitter、Facebook、インスタグラムをたくさん使う、docomo回線やSoftBank回線の格安SIMを使いたい、SMSの契約なしの月額500円だけでLINEを使いたい場合はLINEモバイルを選ぶほうがメリットが大きくなります。

au回線の格安SIMを使いたい、速度の速い格安SIMが欲しい、スマホとセットでお得に契約したい場合はUQモバイルを選ぶほうがメリットが大きくなります。

LINEモバイルとUQモバイルはそれぞれに特徴がありどちらの優秀な格安SIMなので優越がつけにくいのです。そのためよくこの2つは比較されます。

LINEモバイルとUQモバイルのそれぞれの特徴と違いを徹底的に比較していきます。

目次

LINEモバイルとUQモバイルの格安SIMの7つの違い

LINEモバイルとUQモバイルで異なる「回線タイプ(通信エリア)」「通信速度」「月額料金と容量」「キャンペーン内容」「サービス内容」「最低利用期間」「セットで選べるスマホ機種」「サポート内容」の項目を表にして比較してみました。

比較項目LINEモバイルUQモバイル
回線タイプ(通信エリア)docomo、SoftBankau(KDDI)
通信速度爆速(超高速)爆速(超高速)
月額料金とデータ容量データ通信SIMは月額500円、音声通話SIMは月額1200円からで1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量がから選択できるデータ通信SIMは月額980円、音声通話SIMは月額1680円からで3GB,無制限のデータ容量がから選択できる。
キャンペーン内容初月月額料金無料、半年間月額料金毎月900円割引キャンペーンなど家族割、学割
サービス内容LINEやSNS(Twitter,Facebook,インスタグラム)の通信がカウントフリーで無料で使い放題、テザリング無料、10分間電話かけ放題、SMSなしでLINEが新規登録や引き継ぎができるテザリング無料、5分間電話かけ放題
最低利用期間音声通話SIMは12ヶ月、データ通信SIMは最低利用期間なし2年縛り(24ヶ月以内の解約は違約金が発生)がある
セットで選べるスマホ機種12種類22種類
サポート内容電話・メール・LINEチャット電話・UQモバイル店頭

1.回線タイプ・通信エリア(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルとUQモバイルの一番大きな違いは回線タイプです。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線を使ったSIMカードを提供していて契約時に自由に選ぶことができます。

UQモバイルはau回線のSIMカードを提供しているため、LINEモバイルとUQモバイルは使っている回線が違うという大きな違いあるのです。

回線タイプが違う=通信エリアが違うということになります。

LINEモバイルのdocomo回線は大手キャリアのdocomoを契約している人と全く同じ電波の入りやすさとエリアですし、LINEモバイルのSoftBank回線は大手キャリアのdocomoを契約している人と全く同じ電波の入りやすさとエリアです。

UQモバイルも同じようにUQモバイルはau回線を使っている格安SIMなのでUQモバイルのau回線は大手キャリアのauを契約している人と全く同じ電波の入りやすさとエリアです。

2.通信速度(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルとUQモバイルはどちらもすべての格安SIMで通信速度最速の格安SIMです。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の格安SIMで最速の通信速度の格安SIMで、UQモバイルはすべてのau回線を使っている格安SIMで最速の通信速度の格安SIMです。

武中
LINEモバイルもUQモバイルもどちらも通信速度は高速で他の格安SIMとは比べられないほど快適なので通信速度の心配は全く必要ありません。どちらかというとLINEモバイルのほうが通信速度が速いです。

LINEモバイルとUQモバイルの通信速度・回線速度計測結果

 比較項目8:3012:3018:30
LINEモバイル

(docomo回線)

下り:41.55Mbps

上り:25.99Mbps

下り:39.28Mbps

上り:36.08Mbps

下り:49.02Mbps

上り:46.06Mbps

LINEモバイル

(SoftBank回線)

下り:86.90Mbps

上り:82.20Mbps

 下り:80.90Mbps

上り:78.20Mbps

 下り:75.00Mbps

上り:69.10Mbps

UQモバイル 下り:9.21Mbp

上り:3.02Mbps

下り:9.01Mbps

上り:2.74Mbps

下り:8.38Mbps

上り:3.84Mbps

(UQモバイルの通信速度のデータのソース: モバレコ18年9月第3週)

※下りはアプリやデータをダウンロードしたり動画や音楽を視聴する時に使用する回線の速度で、上りは写真や動画を送信したり、ライブ配信したりする時に使用する回線の速度です。

LINEモバイルはdocomo回線で最速最安の格安SIM

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードはdocomo回線を使っている格安SIMで最速の通信速度です。

本家docomoからLINEモバイルのdocomo回線に乗り換えると快適度はそのままで月額料金を大幅に節約することができます。

また、docomoで契約したiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであればSIMロックを解除しなくても電話番号をそのまま引き継いでLINEモバイルに乗り換えることができます。

武中
LINEモバイルはテザリングが無料の格安SIMのためLINEモバイルに乗り換えるとdocomoでかかっていたテザリングの有料オプション代も不要になり、大幅にスマホ代を安くすることができます。

LINEモバイルはSoftBank回線で最速最安の格安SIM

LINEモバイルは2018年7月2日からSoftBank回線のSIMカードもリリースしました。

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードはSoftBank回線を使っている格安SIMで最速の通信速度となっていてとにかく通信速度が速くて安定しています。

SoftBankで契約したiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであればSIMロックを解除しなくても電話番号をそのまま引き継いでLINEモバイルに乗り換えることができます。

本家SoftBankからLINEモバイルのSoftBank回線に乗り換えると快適度はそのままで月額料金を大幅に節約することができます。

LINEモバイルのSoftBank回線の通信速度が爆速な理由は、LINEモバイルがソフトバンクの小会社になって設備投資のための十分な資金があることと、

LINEモバイルはソフトバンク回線ナンバー1の通信速度をキープするキャンペーンも実施していて回線速度にはかなり力を入れているからです。

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードはソフトバンクで契約したiPhoneやAndroidスマホであればSIMロックを解除しなくても電話番号をそのまま引き継いでLINEモバイルに乗り換えることができます。

武中
LINEモバイルはスマホ代 スリーコインキャンペーンという名前で半年間月額300円だけで音声通話SIMが使えるキャンペーンを実施しているのでLINEモバイルデビュー以来一番お得になっています。
しまりすさん
月額300円だけで音声通話SIMが使えるなんでお得すぎる〜♪

LINEモバイル スマホ代 スリーコイン300円キャンペーンを確実に適用させる方法と条件

【随時更新】LINEモバイルの最新キャンペーンまとめ

UQモバイルはau回線で最速の格安SIM

UQモバイルはau(KDDI)の回線を使っている数少ない格安SIMです。

他にauの回線を使っている格安SIMはmineo(Aプラン)だけです。

UQモバイルはau回線を使っている格安SIMで最速の通信速度の格安SIMで、docomo回線の格安SIMと比べても通信速度は最速クラスです。

ただし電波はauの電波を使うので通信エリアはdocomo回線やSoftBank回線を使っているLINE
モバイルより狭くなります。都心部で使う分には問題ありませんが山間部であれば電波が入らいない場所が存在します。

UQモバイルにはデータ容量無制限のデータ無制限プランがありますが、こちらのプランの通信速度は500kbpsが上限となっています。

しかしUQモバイルの無制限プランは上限いっぱいの500kbpsまで実測値ででるのでかなり優秀です。

https://twitter.com/katsushos/status/879336451980222464

3.月額料金とデータ容量(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルとUQモバイルは選べるデータ容量と月額料金が異なります。

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの5つのデータ容量から選択できますが、UQモバイルは3GBかデータ容量制限なし(ただし500kbpsが上限速度)の2つのプランしかありません。

LINEモバイルとUQモバイルのデータ容量と月額料金
  • LINEモバイル: 1GB,3GB,5GB,7GB,10GB
  • UQモバイル(データ専用): 3GB,無制限(500kbps制限あり)
  • UQモバイル(音声通話付き): 2GB,6GB,14GB

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの5つのプランが用意されているので自分が必要なぶんなプランを選択することができ無駄がありません。

UQモバイルは一番データ容量の少ないプランでも3GBとなっており、3GBも使わない人は無駄な月額料金を払うことになってしまいます。毎月3GBくらい使う人であれば問題ありません。

LINEモバイルの月額料金とデータ容量

LINEフリープラン
LINEフリープラン
データ通信量1GB
月額料金

(税抜)

データ専用500円
データ+SMS620円
音声通話1,200円
カウントフリーLINE対応
Twitter非対応
Facebook非対応
Instagram非対応
LINE MUSIC非対応
コミュニケーションフリープラン
LINEコミュニケーションフリープラン
データ通信量3GB5GB7GB10GB
月額料金

(税抜)

データ専用
データ+SMS1,110円1,640円2,300円2,640円
音声通話1,690円2,220円2,880円3,220円
カウントフリーLINE対応
Twitter対応
Facebook対応
Instagram対応
LINE MUSIC非対応
MUSIC+プラン
LINEMUSIC+プラン
データ通信量3GB5GB7GB10GB
月額料金

(税抜)

データ専用
データ+SMS1,810円2,140円2,700円2,940円
音声通話2,390円2,720円3,280円3,520円
カウントフリーLINE対応
Twitter対応
Facebook対応
Instagram対応
LINE MUSIC対応

LINEモバイルの月額料金とプラン一覧まとめ

UQモバイルの月額料金とデータ容量

UQモバイルが提供するプランは、主に3つで

UQモバイルで選べる3つのプラン
  • データ通信専用プラン
  • データ通信+音声通話プラン(無料通話なし)
  • データ通信+音声通話プラン(無料通話付き)

になっています。音声通話プランは60分、120分、180分の無料通話がついてくるプランと5分以内の通話なら何回かけても通話料が無料になるプランがあります。

データ高速プランとデータ無制限プラン(データ通信のみ)
データ高速プランデータ無制限プラン
月額基本料金(税抜)980円1,980円
通信速度(受信)225Mbps500Kbps
通信速度(送信)25Mbps500Kbps
月間高速データ通信容量3GB無制限
最低利用期間なし

UQモバイルのデータ通信専用プランは月3GBのデータ量の「データ高速プラン」と月の高速データ通信容量が無制限の「データ無制限プラン」の2つがあります。

3GB以上のデータ通信をすると月末まで送受信とも200kbpsに速度制限されます。

データ無制限プランはどれだけデータ転送をしていも制限がかかることはありませんが上限の速度が500kbpsなので高画質な動画は厳しいです。画質を中画質に落とせば再生できます。

データ高速プランとデータ無制限プラン(音声通話付き)
データ高速+
音声通話プラン
データ無制限+
音声通話プラン
月額基本料金(税抜)1,680円2,680円
通信速度(受信)225Mbps500Kbps
通信速度(送信)25Mbps500Kbps
月間高速データ通信容量3GB無制限
国内通話料20円(税抜)/30秒
最低利用期間12ヶ月間

UQモバイルには、データ通信(データ高速)+音声通話プランだけでなく、無料通話がついたプランの「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」の2つが用意されています。

「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」のデータ容量は「Sプラン(2GB)」「Mプラン(6GB)」「Lプラン(14GB)」になっていて契約時に選ぶことができ、「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」は契約後も毎月変更することができます。

ぴったりプラン
プランSプランMプランL
月額料金(税抜)1,980円2,980円4,980円
データ容量
※「増量オプション」使用時
2GB6GB14GB
無料通話
※「増量オプション」使用時
60分120分180分
最低利用期間24ヶ月間

「ぴったりプラン」は「Sプラン(60分)」「Mプラン(120分)」「Lプラン(180分)」の無料通話がついてくるプランで長電話が多い人であればお得に利用できるプランです。

「増量オプション」とは、オプション料金(500円/月)を追加することで、データチャージ料金から、プランS:1,000円/月、プランM:3,000円/月、

プランL:7,000円/月を割り引くサービス、ぴったりプランの場合、プランS:2,400円/月、プランM:4,800円/月、プランL:7,200円/月分の無料通話を利用可能になります。

おしゃべりプラン
プランSプランMプランL
月額料金(税抜)1,980円2,980円4,980円
データ容量
※「増量オプション」使用時
2GB6GB14GB
無料通話5分以内の国内通話であれば何回かけても通話料無料
最低利用期間24ヶ月間

「おしゃべりプラン」は国内の固定電話や携帯電話などのすべての国内電話の通話が5分以内の通話であれば通話料が無料になるプランです。

1回の通話が5分を超えた場合は、5分超過分は30秒ごとに20円の通話料がかかります。

そのため無駄な通話料を払いたくない場合は一度電話を切ってかけ直せば再度5分間の無料通話が適用されます。

武中
5分以内の通話をよく掛ける場合にはお得になりますが、1回の通話が長時間の場合は「ぴったりプラン」のほうがお得になったりするので自分の使い方に合わせて選ぶと節約効果が高いです。

武中
LINEモバイルはデータ通信のみのSIMの最安のプランは月額500円で使えるのに対し、UQモバイルは月額980円のプランが最安値になります。

LINEモバイルの月額500円のデータ通信専用SIMにIP電話を組み合わせることでデータ通信SIMで電話もできるようになり音声通話SIMを契約するよりもお得に使えます。

【必見】月額500円だけでネットも電話もできる格安SIMはLINEモバイル!詳細

LINEモバイルにも10分電話かけ放題オプションがある

実はLINEモバイルにも月額880円のオプション料金だけで誰に電話しても1回の通話が10分間以内であれば通話料金が無料になる「10分間電話かけ放題オプション」があります。

音声通話SIMを契約していて専用のアプリからかけるだけでLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランでのどのプランでも利用でき、1回10分以内の通話であれば通話料が無料になります。

武中
10分を超える通話の場合は一度10分で電話を切って掛け直せば同じ相手でも通話料無料が何度でも適用されます。

【保存版】LINEモバイルの「10分間電話かけ放題」を徹底解説!

【保存版】LINEモバイルの通話かけ放題オプションの詳細を徹底解説

一月に44分以上の通話をする場合は、「10分間電話かけ放題オプション」がお得

LINEモバイルの電話かけ放題「10分電話かけ放題」オプションをつけた方が得をする人は、月に44分以上の通話をする人と10分以内の通話をよくかける人です。

武中
ちょうど通話料金880円を超えるのが44分なのでそれ以上の音声通話をするのであれば「10分間電話かけ放題オプション」をつけたほうがスマホ代を安く出来ます。
LINEモバイルのかけ放題「いつでも電話」のほうが得になる分岐点
  1. 月に44分以上の通話をする
  2. 10分以内の通話をよくかける

4.キャンペーン内容(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルのキャンペーン内容

  1. スマホ代 月300円キャンペーン(7/2〜10/31※11月末まで限定!
  2. 初月の月額料金が無料(11月も実施中!どのプランでも初月無料)
  3. ソフトバンク回線への回線変更手数料無料キャンペーン
  4. LINEモバイルエントリーパッケージ登録事務手数料無料キャンペーン
  5. ソフトバンク回線1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン
  6. 無料スタンプGETキャンペーン

LINEモバイルの最新キャンペーンの詳細と適用方法を徹底的に解説

UQモバイルのキャンペーン内容

  1. 3000円キャッシュバックキャンペーン
  2. UQモバイル家族500円割引(家族割)
  3. 紹介キャンペーン(紹介者と紹介された人それぞれ基本料金が1ヶ月無料)

LINEモバイル スマホ代 月300円キャンペーンがすごくお得

キャンペーン名

LINEモバイル スマホ代 月300円キャンペーン

(別名: LINEモバイル スリーコイン キャンペーン)

キャンペーン期間

2018/7/2(月)~9/30(日)

※9月30日までに利用開始日が入ればキャンペーンが適用される!

※利用開始日が2018/9/30(日)までの申し込みが対象

8/31(金)までだっただった期間が8/22に9/30(日)までに延長されました。

キャンペーン適用内容

  • LINEモバイルのdocomo回線の全プラン6ヶ月間毎月月額料金の900円割引される
  • LINEモバイルのSoftBank回線の全プラン6ヶ月間毎月月額料金の900円割引される

キャンペーン対象となる条件

LINEモバイルの申し込みwebサイトからドコモ回線またはソフトバンク回線の音声通話SIM(データ通信+音声通話プラン)でLINEモバイルを新規契約またはMNP転入をして、キャンペーン期間2018/9/30(日)までに利用開始日が入っている場合。

キャンペーンの申し込み方法

申し込み画面でドコモ回線またはソフトバンク回線の音声通話SIM(データ通信+音声通話プラン)でLINEモバイルを新規契約またはMNP転入で申し込むとキャンペーンが自動的に適用される。

キャンペーン内容

LINEモバイル 300円キャンペーンの料金表

キャンペーン期間中に、ドコモ回線の音声通話SIM(データ通信+音声通話)プランか、ソフトバンク回線の音声通話SIM(データ通信+音声通話)プランを新規契約すれば月額基本利用料が、どのプランでも6ヶ月間900円割引になります。

武中
LINEモバイル スマホ代 月300円キャンペーンを確実に適用してLINEモバイルを契約する方法と条件、注意点をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

LINEモバイル スマホ代 スリーコインキャンペーン(月額料金半年間300円キャンペーン)を確実に適用させる方法と条件

5.サービス内容(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルとUQモバイルにはそれぞれ特徴があって、LINEモバイルにしかないサービスはLINEやSNSのTwitter、Facebook、インスタグラムで使ったデータ通信を使用したデータ量としてカウントしないデータフリー(旧名:カウントフリー)があります。

UQモバイルにはターボ機能という他の格安SIMでは低速モードや節約モードという通信速度を200kbpsまたは300kbpsに制限するターボ機能をオフにしている間の通信は使用したデータ量から除外される機能があります。

LINEモバイルはデータフリー(カウントフリー)がある

LINEモバイルにはデータフリー機能(旧名: カウントフリー機能)があります。

LINEモバイルには大きく分けでプランが3つあり、「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」です。

どのプランを選択するかによってカウントフリー(データフリー)となる通信の内容が決まっています

LINEモバイルのプラン別カウントフリーになる通信内容の詳細
  • LINEフリープラン: LINEの通信は全てカウントフリー
  • コニュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信は全てカウントフリー
  • MUSIC+プラン:  LINEとSNSとLINE MUSICの通信は全てカウントフリー

SNSとはTwitter,Facebook,インスタグラムのことです。

※2018/7/2に「カウントフリー」は「データフリー」に名称変更されました。

武中
LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)はアプリからだけなく、SafariやChromeなどのブラウザからのTwitterやFacebook,インスタグラムのデータ通信もカウントフリー(データフリー)の対象です。

LINEモバイル「カウントフリー(データフリー)」の詳細と対象通信まとめ

UQモバイルは低速モード(ターボ機能)がある

通信状態通信速度データ容量
高速通信(ターボON)受信最大225Mbps消費する
低速通信(ターボOFF)受信最大200kbsまたは300Kbps消費しない

テザリング無料はLINEモバイルもUQモバイルも同じ

LINEモバイルもUQモバイルもSIMカードを挿入しているiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットをWiFiモバイルルーター化として使えるテザリングはLINEモバイルもUQモバイルもどちらも無料で使えます。

LINEモバイルとUQモバイルのテザリングの料金
  • LINEモバイル: テザリング無料
  • UQモバイル: テザリング無料

特にオプション契約なども必要なく、iPhoneやスマホの設定画面からテザリング(iPhoneはインターネット共有)をオンにするだけですぐに他の端末をインターネットに繋げることができます。

【保存版】LINEモバイルのテザリングを徹底的に解説!テザリングの方法や料金iPhoneやiPad&Androidでカウントフリーを適用させてテザリングをする方法と手順

データ翌月繰越はLINEモバイルもUQモバイルも対応

データの翌月繰越はLINEモバイルもUQモバイルも対応しています。

6.最低利用期間(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルもUQモバイルもデータ通信専用SIMには最低利用期間はありません

しかし、音声通話SIMの場合は、

LINEモバイルの音声通話SIMは12ヶ月の最低利用期間、UQモバイルの音声通話SIMは24ヶ月の最低利用期間があります。

LINEモバイルとUQモバイルの最低利用期間まとめ
  • LINEモバイルのデータ通信SIM: 最低利用期間なし
  • LINEモバイルの音声通話SIM: 最低利用期間12ヶ月
  • UQモバイルのデータ高速プラン: 最低利用期間なし
  • UQモバイルのデータ無制限プラン: 最低利用期間なし
  • UQモバイルのぴったりプラン: 最低利用期間24ヶ月
  • UQモバイルのおしゃべりプラン: 最低利用期間24ヶ月

LINEモバイルは最低利用期間より前に解約や他社にMNPをすると契約解除料として9800円がかかります。

UQモバイルは契約更新月の26ヶ月目に解約や他社にMNPをしないと契約解除料として9500円の違約金がかかるだけでなく、契約更新月を超えてしまうと自動的に最低利用期間が24ヶ月延長されてしまうデメリットがあります。

武中
LINEモバイルは最低利用期間を超えたらいつ解約や他社にMNPをしても契約解除料はかからないのでユーザーにやさしい内容になっています。
しまりすさん
UQモバイルは契約更新月に解約やMNPをしないと自動更新されるから注意が必要だね〜♪

UQモバイルの最低利用期間を超えると自動更新される

UQモバイルのぴったりプランとおしゃべりプランには24ヶ月の最低利用期間があります。

この24ヶ月の最低利用期間を正確に説明すると、利用開始月を含む月を1ヶ月目としてカウントして25ヶ月目の月末日までが最低利用期間として定められています。

この最低期間以内に解約すると契約解除料として9500円の料金がかかるだけでなく、26ヶ月目の契約更新月に解約をしないと契約が自動更新されて、

再び契約解除料として9500円の料金がかかるようになります。

武中
この26ヶ月目の契約更新月での解約や他社への乗り換えが無料でできるタイミングを逃すと再び24ヶ月間の最低利用期間が自動更新されるので注意が必要です。

7.セットで選べるスマホ機種(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルとUQモバイルでセットで購入できるスマホをまとめました

LINEモバイルもUQモバイルもどちらも分割払いでスマホを購入することができ、SIMカードを挿入して初期設定を完了した状態で発送してくれるので

電源をいれるだけですぐにデータ通信(インターネット)も070/080/090の番号から始まる音声通話(音声通話SIMを契約していた場合)も利用できます。

LINEモバイルでセット購入できるスマホ一覧

LINEモバイルでセットで購入できるスマホはモバイルWiFiルーターを含めて12種類です。価格やスマホ機種は2018年9月のもので内容が変わる場合があるのLINEモバイルの公式サイトで最新のスマホの状態は確認してみてください。

LINEモバイルの最新のスマホ一覧

LINEモバイルでセットで購入できるスマホ一覧
  • ZenFone 5(性能重視の方におすすめ
  • ZenFone 5Q
  • Zenfone MAX Plus(M1)(スペックと価格のバランスがいい
  • HUAWEI nova lite 2(人気機種!コスパ最高!
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • ZenFone 4 Max(大容量バッテリーとデュアルカメラ
  • ZenFone 4 Selfie Pro
  • HUAWEI MediaPad T3
  • arrows M04
  • GRAND X LTE(価格重視の方におすすめ
  • Blade E01
  • Aterm MP01LN(モバイルWiFiルーター)
機種名一括価格分割価格外カメラ画素内カメラ画素画面サイズ容量その他機能
ZenFone 552,800円 2,270円 / 月1,200万画素800万画素6.2インチ64GB指紋認証

NFC

デュアルSIM(DSDS)

ZenFone 5Q 39,800円1,720円 / 月 1,600万画素2,000万画素6.0インチ64GB 指紋認証

NFC

デュアルSIM(DSDS)

Zenfone MAX Plus(M1) 29,800円 1,290円 / 月1,600万画素800万画素5.7インチ32GB 指紋認証

デュアルSIM(DSDS)

HUAWEI nova lite 2 25,980円 1,120円 / 月1,300万画素800万画素5.65インチ32GB指紋認証

デュアルSIM(DSDS)

AQUOS sense lite SH-M05 33,800円 1,460円 / 月 1,310万画素 500万画素 5.0インチ 32GB指紋認証

おサイフケータイ

防水(IPX5/IPX8)

防塵(IP6X)

ZenFone 4 Max19,800円  860円 / 月1,300万画素 800万画素  5.2インチ32GB 
指紋認証デュアルSIM(DSDS)リバースチャージ
ZenFone 4 Selfie Pro 35,800円 1,560円 / 月 1,600万画素 1,200万画素5.5型インチ64GB  指紋認証

デュアルSIM(DSDS)

HUAWEI MediaPad T3 19,980円 870円 / 月 500万画素 200万画素 8インチ 16GBケース付き
arrows M04 32,800円 1,417円 / 月 1,310万画素 500万画素5.0インチ 16GB  ワンセグ

おサイフケータイ

防水(IPX5/IPX8)

防塵(IP6X)

耐衝撃

GRAND X LTE 9,980円 440円 / 月800万画素  500万画素 5.0インチ 8GB デュアルSIM
Blade E01 13,800円 602円 / 月 800万画素  500万画素 5.0インチ 8GB デュアルSIM
Aterm MP01LN 11,980円 520円 / 月 なし なし 0.77インチ – SIMフリー

※分割払いは24回払いでの価格になります。

※表は横スクロールができます。

LINEモバイルでセットで購入できるスマホ一覧

UQモバイルでセット購入できるスマホ一覧

UQモバイルでセット購入できるスマホは多く全部で22機種の中から選択することができます。

価格やスマホ機種は2018年9月のもので内容が変わる場合があるのUQモバイルの公式サイトで最新のスマホの状態は確認してみてください。

UQモバイルでセットで購入できるスマホ一覧

8.サポート内容(LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較)

LINEモバイルとUQモバイルはどちらもサポートが優秀で評価がとても高いですが、それぞれに特徴があります。

LINEモバイルのサポートは電話・メール・LINEでのいつでもヘルプ

LINEモバイルのサポートは電話とメール、LINEのチャットを使った24時間365日サポートの依頼や質問ができる「いつでもヘルプ」の3つです。

LINEモバイルは一部の家電量販店でLINEモバイルを販売していたりしますが、あくまで販売するだけの場所で店頭でのサポートは行っていません。

武中
人件費がかからなくなる分月額料金を安くすることを実現しています。

LINEモバイルの電話サポートもLINEのチャットを使った「いつでもヘルプ」でも専門のスタッフが丁寧にサポートしてくれるので電話は数コールで出てくれますし、「いつでもヘルプ」では画像添付などでわかりやすく説明してくれるでの安心です。

武中
なによりも嬉しいのはLINEを開けば過去のサポートの内容を何回も見ることができるのでやり方を忘れたときなども安心です。

UQモバイルのサポートは電話・店頭での対面サポート

UQモバイルのサポートは、電話とUQモバイルのショップでの対面サポートの2つです。

UQモバイルは格安SIMでは珍しく販売ショップを持っていてスタッフに対面でサポートしてもらえます。

なので自分でスマホの設定や操作が苦手な初心者の方の場合でも安心してスマホを持つことができます。

全国のUQモバイルのサポートが受けられる店舗リスト

LINEモバイルのサポートもUQモバイルのサポートもどちらも優秀

LINEモバイルとUQモバイルのサポートはそれぞれ特徴があり、優越を付けることは難しいです。

LINEモバイルの電話でもサポートもいつでもヘルプのサポートも優秀で自宅にいたままサポートを受けれて解決できるので便利ですし、UQモバイルは実際に店頭で対面でやり方を教えてもらえたりします。

武中
なのでどちらのサポートも優秀です。自分でスマホの操作や設定ができる場合はLINEモバイルまたはUQモバイル、自分でスマホの操作や設定ができない場合は、UQモバイルを選んでおけば間違いありません。

LINEモバイルのサービスの特徴とメリット

LINEモバイルのデータフリー(カウントフリー)

対象アプリ「カウントフリー(データフリー)」の対象となる通信内容
LINEトーク

  • テキスト及び音声メッセージの送受信
  • スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
  • 無料通話、ビデオ通話

タイムライン

  • 画面閲覧、画像・動画を含む投稿
  • タイムラインの閲覧
  • タイムラインへのコメントの投稿

その他

  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウントの設定
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • 「その他」画面の表示
Twitter
  • タイムライン画面の表示
  • 画像・動画を含むTwitterへの投稿
  • 「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
  • メッセージ機能の利用
  • プロフィール編集
Facebook
  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示
  • Facebookへの画像・動画を含む投稿
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィール編集
Instagram
  • タイムラインの画面表示
  • 画像・動画を含むインスラグラムへの投稿
  • ストーリーの画面表示
  • ストーリーへの画像・動画を含む投稿
  • 検索画面での検索
  • 画像・動画を含む検索結果の表示
  • アクティビティの画面表示
  • ダイレクトメッセージの利用
  • プロフィールの編集
LINE MUSIC
  • 「ホーム」「カテゴリ」「検索」の画面表示と利用
  • 「マイミュージック」の画面表示と利用
  • 音楽の視聴
  • 音声の視聴
  • オフライン再生のための音楽のダウンロード

LINEモバイル「カウントフリー(データフリー)」の詳細と対象通信

LINEモバイルは年齢認証とID検索ができる唯一の格安SIM

LINEモバイルはすべての格安SIMで唯一年齢認証とLINEのID検索ができる格安SIMです。LINEの年齢認証とID検索ができるのは、docomo、au、SoftBank、Y!mobileの大手キャリアと格安SIMのLINEモバイルの4つだけです。

LINEモバイルはどのプランを選んでもLINEの年齢認証とLINEのID検索ができる格安SIMなので月額500円だけでLINEの新規登録や引き継ぎができるだけでなく、

LINEの年齢認証もID検索もできるので、格安SIMで唯一LINEの全機能が使えてdocomo、au、SoftBank、Y!mobileの大手キャリアと同じようにLINEが使える画期的な格安SIMなのです。

LINEモバイルは唯一無二の年齢認証とID検索が利用可能なSIM

【簡単】LINEモバイルの年齢認証・ID検索の方法と手順

LINEモバイルはSMSなしでLINEの新規登録や引き継ぎができる

LINEモバイルはLINEの新規登録や引き継ぎをする時に、通常では必要になるSMS認証もFacebook認証も不要でLINEの新規登録や引き継ぎをすることができます。

格安SIMでLINEモバイルだけがLINEの年齢認証とID検索ができる理由はLINEモバイルの契約者情報を参照して未成年出ないことと本人確認をしているからです。

そのため、SMS認証やFacebook認証もいりませんし、LINEの年齢認証とID検索もできる唯一無二の格安SIMなのです。

https://twitter.com/jumpeei/status/1040193126038560773

LINEモバイルはSMS認証なしでLINEの登録できる日本で唯一の格安SIM

LINEモバイルは月額500円だけで使える

LINEモバイルはすべての格安SIMで最安の月額料金が使える格安SIMです。

月額500円だけでデータ通信(インターネット)が使えるプランが用意されていてデータ通信だけしたい場合やセカンドスマホやタブレット用、子供のスマホのSIMカードとして爆発的に選ばれています。

【保存版】LINEモバイルの格安SIMの全プランと料金完全まとめ

【500円運用】はじめての格安SIMにLINEモバイルがおすすめな7つの理由

LINEモバイルはSoftBank回線でもdocomo回線でも500円で使える

LINEモバイルにはSoftBank回線のSIMカードとdocomo回線のSIMカードの2つの回線のSIMカードを提供していますが、どちらの回線でも月額料金やデータ容量、サービスの内容は同じです。

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いを徹底比較

そのため、SoftBank回線のSIMカードとdocomo回線のSIMカードでも月額500円だけでデータ通信(インターネット)が使えます。

LINEモバイルの格安SIMの全プランと料金完全まとめ

LINEモバイルはテザリングが無料で使い放題

LINEモバイルはSoftBank回線のSIMカードとdocomo回線のSIMカードのどちらの回線のSIMカードでも1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのどのデータ容量のプランでもテザリングが無料で使えます。

大手キャリアのdocomo、au、SoftBankではテザリングは有料で月額500円〜1000円かかりますので、

テザリング専用としてLINEモバイルを契約する人もいます。LINEのアカウントをもう1つ持つことができますし、テザリング専用SIMなのでギガの消費を気にする必要もなくなります。

【必見】ドコモ,au,softbank有料化!テザリング無料格安SIM

LINEモバイルは月額料金の1%がLINEポイントで還元される

LINEモバイルは格安SIMで唯一、毎月払っているLINEモバイルの格安SIMの月額料金の1%がLINEポイントとして還元される制度があります。

貯まったLINEポイントは現金に返還したりギフト券に交換できるだけでなく、LINEモバイルの月額料金の支払いにも使えるので無駄がありません

LINEポイントが変更できるものギフト券やポイント
  • Amazonギフト券
  • JALポイント
  • メトロポイント
  • Pontaポイント
  • nanacoポイント
  • LINE Payにチャージして現金化

【保存版】LINEモバイルの料金をLINEポイントで支払う方法手順

LINEモバイルはマルチキャリアでSIMロック解除をしなくても使える

LINEモバイルはSoftBank回線のSIMカードとdocomo回線のSIMカードの2つの回線のSIMカードを提供しています。

LINEモバイルの格安SIMはdocomoのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、ソフトバンクのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、SIMフリー(SIMロックを解除したものも含む)のiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであればSIMロック解除不要でSIMカードを挿入するだけで利用できます

LINEモバイルが使えるiPhoneやスマホの対応リスト
  • docomoのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのドコモ回線のSIMでSIMロックなしで使える
  • ソフトバンクのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのSoftBank回線SIMでSIMロックなしで使える
  • auのiPhoneやスマホ: SIMロックを解除すればドコモ回線とソフトバンク回線のどちらでも使える
  • SIMフリーのiPhoneやスマホ: ドコモ回線とソフトバンク回線のどちらでも使える

auのiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットはSIMのロック解除が必要(解除手数料無料)でSIMロック解除手続きをしたらLINEモバイルの格安SIMが利用できるようになります。

ただしauのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットはすべての機種がSIMロックを解除できるだけではなく条件があります。詳しくは下記の記事でまとめましたので参考にしてみて下さい。

auからSIMロックを解除してLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

LINEモバイルは速度制限中・ギガを使い切っても通信速度が速い格安SIM

LINEモバイルの速度制限・回線制限の詳細
  • 公称値: 200kbps
  • 実測値: 440〜500kbps (実際は2.5倍の速度が出る)

200kbpsに制限すると言いながら390kbps〜440kbpsと倍くらいの速度がでているので、他の格安SIMと比べても快適に利用できます。

武中
LINEモバイルはLINEやTwitter、Facebook、インスタグラムはデータ容量を使い切っても速度制限されないので速度制限中でもこれらは快適に使えました。

必要であればデータ量の追加もすることができますし、LINEモバイルは契約後のプラン変更が無料で自由にできる格安SIMなので、LINEモバイルへの乗り換えを検討されている方は、3GBプランからスタートするといいです。

LINEモバイルでデータ容量を上限まで使った時の通信速度を計測してみた

UQモバイルのサービスの特徴とメリット

UQモバイルは低速モード(ターボ機能)でデータ量を節約できる

UQモバイルにはLINEモバイルにはない低速モード(ターボ機能)という機能が搭載されています。この機能はターボをオフにして通信をしたデータ量が使用したデータ量としてカウントされなくなるというものです。

ターボモードオフの時は通信速度がデータ高速プランとデータ無制限プランは200kbps、ぴったりプランの場合は300kbpsに制限されます。

ターボ機能をオフにした状態でもLINEのメッセージの送受信や無料音声通話、FaceTimeオーディオ、SNSの閲覧や投稿などは問題なく出来ますが、LINEのビデオ通話やFaceTimeビデオ、中画質以上の動画の再生は通信速度が不足するためできなくなります。

UQモバイルは無制限プランが用意されている

UQモバイルには通信速度を500kbpsを上限とした無制限プランが用意されているのが特徴です。無制限プランは一切の制限がなく短期間にどれだけデータ通信をしても通信速度が制限されることはありません。

ただし通信速度は500kbpsなので大容量のアプリやファイルを落とすのにはかなりの時間がかかり、高画質な動画の再生は通信速度が不足するためできません。

UQモバイルはTry UQモバイルで契約前にお試しができる

UQモバイルにはLINEモバイルをはじめとする他の格安SIMにはないUQモバイルを無用でお試しできる「Try UQモバイル」というものがあります。

この契約前にトライアルができる「Try UQ mobile」は格安SIMで唯一UQモバイルだけでが行っている制度で、契約前にお試しができるのでユーザーにとっては大きなメリットです。

レンタル期間は貸出機器やSIMカードの発送や返却日を含めて15日間なので実際に7日以上無料でUQモバイルを試すことができます。普段の行動している場所での電波の入り具合や通信速度を試してみるといいです。

Try UQ mobileの詳細 – UQモバイルの公式サイト

UQモバイルはauのiPhoneやAndroidスマホをSIMロック解除なしでそのまま使える

LINEモバイルはSoftBank回線とdocomo回線を使っている格安SIMですがUQモバイルはau回線を使った格安SIMなので、

auのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、SIMフリー(SIMロックを解除したものも含む)のiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであればSIMロック解除不要でSIMカードを挿入するだけで利用できます

auのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットはすべての機種がSIMロックを解除できるだけではなく、条件があって条件をクリアできなかった場合でもUQモバイルであればSIMロックを解除しなくてもそのまま使うことができます。

UQモバイルが使えるiPhoneやスマホの対応リスト
  • docomoのiPhoneやスマホ: SIMロックを解除すればUQモバイルで使える
  • ソフトバンクのiPhoneやスマホ: SIMロックを解除すればUQモバイルで使える
  • auのiPhoneやスマホ: UQモバイルの格安SIMがそのまま使える
  • SIMフリーのiPhoneやスマホ: UQモバイルの格安SIMがそのまま使える

UQモバイルはSMSが無料

UQモバイルはSMSが無料でついてきます

通常どの格安SIMもSMSは有料オプション扱いで月額120円〜150円程度の料金がかかります。しかしUQモバイルはデータ通信専用SIMであってもSMSが無料でついてくるので余計なオプション料金がかかりません。

ただし、SMSの送信時の料金は別途かかります。SMSの受信料は無料です。

UQモバイルがおすすめの人や使い方

  1. auのスマホやiPhoneをSIMロック解除しないでそのまま使いたい
  2. 今使っているauのスマホやiPhoneのSIMロックができない
  3. auの電波と回線を使いたい、au回線でないといけない理由がある
  4. 月に3GB以下のデータ使用量
  5. 低速モードを使って最大限データを節約して使いたい
  6. 豊富なスマホから選びたい
  7. テザリングが無料で使える格安SIMがほしい
  8. au回線の最速の格安SIMを使いたい

LINEモバイルがおすすめの人や使い方

  1. docomoのスマホやiPhoneをSIMロック解除しないでそのまま使いたい
  2. SoftBankのスマホやiPhoneをSIMロック解除しないでそのまま使いたい
  3. docomoの電波と回線を使いたい、docomo回線でないといけない理由がある
  4. SoftBankの電波と回線を使いたい、SoftBank回線でないといけない理由がある
  5. 通信速度が速い格安SIMが欲しい
  6. LINEやSNSのデータフリー(カウントフリー)機能が欲しい
  7. LINEのID検索や年齢認証を格安SIMでも使いたい
  8. 月額500円だけで使えるデータ通信SIMが欲しい
  9. 月額1200円だけで使える音声通話SIMが欲しい
  10. テザリングが無料で使える格安SIMがほしい
  11. docomo回線の最速の格安SIMを使いたい
  12. SoftBank回線の最速の格安SIMを使いたい

LINEモバイルとUQモバイルの違いと比較まとめ

LINEモバイルとUQモバイルは「回線タイプ(通信エリア)」「通信速度」「月額料金と容量」「キャンペーン内容」「サービス内容」「最低利用期間」「セットで選べるスマホ機種」「サポート内容」がことなりそれぞれ違いは以下のとおりです。

比較項目LINEモバイルUQモバイル
回線タイプ(通信エリア)docomo、SoftBankau(KDDI)
通信速度爆速(超高速)爆速(超高速)
月額料金とデータ容量データ通信SIMは月額500円、音声通話SIMは月額1200円からで1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量がから選択できるデータ通信SIMは月額980円、音声通話SIMは月額1680円からで3GB,無制限のデータ容量がから選択できる。
キャンペーン内容初月月額料金無料、半年間月額料金毎月900円割引キャンペーンなど家族割、学割
サービス内容LINEやSNS(Twitter,Facebook,インスタグラム)の通信がカウントフリーで無料で使い放題、テザリング無料、10分間電話かけ放題、SMSなしでLINEが新規登録や引き継ぎができるテザリング無料、5分間電話かけ放題
最低利用期間音声通話SIMは12ヶ月、データ通信SIMは最低利用期間なし2年縛り(24ヶ月以内の解約は違約金が発生)がある
セットで選べるスマホ機種12種類22種類
サポート内容電話・メール・LINEチャット電話・UQモバイル店頭

LINEモバイルとUQモバイルの選び方

LINEモバイルとUQモバイルのどっちを選んだらいいのか迷っている場合はそれぞれの格安SIMの特徴から以下の内容で選ぶといいです。

  • LINEやSNSをよく使うならLINEモバイル
  • コスパ重視ならLINEモバイル
  • 月額500円でデータ通信SIMが欲しいならLINEモバイル
  • docomoのスマホやiPhoneをSIMロック解除なしで使うならLINEモバイル
  • SoftBankのスマホやiPhoneをSIMロック解除なしで使うならLINEモバイル
  • auのスマホやiPhoneをSIMロック解除なしで使うならUQモバイル
  • docomoの電波と回線を使いたい場合はLINEモバイル
  • SoftBankの電波と回線を使いたい場合はLINEモバイル
  • auの電波と回線を使いたい場合はUQモバイル
  • LINEのID検索や年齢認証を格安SIMでも使いたいならLINEモバイル
  • 低速モードを使って最大限データを節約して使いたいならUQモバイル