当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【レビュー】LINEモバイルとHUAWEI P20 liteが人気な6つの理由

LINEモバイルとHUAWEI P20 liteはとても相性がいい組み合わせで、爆発的な人気があります。

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルのセットで買えるスマホとしてもiPhoneXの代わりのスマホとしても人気があります。

HUAWEI P20 liteが人気の理由は「価格が安いのに超高性能」「iPhoneXライクなデザイン」「フルHD+の綺麗な液晶画面」「カメラの画質が綺麗」「SIMフリー端末」「指紋認証や顔認証に対応」となっています。

またHUAWEI P20 liteは2018年で1番売れているSIMフリースマホです。

HUAWEI P20 liteの格安SIMとしてLINEモバイルを選んで使っている人が多くいます。HUAWEI P20 liteの評判はとてもよく、想像以上によい端末です。

ここではHUAWEI P20 liteの特徴やメリット・デメリット、詳細なスペックや価格(料金)、APN設定方法や一括購入や分割購入、お得な購入方法までどこよりもわかりやすく紹介しています。

目次

LINEモバイルのHUAWEI P20 liteが人気な6つの理由

LINEモバイルとセットで購入できるHUAWEI P20 liteが人気な理由は、

1.価格が安いのに超高性能 2.iPhoneXライクなデザイン 3.フルHD+の綺麗な液晶画面 4.カメラの画質が綺麗 5.SIMフリー端末 6.指紋認証や顔認証に対応となっています。

とにかくコスパがいいスマホで爆発的な人気があります。P20 liteのAntutuスコアを計測してみたところ87,045となりました。※Antutuバージョン7.0.4

1.価格が安いのに超高性能

HUAWEI P20 liteは3万円台という破格なのにiPhoneXに全く劣らない性能を持っています。この紹介記事の下の方でiPhoneXとのスペック比較をしていますが、HUAWEI P20 liteのほうが高性能なくらいです。

一方iPhoneXは10万円以上する高級スマホなので、iPhoneに強いこだわりがなければHUAWEI P20 liteで十分です。

参考までにHUAWEI P20 liteのGeekbenchのベンチマークの値は「シングルコアのスコアが925でマルチコアのスコアが3697」ととても高い性能を示していました。ハードな3Dゲームをしない限りまず性能不足を感じることはありません。

GPSの精度もよく、バッテリー持ちもベビーに使っても1日は持っています。

2.iPhoneXライクなデザイン

HUAWEI P20 liteはAppleのiPhoneXにそっくりなデザインをしています。本体表面の「HUAWEI」のロゴを見るまでiPhoneXだと思ってしまう人も多くいるくらいです。

HUAWEI P20 liteはiPhoneXよりも画面したのベゼル(液晶表示がない部分)が広いですが、画面上のノッチ(画面上部中央の凹みのこと)周りはHUAWEI P20 liteのほうが効率よく使えています。

サイズもほとんどiPhoneXの70.9mm x 143.6mm x 7.7mmのサイズとHUAWEI P20 liteのサイズの71.2mm x 148.6mm x 7.4mmはほとんど同じなので持ちやすくなっています。女性でも片手で操作することができます。

3.カメラの画質が綺麗で一眼レフ並に撮影できる

HUAWEI P20 liteのカメラは約1,600万画素+約2,00万画素で一眼レフで撮影したようなボケ味のある写真をカンタンに撮影できます。

画素数が多いので拡大しても綺麗で、静止画の画質はかなりよく背景のボケも一眼レフで撮影した写真とほとんど区別がつきません。

インカメラでは、10段階のビューティー補正にも対応しているので自撮りも綺麗に撮影することができます。肌の色がきれいになり輪郭が美しく撮影できます。

また撮影後であってもフォーカス位置やぼかし具合を自由に調節することができる「ワイドアパーチャー」という機能に対応しているため撮影後であってもプロが撮影した写真のように調節することができます。

最短撮影距離は6cmなのでマクロ撮影にも強くなっています。

HUAWEI P20 liteは自動モードで撮影されば誰でも簡単にプロ並みの写真が撮影できます。手ぶれ補正も着いているので撮影した写真がぶれて使えないという自体がありません。

4.SIMフリー端末なので使用するSIMを選ばない

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルでセットで購入できるスマホであってもアマゾンや楽天、ヨドバシカメラなどで一括購入できるHUAWEI P20 liteであってもすべてがSIMロックの掛かっていないSIMフリー端末です。

そんため、LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードでもSoftBank回線のSIMカードでも使えますしLINEモバイルを解約した後もHUAWEI P20 liteは

他社のSIMカードやdocomo、au、SoftBank、Y!mobileなどのSIMカードを挿入すればデータ通信(インターネット)も音声通話も使うことができるので長く使い続けられるスマホです。

5.フルHD+の綺麗な液晶画面

HUAWEI P20 liteの液晶はアスペクト比9:19の縦長な約5.8インチFHD+(1080×2280ドット)IPS液晶( 約432ppi)はとても綺麗です。有機ELではありませんが十分な綺麗な液晶で使っていて満足できるものになっています。

6.指紋認証や顔認証に対応でセキュリティも安心

HUAWEI P20 liteは顔認証に加えて指紋認証にも対応しています。iPhoneXでは顔認証で認証されない時がありますが、HUAWEI P20 liteではそのようなときは指紋認証で一瞬でロックを解除できます。

実際にiPhoneXは顔認証の認識がイマイチでYoutuberで有名なヒカキンさんがiPhone XからiPhone 8にした理由を「顔認証機能(Face ID)が使えないから」と言っています。

もし顔認証が使えなくても指紋認証があれば一瞬でロックを解除できます。

(Picture from: A1 blog and androidauthority)

HUAWEI P20 liteは圧倒的なコスパのスマホ

HUAWEI P20 liteは過去に日本で一番出荷台数が多かったHUAWEI P10 liteの新モデルになります。

iPhoneXのデザインによく似ていて大画面の高解像度ディスプレイにデュアルカメラ、急速充電機能(クイックチャージ)を搭載してSIMフリーで3万円台で購入できる高コスパスマホです。

3000mAhの大容量バッテリーに5.8インチ 2280 x 1080解像度の縦長ディスプレイ、4GBの大容量メモリ、

32GBの内蔵ストレージ、256GBまで対応しているmicroSDXCスロット搭載、1600万画素の一眼レフ顔負けのカメラとこれ以上に何を求めるのかというくらいのスペックになっています。

HUAWEI P20 liteはノッチも隠すことができるので画面を広く使うことができます。HUAWEI P20 liteのノッチの隠し方は「設定アプリ」の「画面」->「ノッチ」を開いて「ノッチを隠す」を選択すれば完了です。

iPhoneにこだわりがなればHUAWEI P20 liteで十分すぎるほどの性能です。

HUAWEIって中国のメーカーでしょ?と思うかもれませんが、2018年11月現在ではHUAWEI P20 liteはiPhoneを販売しているappleよりも国内の販売台数は多くなっていて1位の実績があります。

特にHUAWEIのPシリーズはHUAWEIでも最高位スマホと位置づけられているので細部に渡ってHUAWEIの本気を感じる完成度です。

HUAWEI P20 liteとiPhoneXの違いと比較

HUAWEI P20 liteとiPhoneXとの性能を項目ごとに比較してみました。HUAWEI P20 liteが圧倒的なコスパであることがわかると思います。

HUAWEI P20 liteの詳細な仕様とスペック一覧

比較項目
HUAWEI P20 lite

iPhone X

メーカー名HuaweiApple
実売金額28,300円121,800円
発売日2018年6月15日2017年11月3日
画面サイズ5.84 インチ5.8 インチ
解像度1,080 x 2,2801,125 x 2,436
本体サイズ71.2mm x 148.6mm x 7.4mm70.9mm x 143.6mm x 7.7mm
重さ145 g174 g
プロセッサーHisilicon Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)Apple A11
OSAndroid 8.0iOS 11
カメラ背面1,600万画素(f値2.2) + 200万画素1,200万画素
カメラ前面1,600万画素(f値2)700万画素
バッテリー3,300 mAh2,716 mAh
CPUコアオクタコアヘキサコア
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
テザリング対応対応
指紋認証有り無し
顔認証有り有り
RAM4GB3GB
ROM32GB + (MAX 256GB)64GB /256GB

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルのdocomo回線のSIMで使える

LINEモバイルにはdocomo回線のSIMカードとSoftBank回線のSIMカードの2種類の回線のSIMカードを提供していますが、HUAWEI P20 liteはdocomo回線のSIMカードは何問題なくHUAWEI P20 liteに挿すだけですぐに使えます。

HUAWEI P20 liteはdocomo回線のFOMAプラスエリアに対応しているのでどれだけ山間部であっても電波が入り快適に使うことができます。

電波は大手キャリアのdocomoを契約しているiPhoneやAndroidスマホと全く同じです。

LINEモバイルのdocomo回線のHUAWEI P20 liteのAPN設定

HUAWEI P20 liteでLINEモバイルのdocomo回線(ドコモ回線)のSIMカードで通信をする場合には以下のAPNを設定すれば通信することができます。

ネットワーク名LINEモバイルのAPN(任意の名前)
APNline.me
ユーザー名line@line
パスワードline
認証タイプCHAP

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルのSoftBank回線のSIMで使える

LINEモバイルにはdocomo回線のSIMカードとSoftBank回線のSIMカードの2種類の回線のSIMカードを提供していますがSoftBank回線は2018年7月2日から新規に提供を開始しました。

HUAWEI P20 liteはSIMフリー端末でSoftBankの周波数バンドに対応しているためLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードをHUAWEI P20 liteに挿すだけですぐに使えます。

HUAWEI P20 liteにLINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードは何も問題なく使えて、SIMカードを挿してAPNの設定という初期設定をすればすぐにデータ通信も音声通話も使えます。

通信速度も爆速で超快適に使えます。

LINEモバイルのソフトバンク回線のHUAWEI P20 liteのAPN設定

HUAWEI P20 liteでLINEモバイルのSoftBank回線(ソフトバンク回線)のSIMカードで通信をする場合には以下のAPNを設定すれば通信することができます。

ネットワーク名LINEモバイルのAPN(任意の名前)
APNline.me
ユーザー名line@line
パスワードline
認証タイプCHAP

HUAWEI P20 liteを単体購入してLINEモバイルのSIMで使える

HUAWEI P20 liteを購入する方法は単品購入する方法と、LINEモバイルでセットスマホとして購入する2つの方法があります。

HUAWEI P20 liteの単品購入はAmazonやヨドバシカメラ、楽天市場などの通販で販売されているので購入することができます。

HUAWEI P20 liteを安く単体購入してLINEモバイルで使う

たとえばAmazonではHUAWEI P20 liteは28,300円の送料無料で購入することができます。これはLINEモバイルでセットスマホとして購入するよりも安いのです。

HUAWEI P20 lite – Amazon

LINEモバイルでHUAWEI P20 liteをセット購入して使う

HUAWEI P20 liteをLINEモバイルでセットスマホとして購入すると、34,538円となっていて高いのです。

LINEモバイルでセットで購入するメリットは最初から初期設定がしてあって電源を入れたらすぐに使うことができたり分割購入ができますが、Amazonなどの通販で購入するよりも端末の金額が高くなります。

5000円以上値段が違うので自分で「LINEモバイルのAPNの設定内容と設定方法」を参考にしてAPNの設定ができるのであればAmazonなどの通販で購入したほうが当然ながら得です。

HUAWEI P20 liteとHUAWEI P20の違いと比較

「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 lite」はまず値段が違います。「P20」は上級機なので6万円台で「P20 lite」は3万円台です。

値段に合わせて性能も「P20」のほうが良いですが普段使っている分には「P20 lite」が十分に高性能なのであまり差は感じません。

「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 lite」の違いは「P20」は5.8インチ(2244×1080)なのに対し、「P20 lite」は5.84インチ(2280×1080)で「P20 lite」のほうが少しディスプレイサイズが大きいです。

「HUAWEI P20 lite」にはイヤホンジャックがついていて外部メモリー(microSDカード)に対応していますが、「P20 lite」はイヤホンジャックもなく外部メモリーにも対応していません。

「P20」は4G+4GのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応していますが、「HUAWEI P20 lite」はmicroSDスロットと排他利用となり対応していません。

「P20」は高級カメラメーカーのライカと共同開発したレンズを搭載しているので「P20 lite」より一回り綺麗な写真が撮影できます。実際に比較してみましたがほとんど差は感じませんでした。

 比較項目P20P20 lite
サイズ
(mm)
H150×W71
×D7.7
H149× W71
× D7.4
重さ約165g約145g
画面サイズ5.8インチ5.84インチ
解像度2,244 x 1,0802,280 x 1,080
バッテリー
容量
3,400mAh3,300mAh
OSAndroid 8.1Android 8.0
CPUKirin970
(オクタコア)
2.36GHz+1.8GHz
Kirin659
(オクタコア)
2.36GHz+1.7GHz
メモリ(ROM)128GB32GB
メモリ(RAM)4GB4GB
外部メモリなしmicroSD
※最大256GB
メインカメラ画素数1,200万+
2,000万画素
1,600万+
200万画素
サブカメラ画素数2,400万画素1,600万画素

HUAWEI P20 liteの対応周波数・対応バンド

HUAWEI P20 liteはdocomo、au、SoftBankの電波に対応しています。HUAWEI P20 liteはdocomoのすべてのLTEバンドに対応しているだけでなくFOMAプラスエリアにも対応しているのでどれだけ山間部であっても電波を掴みます。

  • FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26/28 (au VoLTE対応)
  • TDD-LTE : B41
  • UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/5/6/8/19

またSoftBankのLTEバンドであるバンド1/3/8にも対応していますのでLTE通信も問題なくり利用できます。3Gのバンドであるバンド1/8にも対応しているのでLINEモバイルのソフトバンク回線でもデータ通信や音声通話、SMSが問題なく利用できます。

HUAWEI P20 liteでの荒野行動や刀剣乱舞が快適で楽しい

平日や土日の混み合う時間や速度制限がかかっている状態でも遅延や重たくなったり、ラグが発生したりすることがなく快適にプレイできています。

荒野行動や刀剣乱舞を快適にプレイするには2つの要素が必要で1.スマホが十分な性能であること 2.回線品質が良いこと。の2つが重要となっています。

HUAWEI P20 liteは十分に高性能なスマホなので十分に条件を満たしています。LINEモバイルは格安SIMで回線品質が一番良い格安SIMなので、荒野行動や刀剣乱舞を快適にプレイのに十分な回線品質となっています。

僕も使っていますが、HUAWEI P20 liteのスマホ+LINEモバイルの格安SIMでは荒野行動や刀剣乱舞を快適いプレイすることができます。なにも心配するはありません。

LINEモバイルは荒野行動が快適にプレイできる格安SIM!詳細

LINEモバイルとHUAWEI P20 liteのメリット

HUAWEI P20 liteは電池持ちがかなりいい

HUAWEI P20 liteは3,300mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

そのため一日ヘビーに使ってもバッテリー持ちがいいので夜充電するまでバッテリーを心配する必要がありません。

iPhoneXは2,716 mAhと少ないので、実際にHUAWEI P20 liteとiPhoneXの両方を使っているとHUAWEI P20 liteのほうがバッテリー持ちがいいです。

HUAWEI P20 liteは内部ストレージ化ができる

HUAWEI P20 liteは外部ストレージの「microSDカード」を内部ストレージ化することができます。内部ストレージ化をするとアプリ本体は内部ストレージに保存され、アプリのデータや写真や動画などのデータは外部ストレージの「microSDカード」に保存されます。

HUAWEI P20 liteのmicroSDカードを内部ストレージ化する方法

HUAWEI P20 liteで「microSDカード」を内部ストレージ化する方法は、設定アプリから>ストレージ>デフォルトの保存場所の項目を「SDカード」に変更します。

これだけで内部ストレージへのパス(/mnt/sdcard/)が、外部ストレージの「microSDカード」に変わるので内部ストレージ化されます。

HUAWEI P20 liteはダブルレンズで一眼レフのプロ並に写真が撮れる

HUAWEI P20 liteのカメラは約1,600万画素+約2,00万画素のダブルレンズ(デュアルレンズ)仕様で一眼レフで撮影したようなボケ味のある写真をカンタンに撮影できます。

シングルレンズのカメラでは出せないようなボケ具合を簡単に出すことができます。

イヤホン端子がついている

最近のスマホやiPhoneにはイヤホンジャックがついていない機種が増えてきました。

HUAWEI P20 liteはイヤホンジャックがついているスマホなので別売りのアダプタなどがなくても本体に直接イヤホンを挿して音楽を聞いたりハンズフリーで通話ができます。

ちなみにiPhoneXにはイヤホンジャックが無いのでライトニングポートから変換アダプタで3.5mmのイヤホンジャックに変換するケーブルが別途必要です。

HUAWEI P20 liteにはイヤホンジャックはありますがストラップホールはないので必要な場合はストラップホール付きのケースを選ぶといいでしょう。

イヤホンジャックがないスマホやiPhoneのデメリットは充電しながら音楽を再生することができないということです。HUAWEI P20 liteはイヤホンジャックがついているスマホなので本体を充電しながら音楽を再生したりハンズフリーで通話をすることができます。

30分の充電で50%の充電ができる急速充電に対応

HUAWEI P20 liteはバッテリー容量が大きいのですが、HUAWEI P20 liteは急速充電に対応していて、30分の充電時間で50%の充電ができます。

そのため朝時間がない時とかでも少し充電するだけで一日使うことができます。

データ通信SIMなら月額500円だけでHUAWEI P20 liteが使える

LINEモバイルのデータ通信SIMとHUAWEI P20 liteを組み合わせることでHUAWEI P20 liteが月額500円だけで使えます。

LINEモバイルとセットでHUAWEI P20 liteを分割で購入した場合は毎月の月額料金は「毎月の端末代の支払い金額」+「月額500円」だけになります。

HUAWEI P20 liteをLINEモバイルで一括で購入したりAmazonなどの通販で購入した場合はLINEモバイルの月額500円のSIMカードだけでHUAWEI P20 liteを使うことができます

音声通話SIMなら月額1200円だけでHUAWEI P20 liteが使える

LINEモバイルの音声通信SIMとHUAWEI P20 liteを組み合わせることでHUAWEI P20 liteでデータ通信+音声通話が使えます。

LINEモバイルの格安SIMは格安SIMで最安値の月額料金のため、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankの場合と比べると破格でHUAWEI P20 liteを使えます。

LINEモバイルとHUAWEI P20 liteのデメリット

HUAWEI P20 liteは防水ではない

HUAWEI P20 liteには防水機能はありません。そんため雨に濡れたり、水の中で写真を撮影したり、お風呂で使ったりすると本体の破損に繋がるので注意が必要です。

HUAWEI P20 liteは無線充電(ワイヤレス充電)には対応していない

HUAWEI P20 liteはiPhoneXに搭載されている無線充電(ワイヤレス充電)に対応していません。充電する場合はケーブルを挿して充電する必要があります。

LINEモバイルとHUAWEI P20 liteの料金

HUAWEI P20 liteを大手通販のAmazonで一括購入する場合とLINEモバイルでセット購入(一括払い)した場合の価格を比較してみました。

結論を先に書くと、価格面ではAmazonのほうがメリットがあり、利便性や安心という面ではLINEモバイルのセット購入の方がメリットがあるという結果になりました。

LINEモバイルのHUAWEI P20 liteの端末代金一括払いの料金

AmazonではHUAWEI P20 liteは28,300円の送料無料で購入することができます。これはLINEモバイルでセットスマホとして購入するよりも安いのです。

LINEモバイルのHUAWEI P20 liteの端末代金分割払いの料金

LINEモバイルでHUAWEI P20 liteをセット購入した場合は、34,538円(税込)となりAmazonで購入した場合と比べて5000円以上高くなります。

ただし、LINEモバイルでセット購入すると、LINEモバイルのSIMが挿入して初期設定された状態で発送されてくるので面倒な初期設定などが必要ありません。

iPhoneXが買えないなら代わりのスマホはHuawei P20 liteがおすすめ

iPhoneXは10万円以上する高級スマホなのでとても買えないという人は多いのではないでしょうか?僕はLINEモバイルのテストのために分割払いで購入しましたが最初は高価な値段で躊躇しました。

HUAWEI P20 liteはiPhoneXにそっくりのデザインで性能や機能もiPhoneXとほとんど変わらないので、iPhoneXがとても買えない・・・。という人におすすめです。

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルでセットで購入する3つのメリット

LINEモバイルではHUAWEI P20 liteをセットで購入できます。HUAWEI P20 liteはアマゾンやヨドバシ、楽天などで一括購入することができますが、

LINEモバイルでセットで購入すると「初期設定が不要で電源を入れたらすぐに使える」「最大24分割の分割購入ができる」「端末保障がつけられる」という3つのメリットがあります。

LINEモバイルとセットで購入すると初期設定がいらない

LINEモバイルではHUAWEI P20 liteをセットで購入すると、HUAWEI P20 liteにLINEモバイルのSIMカードがセットされて通常必要なLINEモバイルの初期設定(APN設定など)をした状態で発送してくれます。

そのためHUAWEI P20 liteが自宅に届いたらすぐにデータ通信(インターネット)と音声通話(音声通話SIMを契約している場合)を使うことができるのでスマホにあまり詳しくない、離れてクラス両親などへのプレゼントとしてには最適です。

一括払いだけでなく分割払いでも購入できる

LINEモバイルでHUAWEI P20 liteをセットで購入すると、スマホの代金を最大24回の分割払いで支払うことができます。

一括では支払えなかったり大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクのように分割払いで端末代金を支払っていくことができます。

ただし、分割払いの場合は1点注意が必要なことがあって、一括払いよりも分割払いのほうがスマホ端末代の総額が高くなるということです。

  • 分割払いの場合: 1501円x24回=36,024(税込)
  • 一括払いの場合: 34,538円(税込)

HUAWEI P20 liteの場合は、分割払いで購入すると一括払いと比べて1486円高くなります。

LINEモバイルの端末保障が利用できるので安心

LINEモバイルでHUAWEI P20 liteをセットで購入すると月額450円(初月無料)で3年間、故障や水漏れ、破損に対して保障してくれます。

ただし、盗難や紛失は対象外なので注意が必要です。

端末保障は年2回まで使えて、修理代は1回目の本体交換は5000円で2回目は8000円となるので有料でも交換となっています。

私もスマホを落下させて破損させた時にLINEモバイルの端末保障を使いましたが、すぐに新品のスマホが発送されてきました。これで5000円だけしかかからかかったので得した気分がしましたね。

子供や高齢の家族にスマホを持たせるには、端末保障をつけておくと安心だと思います。

LINEモバイル以外で購入したスマホにも端末保証はつけられる

LINEモバイルの端末保証は実は、LINEモバイル以外で購入したスマホにも端末保証をつけることができます。

LINEモバイルの契約申し込み時に「SIMカードのみ」で申込みをした人が全員対象です。

端末保障は年2回まで使えて、修理代は1回目の本体交換4000円で2回目は8000円となるので有料でも交換となっています。

  • 修理:Android端末、iOS端末
  • 交換:Android端末

※iOS端末は修理のみ。

LINEモバイルの持ち込み端末の端末保証の注意点

持込端末保証に申し込んだ後は、必ずIMEIの登録(端末固有のシリアルナンバーのようなもの)が必要です。

IMEI登前に故障してしまった場合、端末保証の月額料金を支払っていても保証の対象外となるので注意してください。

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルでセットで購入する1つのデメリット

端末価格がAmazonなどより高い

AmazonではHUAWEI P20 liteは28,300円の送料無料で購入することができます。これはLINEモバイルでセットスマホとして購入するよりも安いのです。

  • LINEモバイルで一括払いの場合: 34,538円(税込)
  • Amazonで購入の場合: 28,300円(税込)

LINEモバイルでHUAWEI P20 liteをセット購入する方法

LINEモバイルでHUAWEI P20 liteをセットで購入する方法はLINEモバイルの申込みwebページから「申込み内容選択」で「端末+SIMカード」を選択します。

「申込み内容選択」で「端末+SIMカード」を選択するとセットで購入できるスマホの一覧が出てきますのでHUAWEI P20 liteを選択します。

HUAWEI P20 liteのスマホを選択したらそのまま手順を進めていけばスマホセットでの契約が完了となります。

とても簡単なのでこの部分だけ注意をしてLINEモバイルの契約申し込みを進めてくださいね。

LINEモバイルの格安SIMとHUAWEI P20 liteなら月額500円音声通話SIMでも1200円だけで使える

HUAWEI P20 liteはLINEモバイルでHUAWEI P20 liteのスマホとセット購入しても、LINEモバイル以外のAmazonやヨドバシカメラ、楽天市場などの通販サイトで購入した場合でも「LINEモバイルの業界最安値の月額料金」で使うことができます。

音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)でも月額1200円だけで使うことができるので通信費を大幅に節約できます。そのためHUAWEI P20 lite用の格安SIMとして爆発的な人気があります。

データ通信のみSIMであればHUAWEI P20 liteが月額500円だけで使える

LINEモバイルのデータ通信のみのSIMカードであれば、月額500円だけでHUAWEI P20 liteを使うことができます。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つのSIMカードを提供していますがどちらの回線でも同じ料金とデータ容量、サービス内容となっています。

HUAWEI P20 liteは2018年に一番売れているスマホです。大容量バッテリーにプロ並みに撮影できる綺麗なカメラ、大画面ディスプレイ、スタイリッシュなデザイン、顔面認証、指紋認証と最新の機能をすべて盛り込んだ高コスパスマホです。

HUAWEI P20 liteのおすすめの格安SIMはLINEモバイル

iPhoneXが高すぎて購入できなくてもHUAWEI P20 liteであればほとんど同じ性能と機能で価格は3万円代です。

LINEモバイルと組み合わせることでデータ通信のみのSIMで月額500円、音声通話SIMでも月額1200円で利用できます。

LINEモバイルはすべての格安SIMの中で回線速度が最速の格安SIMなのでとにかく快適に使いつつスマホ代を最大限節約することができます。

以上のことからLINEモバイルとHUAWEI P20 liteの組み合わせはこれ以上にないベストな組み合わせというほど自信を持っておすすめできる組み合わせです。