当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

クレジットカード不要で契約できるソフトバンク回線の格安SIMはLINEモバイル

クレジットカードなし(クレジットカード不要)で契約できるソフトバンク回線の格安SIMはLINEモバイルです。

LINEモバイルはクレジットカードがなくてもLINE Payという支払い方法を使うことで、契約から月額料金の支払いまで「クレジットカードなし」で利用できます。

LINEモバイルはソフトバンクの小会社なのでソフトバンク回線の格安SIMを提供していて、すべての格安SIMの中で通信速度最速、ユーザー満足度ナンバー1を獲得している格安SIMなのです。他の格安SIMにはないメリットが多くあるので爆発的な人気があります。

LINEモバイルが選ばれている理由とメリット
  • ソフトバンク回線の格安SIMで最速の速度
  • クレジットカードなしで契約も月額料金の支払いもできる
  • LINE Payのオートチャージ機能を使うと口座振替もできる
  • ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除なしで使える
  • ソフトバンクのiPadはSIMロック解除なしで使える
  • ソフトバンクのAndroidスマホはSIMロック解除なしで使える
  • ソフトバンクのAndroidタブレットはSIMロック解除なしで使える
  • テザリングが無料で使い放題(オプション契約不要)
  • LINEやSNSのデータフリー(カウントフリー)がある格安SIM
  • SMSなしでLINEの新規登録や引き継ぎができる
  • 格安SIMで唯一年齢認証とIDの検索ができる格安SIM

LINEモバイルはソフトバンク回線の最速最安の格安SIM

LINEモバイルはソフトバンク回線とドコモ回線の2つの回線のSIMカードを提供していて、契約申し込み時に選択することができます。

この回線選択画面で「ソフトバンク回線」を選択して契約すればソフトバンクのiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットにSIMカードを挿すだけで、

SIMロックを解除しなくてもデータ通信(インターネット)も音声通話も使うことができます。

LINEモバイルはソフトバンクのiPhoneやスマホがそのまま使える

LINEモバイルはソフトバンクのiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットにSIMカードを挿すだけで、SIMロックを解除しなくてもデータ通信(インターネット)も音声通話も使うことができます。

LINEモバイルでそのまま使える端末
  • ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除なしで使える
  • ソフトバンクのiPadはSIMロック解除なしで使える
  • ソフトバンクのAndroidスマホはSIMロック解除なしで使える
  • ソフトバンクのAndroidタブレットはSIMロック解除なしで使える

契約中のものだけでなく、解約済みのもの、中古で購入したものや、家族や友達が使っていたものでもSIMロック解除なしでLINEモバイルのSIMカードを挿入するだけで使えます。

LINEモバイルはクレジットカードがなくてもLINE Payで契約ができる

LINEモバイルはLINE Payという独自のモバイル送金、決済サービスを使うことでクレジットカードなしで使うことができます。

武中
LINE PayはLINE株式会社の小会社になっていて同じグループ会社なので、LINEモバイルの契約や月額料金の支払いにも使うことができます。

ほとんどの格安SIMはクレジットカードでの支払いですがLIENモバイルはクレジットカードを持っていなくても契約できる格安SIMなのです。

LINE Payは審査がなく、手数料無料で使うことができます。

LINEモバイルをLINE Payで契約する場合は、支払い方法の選択画面で、LINE Payを選択するだけでクレジットカードがなくてもLINEモバイルを契約できます

また、LINEモバイルをLINE Payで支払いすることで、利用料金の3%がLINEポイントとして貯まっていき、

貯まったLINEポイントはLINEモバイルの月額料金の支払いに当てることができるだけでなく、Amazonギフトカードに変換したり、現金化することもできます。

LINEモバイルはクレジットカードがなくても月額料金の支払いができる

LINEモバイルはクレジットカードがなくてもLINE Payを登録して使える状態にしておけばクレジットカードなしで、LINEモバイルを契約して、使い続けることができます。

武中
LINE Payを使えば、LINEモバイルの契約時の費用や月額料金など、必要な料金はすべてLINE Payで支払うことができるようになっています。

LINEモバイルはLINE Payのオートチャージで口座振替ができる

LINEモバイルは普通に契約すると口座振替での契約や月額料金の支払いに対応できません。

LINE Payは自動チャージ機能があり口座から残高が不足すると自動的にチャージする機能があります。

この機能を使うと指定した銀行口座から自動的にLINEモバイルの月額料金が支払われるようになるので口座振替と同じ感覚で利用できます。

引き落とし手数料なども一切かからず無料で口座振替(銀行振込)が使えます。

LINEモバイルは口座振替には対応していませんが、LINEモバイルの支払いができるLINE Payは口座振替に対応しているので、

LINEモバイルの支払い方法として、LINE Payを使うことでLINEモバイルの契約時の初期費用の支払いも月額料金の支払いも口座振替もできます

(この銀行一覧は一部です)

LINE Payは入会費や年会費は一切かからないJCBのプリペイドカード扱いなので、デビットカードと同じように使うことができます。

LINEモバイルを口座振替・銀行振込で支払いをする方法

LINE Payの申し込み方法

では実際にLINEモバイルで使うためのLINE Pay申し込み方法を詳しく一つ一つ手順で紹介していきます。

基本的にiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットなどの端末から申込みをしても同じ内容です。

STEP1. LINEアプリを開いて「LINE Pay」をタップする

LINE Payの申込みはLINEアプリから行います。

LINEアプリを開いて、「その他」を開いたら画面の真ん中あたりにある「LINE Pay」のアイコンをタップします。

STEP2. LINE Payカードのデザインを選択する

LINE PayはLINE PayカードというJCBのプリペイドカードがセットになっています。

ここでは、そのLINE Payカードのデザインを自分の好きなデザインのLINE Payカードを選択して「次へ」をタップします。

ここでは、ブラウンを選択しました。

「次へ」をタップします。

※以前はLINE Payカードが実は全国のコンビニなどでも購入することができましたが今は購入できなくなりました。

STEP3. 名前を漢字で入力する

LINE Payの申込者の名前を漢字で入力して、「次へ」をタップします。

STEP4. 郵便番号と住所を入力します

次に、郵便番号と住所を入力します。

この郵便番号と住所の場所にLINE Payカードが郵送されてきます。

STEP4. LINE Payカードが発送されてきたらチャージする

LINE Payカードの申込みを完了すると、1〜2週間くらいで自宅にLINE Payカードが送られてくるので全国のコンビニや銀行からチャージをします。

ここではLINEモバイルの契約と2ヶ月分の月額料金相当の5500円を入金しました。

LINE Payの3つのチャージ方法

LINE Payにチャージする方法は大きく3つあります。

LINE Payの3つのチャージ方法
  • コンビニ(ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップ、セイコーマート)からの入金(チャージ)
  • 銀行口座からの入金(チャージ)
  • Pay-easy ATM(ペイジー)からの入金(チャージ)

一番簡単なチャージ方法は全国にあるコンビニでチャージする方法です。

LINEモバイルのソフトバンク回線をLINE Payで契約申し込みする方法

LINEモバイルのソフトバンク回線を申し込む手順は、ソフトバンクからLINEモバイルへMNPする方法と手順で詳しくまとめていますが、ここでもポイントを抑えて紹介しておきます。

LINEモバイルをソフトバンク回線をLINE Payで契約申し込みする時の2つのポイント
  1. 回線選択でソフトバンク回線を選択する
  2. 支払い方法でLINE Payを選択する

ソフトバンクからLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

MNPの予約番号の入手(ソフトバンクから電話番号を引き継ぐ場合)

電話番号を引き継いで今使っている大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える時は事前に「MNP予約番号」の入手が必要です。

MNP予約番号が必要なパターン
  • ソフトバンクの電話番号をLINEモバイルに引き継ぎたい: MNP予約番号必要
  • ソフトバンクの電話番号をLINEモバイルに引き継がない: MNP予約番号不要
  • LINEモバイルで新しい電話番号を取得したい: MNP予約番号不要

下記の電話番号に電話するか、My softbankからMNP予約番号を発行できます。

My SoftBankでMNP予約番号を発行する方法

「設定・申込」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→「番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」

受付時間:9:00~21:30

STEP1.LINEモバイルの公式申込みページを開く

LINEモバイルの申し込みは公式申し込みウェブサイトから行います。

最初にLINEモバイルの公式申込ページを開きます。

下の方にスクロールすると、「お申込み」という

部分があるのでそこをタップします。

利用規約が表示されますで、内容を確認して

「上記事項に同意のうえ申込」をタップします。

STEP2.回線タイプと契約タイプ・プランの選択

LINEモバイルはSoftBank回線とdocomo回線の2つの回線から選べます

自分の使用する端末や使い方に合わせて

SoftBank回線かdocomo回線のSIMカードから選びます。

LINEモバイルの選べる2つの回線タイプ(docomo/SoftBank)
  • SoftBank回線: SoftBankのスマホやiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットにSIMロック解除不要でSIMカードを挿すだけでそのまま使えます。
  • docomo回線: SoftBankのスマホやiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットでdocomo回線を使う場合はSIMロックの解除手続きをすることで使えるようになります。

どちらの回線タイプであっても月額料金やデータ容量などは同じです。

変わるのはエリア(電波の入る場所の違い)だけです。

続けて、データ専用かデータ+音声かの契約タイプの選択と

「端末とセット」か「SIMカード単体」での申込みを選びます。

ここではSIMカード単体の「コミュニケーションフリー」の3GB/月

プランを例に選んでいます。

ここではデータ容量とサービスタイプを選択します。

コミュニケーションフリープランを上で選んでいるので

サービスタイプは「データ+SMS」か「データ+SMS+音声通話」

から選べます。ここでは「データ+SMS」を例として選択しています。

MNPで大手キャリアや他の格安SIMから電話番号を引き継ぐには

「データ+SMS+音声通話」を選択して取得したMNP予約番号を入力します。

STEP3.SIMカードのサイズの選択

ここではSIMカードのサイズは選択します。

iPhoneの場合は、すべての機種がnanoSIMなので

「ナノSIM」を選択します。

Androidスマホの場合はマイクロSIMが多いですが、

こちらのSIMサイズ対応表から検索してSIMサイズを確認して選択します。

プランの確認画面がでますので、

内容に間違いがないか確認します。

発送先住所、契約者情報の入力です。

  • 必要事項の氏名
  • カタカナ
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

を入力します。

利用者の設定ができるので

両親が子供向け契約することも可能です。

ここでは本人が申し込んでいるので

「利用者と契約者が同じです。」を選択しています。

利用規約を確認したらチェックして同意します。

次へ進むをタップします。

メールアドレスに本人確認書類の

アップロード案内メールが送られます。

STEP3.本人確認書類のアップロード

本人確認案内のメールが送られてくるので

送付されていたメール内に記載されていた

確認URLをタップします。

本人確認書類のアップロードをします。

本人確認ができる書類一覧がありますで

その1つを写真を撮影してアップロードします。

LINEモバイル本人確認書類一覧

本人確認書類一覧

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類

  • 公共料金領収書
  • 住民票

STEP4. 支払い方法の選択

ここでは支払いを選びます。

LINE Payで支払いをするのでLINE Payを選択します。

STEP5. 最終確認とアカウント作成

最後に、オンラインで利用状況を確認したり

プラン変更をしたりするためのMyページ用アカウントを作成します。

この画面が出たら申込み手続きは完了です!

2〜3日で自宅にSIMカードが郵送されてくるので

マニュアル通りに初期設定をするだけです!

まとめ

LINEモバイルはクレジットカードなしで契約ができる(クレジットカード不要で契約ができる)ソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)です。

ここではLINEモバイルをクレジットカードなしで契約するために必要なLINE Payの登録方法と、LINE Payを使ったLINEモバイルのソフトバンク回線の契約のやり方を詳しく紹介しました。

docomo回線の場合は、回線選択の場面で、ドコモ回線を選べばLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードが郵送されてきます。

LINEモバイルは、他にもメリットは多くあり、

ソフトバンク回線の格安SIMで最速の速度、ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除なしで使える、ソフトバンクのiPadはSIMロック解除なしで使える、ソフトバンクのAndroidスマホはSIMロック解除なしで使える、

ソフトバンクのAndroidタブレットはSIMロック解除なしで使える、テザリングが無料で使う放題(オプション契約不要)、LINEやSNSのデータフリー(カウントフリー)がある、SMSなしでLINEの新規登録や引き継ぎができる、

格安SIMで唯一年齢認証とIDの検索ができる格安SIMとなっていて、すべての格安SIMで一番利用者のことを考えてくれています。

他の格安SIMはクレジットカードでの支払いが必須なので申込みができなくても、LINEモバイルハLINE Payがあるのでクレジットカードが持てない理由があったり、なくてもLINEモバイルなら契約して格安SIMを使うことができます。

 
武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。LINEモバイルは2019年5月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル8大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

期間限定!全回線全プランで3ヶ月間毎月1,390円割引キャンペーン+10,000LINEポイントプレゼント実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و