LINEモバイルのよくある質問一覧

LINEモバイルは口座振替・銀行振込で支払いができる!方法手順

LINEモバイルは他の格安SIMと同じで契約申込画面では口座振替(銀行振込)を選択することはできませんが、LINE Payを使うことで口座振替が実現できます。そのためクレジットカードがなくても銀行口座さえあればLINEモバイルの契約も月額料金の支払いもできます。やり方と手順を1から10まで詳しくまとめました。

LINEモバイルのデータSIMから音声通話SIMに変更時の電話番号は?

LINEモバイルのデータ通信SIMから音声通話SIMに変更した場合は、2台持ちなどで他に電話番号があれば、今使っている電話番号を引き継ぐことができます。引き継ぐ電話番号がない場合は、データ通信SIMから音声通話SIMに乗り換える時には新しい電話番号になります。新規でもらえる電話番号や電話番号を引き継ぐ方法をまとめています。

LINEモバイルは地下鉄や電車内でも電波が入って使える格安SIM

LINEモバイルの格安SIMは地下鉄や電車内でも電波が入って使える格安SIMです。LINEモバイルは大手キャリアのdocomoやSoftBankの電波やアンテナなどの設備や回線を借りているため全く電波の入りやエリアはdocomoやSoftBankと同じです。通話品質も同じでした。その理由をどこよりもわかり安く紹介!

【必見】SoftBankのiPhoneはLINEモバイルで安くなる?料金と乗り換え方法

SoftBankからLINEモバイルに乗り換えるだけですぐに月額2000円程度になり大幅に節約できます。もちろん電話付きでこの料金なので一番選ばれている格安SIMです。SIMロック解除なしでそのまま電話番号を引き継いでMNP乗り換えができます。SoftBankからLINEモバイルへの乗り換えのメリットや方法手順と注意点を詳しく紹介しています。

【保存版】LINEモバイルの契約者連携・利用者連携の方法と手順

【まとめ】LINEモバイルの利用者連携や契約者連携をすると、LINEの年齢認証とID検索機能の有効化、データプレゼント、利用データ量の確認ができるようになるので契約者連携や利用者連携は必須です。LINEモバイルの利用者連携や契約者連携の機能や内容、必要な利用コードの発行と再発行の方法と手順をどこよりもわかりやすく解説!

LINEモバイルは複数の端末やスマホに差替えて使える格安SIM

LINEモバイルは1枚のSIMカードを複数のiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、LTE対応のパソコンやモバイルWiFiルーターで使い回しができる格安SIMです。月額500円から使えて複数のスマホやiPhoneや端末で使い回しができるので月額料金の節約ができる格安SIMです。方法や注意点を解説!