LINEモバイルのよくある質問一覧

【重要】LINEモバイルの通信速度は今度も速度が落ちない理由

LINEモバイルは他の格安SIMと違って長期間(長年)利用しても通信速度が低下することはありません。LINEモバイルは「回線品質の維持が最重要」と宣言しておりdocomo回線もSoftBank回線も速度低下を起こさない設備投資を積極的に行っていくとLINEモバイルの社長が宣言してして実際に実現されています。その理由は...

LINEモバイルの契約者連携・利用者連携とは?方法と手順

利用者連携や契約者連携をすると、LINEの年齢認証とID検索機能の有効化、データプレゼント、利用データ量の確認ができるようになるので契約者連携や利用者連携は必須です。LINEモバイルの利用者連携や契約者連携の機能や内容、必要な利用コードの発行と再発行の方法と手順をどこよりもわかりやすく解説していきます。

【必見】LINEモバイルは3Gでの通信や通話ができる格安SIM

LINEモバイルは3Gでの通信や通話に対応している格安SIMです。LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つのSIMカードを提供していますがどちらも、LTE(4G)だけでなく3Gでの通信と通話に対応しています。そのため山間部や地下でも電波が入り格安SIMで一番電波が入るといっても間違いありません。

LINEモバイルはiPadやタブレットで使える対応機種や方法手順

【必見】LINEモバイルの格安SIMはiPadでSIMロック解除なしでそのまま使えます!docomoのiPadやソフトバンクのiPad、SIMフリー版のiPadでLINEモバイルの格安SIMがそのまま利用できます。速度も早く快適です。LINEモバイルが対応しているiPad全対応リストと使用する方法と手順の詳細まとめ!

LINEモバイルはモバイルルーターで使える!対応ルーター方法手順

【月額500円】SIMフリーやdocomoやSoftBankのモバイルルーターやポケットWiFiにLINEモバイルの格安SIMを挿して格安モバイルWiFiルーターを作れます!月額料金500円の通信費だけで格安モバイルルーターを持てます。LINEモバイルで格安ポケットWiFiを作る方法と手順まとめ\(^o^)/

【保存版】LINEモバイルのかけ放題オプションの詳細を徹底解説

LINEモバイルには、かけ放題があります。具体的には10分以内の通話であれば通話料が無料になる月額880円の「10分かけ放題サービス」がオプションで用意されていて一ヶ月単位で付けたり外したりができます。1回の通話が10分以内であれば回数制限なしに通話料が無料でかけ放題になります。

LINEモバイルは速度切り替えや速度切替はできません!でも人気の理由!

結論から先に言うと、LINEモバイルは速度の切り替え(速度切替)、高速データ通信のON/OFF機能はないのでできません。しかし、カウントフリーというLINEやSNSのTwitterやFacebook、インスタグラムのデータなどを消費しないカウントフリーがあるので速度切替がなくても快適で月額料金も安くなったと評判です。

【最短】LINEモバイルのMNPの空白期間の時間と日数の詳細

LINEモバイルは即日MNPに対応しており、30分〜1時間程度の空白期間で回線が切り替わります。すべての格安SIMの中で空白期間は最短でdocomoやau、ソフトバンクなどからLINEモバイルに乗り換えることができます。実際の空白期間や不通期間は30分もないくらいでいつ回線が切り替わったのかわからないくらいです。

【必見】LINEモバイルのテザリングで接続できる最大数は何台?

LINEモバイルのSIMカード側にテザリングの台数制限はなく無制限なのでテザリングの同時接続台数は使用する端末やスマホで決まります。LINEモバイルの格安SIMはiPhoneやiPadでは5台、Androidスマホでは5〜8台がテザリングでインターネットに同時接続できます。テザリングは月額500円で無料で使い放題です。

LINEモバイルに最低利用期間や違約金・解約手数料はある?詳細

LINEモバイルのデータ通信専用プランには最低利用期間がないためいつ解約しても違約金や解約手数料はかかりません。音声通話機能付きプランを契約している場合は、12ヶ月の最低利用期間があるため12ヶ月以内の解約の場合は解約手数料9,800円(税抜)がかかります。13ヶ月目やそれ以降で解約すれば解約手数料はかかりません。