この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルでドコモ回線とソフトバンク回線を変更する方法手順

【保存版】LINEモバイルはソフトバンク回線とドコモ回線の2つの回線のSIMカード提供していて契約時に選択できるだけでなく契約後(契約中)であってもdocomo回線とSoftBank回線は相互に変更することが可能です。

結論を先に書くと、契約後に回線変更する方法はLINEモバイルのマイページから、変更する回線の種類を選んで手続きを完了させれば完了です。

回線変更には回線変更手数料として3000円(税抜)がかかります。

回線変更ができるのは音声通話SIMだけで、データSIM(SMSなし)またはデータSIM(SMS付き)の場合は回線の変更はできないので注意が必要です。

しかし回線変更した場合は契約期間は継続扱いとなるため音声通話SIMの12ヶ月間の最低利用期間の解約手数料(9,800円)は発生しません

LINEモバイルでドコモ回線とソフトバンク回線を変更する方法手順

LINEモバイルはドコモ回線を使ったSIMとソフトバンク回線を使ったSIMの2つがあって契約時に選択できるだけでなく、

契約後もドコモ回線とソフトバンク回線は相互に回線を変更することができます

LINEモバイル ドコモ回線とソフトバンク回線を変更する方法
  1. LINEモバイルのマイページにログインする
  2. 「各種手続き」のメニューを開く
  3. 「SoftBank回線に変更」または「docomo回線に変更」を選択する
  4. 「完了」ボタンを押して手続きを完了させる
しまりすさん
LINEモバイルは契約後でもドコモ回線とソフトバンク回線の相互回線変更ができるってとっても良心的だね〜♪
武中
そうだね。通常は一度解約になって高い手数料を取られるんだけどLINEモバイルは回線変更手数料の3000円だけで変更できるからとても良心的な内容となっているんだ!

LINEモバイルで契約後に回線変更する場合の10の注意点

LINEモバイルの格安SIMを契約後(契約中)にドコモ回線とソフトバンク回線の相互回線変更する時には注意点がいくつかあります。

LINEモバイルで契約後に回線変更する場合の注意点
  1. 回線変更した場合は契約期間は継続扱いとなるため音声通話SIMの12ヶ月間の最低利用期間の解約手数料(9,800円)は発生しない
  2. 回線変更申込から完了までの間はデータ容量の追加購入、解約やMNP予約番号発行が制限される
  3. 回線変更時はデータ容量の繰り越しはされない
  4. LINEモバイル契約中は回線制限なく何回でも回線の相互変更ができる
  5. 回線変更ができるのは音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)のみ
  6. データSIM(SMSなし)またはデータSIM(SMS付き)は回線変更はできない
  7. 毎月1日〜6日の間は回線変更の手続きができない期間がある
  8. 回線変更申し込みから14日以内(申込日を含む)に利用開始手続きを行わなかった場合、回線変更の申し込みは自動的にキャンセルされる
  9. 回線変更後の変更後の回線を利用するには、マイページから利用開始の手続きが必要
  10. 回線変更は申込後のキャンセルはできない

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いと比較

LINEモバイルで回線変更する場合の手数料は3000円(税抜)

LINEモバイルの格安SIMを契約後(契約中)に回線を変更する場合は、

回線変更には回線変更手数料として3000円(税抜)がかかります。

LINEモバイルの回線変更の手数料
  • 回線変更の手数料: 回線変更手数料として3000円(税抜)

この回線変更手数料を無料にする方法はないので

必要経費と思って割り切りましょう。

しまりすさん
回線変更手数料は必須と〜♪他の格安SIMの1/5くらいの値段で乗り換えができるね♪
武中
他社でもau回線とdocomo回線を提供している格安SIMがありますが回線変更の場合はだいたい15000円くらいの手数料がかかります。

LINEモバイルの回線変更は音声通話SIMのみ変更ができる

LINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の相互回線変更は音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)のみ回線変更が可能です。

LINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の相互回線変更はデータSIM(SMSなし)またはデータSIM(SMS付き)の場合は回線の変更はできません

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いと比較

LINEモバイルのデータ通信SIMの回線変更方法は再契約

データSIM(SMSなし)またはデータSIM(SMS付き)は最低利用期間も解約違約金なども一切ないので一度解約して、ドコモ回線またはソフトバンク回線のSIMカードを再契約すれば同じことになります。

LINEモバイルのデータ通信SIMの回線変更の手数料
  • データ通信SIMの回線変更の方法: LINEモバイルを解約して再契約

データSIM(SMSなし)またはデータSIM(SMS付き)一度解約して再契約する場合は契約事務手数料として3000円(税抜)がかかります。

しまりすさん
データ通信SIMの場合は最低利用期間もないし再契約しても事務手数料だけだからほとんど負担なく回線変更ができるね〜♪
武中
そうだね。LINEモバイルは手数料関連はとても良心的でユーザー思いな会社だからね。

LINEモバイルで回線変更する場合の利用開始日の詳細

ドコモ回線からソフトバンク回線に回線変更した時の利用開始日

LINEモバイルでドコモ回線からソフトバンク回線に回線変更した場合の利用開始日は、「利用開始手続きが完了した翌日」です。

LINEモバイル ドコモ回線からソフトバンク回線に回線変更の利用開始日
  • 利用開始日: 利用開始手続きが完了した翌日

利用開始手続きはLINEモバイルのマイページの「利用開始手続きをする」ボタンを押してから2~3時間以内で完了します。

ただし、17時〜翌朝10時の間に「利用開始手続きをする」ボタンを押した場合は翌日の10時以降が利用開始日となり回線変更が完了します。

ソフトバンク回線からドコモ回線に回線変更した時の利用開始日

LINEモバイルでソフトバンク回線からドコモ回線に回線へこうした場合の利用開始日は、「利用開始手続きが完了した翌日」です。

LINEモバイル ソフトバンク回線からドコモ回線に回線変更の利用開始日
  • 利用開始日: 利用開始手続きが完了した翌日

利用開始手続きはLINEモバイルのマイページの「利用開始手続きをする」ボタンを押してから2~3時間以内で完了します。

ただし、17時〜翌朝9時の間に「利用開始手続きをする」ボタンを押した場合は翌日の9時以降が利用開始日となり回線変更が完了します。

LINEモバイルは契約後のドコモ回線とソフトバンク回線の相互回線変更ができる使いやすい格安SIM

LINEモバイルはソフトバンク回線とドコモ回線の2つの回線のSIMカード提供していて、

契約時に選択できるだけでなく契約後(契約中)であってもdocomo回線とSoftBank回線は相互に変更することができる使いやすい格安SIMです。

回線変更は回線変更手数料として3000円(税抜)だけでできることや、

回線変更した場合は契約期間は継続扱いとなるため音声通話SIMの12ヶ月間の最低利用期間の解約手数料(9,800円)は発生しないことからLINEモバイルはとても良心的な格安SIMと言えます。

契約させれば終わりの格安SIM(MVNO)が多くあるなか、LINEモバイルは契約後や契約中の利用者のことを最大限考えてくれている良心的な格安SIMです。

格安SIMを検討している方はLINEモバイルの格安SIMを選んでおけば必ずLINEモバイルを選んでおいてよかった!と心から感動する時が来ます。

なぜならLINEモバイルはソフトバンクの資本を使って大赤字でサービスを提供しているので他のどの格安SIMよりもコスパがよく使いやすい格安SIMだからです。