当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

iPhone SEのSIMカードのサイズはnanoSIM(ナノSIM)

結論を先に書くと、2020年発売のiPhoneSEのSIMカードのサイズは「nanoSIM(ナノシム)」です。

iPhone5以降に発売されたiPhoneは全てnanoSIMなので、SIMサイズを変えずにそのまま新iPhone SEに挿し込んで使うことができます。

そこでこの記事では、nanoSIMが使える携帯会社と安くiPhone SEを利用する方法を紹介します。

nano(ナノ)SIMが使える携帯会社一覧

まず、iPhone SEに対応するnanoSIMを扱っている代表的な携帯会社をまとめました。

会社 分類
NTTドコモ 大手
au 大手
ソフトバンク 大手
LINEモバイル 格安
UQモバイル 格安
ワイモバイル 格安

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアはもちろん、月2,000〜3,000円の料金で利用できる格安SIM事業者もnanoSIMに対応しています。

1番安くiPhoneSEを利用する方法

最新のiPhone SEを1番安く利用する方法は、「格安SIMと本体をネットで購入する組み合わせ」です。

ちなみに最新のiPhoneSEは、AppleStore(アップルストア)で購入すればいいです。

アップルストアはこちら

ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアと格安SIM、どのくらい月の料金が違うのか計算してみました。

2年使った時の格安SIMと大手携帯会社の料金を比較

この料金は新規契約した場合の料金です。全社共通の事務手数料などは考慮していません。

会社名 2年の総額 1ヶ月の料金
NTTドコモ 105,072円 4,378円
au 78,672円 3,278円
ソフトバンク 98,472円 3,278円 ※1
LINEモバイル 35,520円 1,480円
UQモバイル 47,520円 1,980円
Yモバイル 60,120円 1,480円 ※2

※1 7ヶ月以降は月4,378円   ※2 7ヶ月以降は月1,980円

2年の利用料金が1番安いのはLINEモバイルで35,520円。大手キャリアで1番安いのはauで78,672円のため、その差額は43,152円です。

最新のiPhoneSE(64GB)の本体価格が44,800円なので、大手キャリアからLINEモバイルに切り替えて使うことでほぼ無料で買えるイメージといっても過言ではありません。

安くお得にiPhoneSEを使いたいという人は、LINEモバイルを使ってみてください!

武中
LINEモバイルの格安SIMを契約するときには間違わないように「nanoSIM(ナノシム)」を選ぶようにしましょう。

>>LINEモバイル公式サイトへ

最近のiPhoneのSIMサイズは全てnanoSIM

iPhone5以降のiPhoneのSIMカードのサイズはnanoSIMです。

iPhoneSEは「nanoSIM(ナノシム)なので

間違わないでくださいね。

ちなみにnanoSIM(ナノシム)はSIMカードの3つあるサイズのうち、

一番小さなサイズです。

LINEモバイルも申し込み時に選択部分がある

LINEモバイルの申し込み時のSIMサイズの選択部分があります。

iPhoneの場合は、すべての機種がnanoSIMなので

「ナノSIM」を選択します。

iPhoneSEのLINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の選び方

LINEモバイルはドコモ回線(docomo回線)とソフトバンク回線(SoftBank回線)の2つの回線をLINEモバイルの契約申し込み時に自分で自由に選択することができます。

SoftBank版のiPhoneSEはLINEモバイルのソフトバンク回線を選ぶ

SoftBankで販売されていた(購入した)iPhoneSEの場合は、LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードを選んでください

LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードを選ぶとiPhoneSEのSIMロックを解除しなくてもLINEモバイルのSIMカードをさすだけでデータ通信(インターネット)も音声通話(音声通話SIMを契約していた場合)も使えます。

docomo版のiPhoneSEはLINEモバイルのドコモ回線を選ぶ

docomoで販売されていた(購入した)iPhoneSEの場合は、LINEモバイルのドコモ回線のSIMカードを選んでください

LINEモバイルのドコモ回線のSIMカードを選ぶとiPhoneSEのSIMロックを解除しなくてもLINEモバイルのSIMカードをさすだけでデータ通信(インターネット)も音声通話(音声通話SIMを契約していた場合)も使えます。

au版のiPhoneSEはSIMロックを解除してLINEモバイルのドコモ回線を選ぶ

auで販売されていた(購入した)iPhoneSEの場合は、SIMロックを解除しないとLINEモバイルのSIMカードは使えないので、SIMロックを解除してから、LINEモバイルのドコモ回線のSIMカードを選んでください

iPhoneSEをSIMロック解除してあれば、LINEモバイルのドコモ回線のSIMカードをさすだけでLINEモバイルのSIMカードをさすだけでデータ通信(インターネット)も音声通話(音声通話SIMを契約していた場合)も使えます。

SIMフリー版のiPhoneSEはLINEモバイルのドコモ回線を選ぶ

もともとSIMロックが掛かっていないSIMフリーのものやSIMロックを解除したSIMフリー版のiPhoneSEはLINEモバイルのdocomo回線のSIMカードを選んで下さい

LINEモバイルのドコモ回線のSIMカードをさすだけでLINEモバイルのSIMカードをさすだけでデータ通信(インターネット)も音声通話(音声通話SIMを契約していた場合)も使えます。

SoftBank回線でも使えますが、docomo回線と比べてエリアの広さや電波の入りやすさが劣るのでSoftBank回線を特に選ぶ理由はありません。

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の比較

SIMカードのサイズを間違えて申し込みしてしまったら?

もし間違えてSIMカードのサイズを間違えて申し込みして、自宅にSIMカードが届いてしまったらSIMサイズの交換手数料として3000円が取られてしまいます。

そのため、申し込み時のSIMカードのサイズの選択はとても大事です。

武中
もし、申込み直後にSIMカードのサイズを間違えたことに気がついたらすぐに申し込みをキャンセルすればタイミングがよければキャンセルすることができます。キャンセル後にもう一度正しいSIMカードのサイズで申し込めばOKです。

iPhoneSEはLINEモバイルでスマホセットで購入できる

iPhoneSEはアップルストアやdocomoやSoftBankで契約したりすることができますが、LINEモバイルを契約する時にiPhoneSEのスマホをセットで購入することも出来ます。

LINEモバイルはSIMカード単体でも人気ですが、iPhoneSEとのセット購入も人気があります。

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

【保存版】パソコン・PCから申し込み契約する方法と手順

LINEモバイルのiPhone SEのセットのスマホ価格

LINEモバイルのセットスマホの価格はiPhone SE 32GBが30,800円(一括)でiPhone SE 128GBが40,800円(一括)となっています。

iPhone SEには16GBや64GBのラインナップはありません。

武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。 LINEモバイルは2020年4月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル6大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

初月無料+2ヶ月目1,480円割引+5,000円分プレゼント実施中!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و