当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルがミニマリストに人気な理由と開通までの全手順

【固定費超節約♪】LINEモバイルはミニマリストで大人気の格安SIMである理由は、

月額料金が安いから固定費が安くなる、docomo回線とSoftBank回線があるので田舎や山間部でも繋がる、テザリングが無料で使える、格安SIMで最速の通信速度

LINE・Twitter・Facebook・Instagramをどれだけ使用しても使用したデータ量としてカウントされないデータフリー(カウントフリー)がある、LINEの年齢認証ができる、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankなどから電話番号を引き継いでそのまま乗り換えができるのが理由です。

また、docomoで契約したiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであればSIMロックを解除しなくても電話番号をそのまま引き継いでLINEモバイルに乗り換えることができます。

データ通信SIMなら月額500円だけで、070/080/090の音声通話SIMでも月額1200円+通話料は使った分だけでiPhoneやスマホを持てるので固定費である通信費を大幅に節約することができます。

武中
大手キャリアと比べてLINEモバイルは月額料金が大幅に安いので速く乗り換えるほど節約効果が高くて得をします。

目次

LINEモバイルがミニマリストに人気な理由

LINEモバイルはミニマリストにとても人気があります。

その理由はいくつかあって、月額料金が大手キャリアの1/3以下ですべての格安SIMで最安の月額料金、docomo回線とSoftBank回線があるので田舎や山間部でもどこでも繋がるテザリングが無料で使える、格安SIMで最速の回線速度

LINE・Twitter・Facebook・Instagramをどれだけ使用しても使用したデータ量としてカウントされないデータフリー(カウントフリー)がある、

LINEの年齢認証ができる、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankなどから電話番号を引き継いでそのまま乗り換えができる2年縛りがないのが理由です。

LINEモバイルがミニマリストに選ばれている14の理由とメリット

LINEモバイルがミニマリストに人気で爆発的に選ばれている理由は多く、他の格安SIMにはない14個の理由からLINEモバイルが選ばれています。

LINEモバイルがミニマニストに人気選ばれる14の理由
  1. 月額料金が安いから固定費が安くなる
  2. docomo回線とSoftBank回線があるので田舎や山間部でも繋がる
  3. LINEモバイルはテザリングが無料で使える
  4. 格安SIMで唯一LINEの年齢認証とID検索が使える
  5. LINEの新規登録や引き継ぎでSMS認証がいらいない
  6. LINEモバイルは格安SIMで最速の通信速度
  7. LINEとSNSが使い放題で速度制限の対象外
  8. 自分のスマホやiPhoneに保障がつけられる
  9. 月額料金の1パーセントがLINEポイントとして貯まる
  10. LINEがモバイルは月額料金が初月無料で使える
  11. 余ったデータ通信量は翌月に繰越されるので無駄がない
  12. データ通信SIMなら月額500円で音声通話付きSIMでも月額1200円で使える
  13. LINEモバイルは2年縛りがない格安SIM
  14. docomoやSoftBankのiPhoneやスマホはSIMロック解除なしでLINEモバイルが使える
武中
では具体的にLINEモバイルがミニマリストに人気で選ばれている13個の理由を1つ1つ詳しく紹介してきます。

理由その1.月額料金が安いから固定費が安くなる

LINEモバイルが選ばれている理由として一番ウェイトが大きいのが月額料金の安さです。

ミニマリストとして無駄な固定費をできるだけ抑えたいという望みを叶えてくれる月額料金の設定になっています。

武中
一番安いプランだとデータ通信(インターネット)のみのSIMで月額500円、070/080/090の電話番号からはじまる音声通話機能をつけても月額1200円だけで使えます。

LINEモバイルの月額料金とプラン一覧まとめ

【保存版】LINEモバイルの格安SIMの全プランと料金完全まとめ

LINEモバイルの全プランのなかで一番人気がある3GBプランでも月額料金は安くデータ通信(SMS付き)のプランで付き1110円、

070/080/090の電話番号からはじまる音声通話機能をつけても月額1690円だけで使えるため、固定費の節約効果がとても高い格安SIMなのです。

LINEモバイルにも10分電話かけ放題オプションがある

LINEモバイルには月額880円のオプション料金だけで誰に電話しても1回の通話が10分間以内であれば通話料金が無料になる「10分間電話かけ放題オプション」があります。

音声通話SIMを契約していて専用のアプリからかけるだけでLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランでのどのプランでも利用でき、

1回10分以内の通話であれば通話料が無料になります。

武中
10分を超える通話の場合は一度10分で電話を切って掛け直せば同じ相手でも通話料無料が何度でも適用されます。

【保存版】LINEモバイルの「10分間電話かけ放題」を徹底解説!

【保存版】LINEモバイルの通話かけ放題オプションの詳細を徹底解説

理由その2.docomo回線とSoftBank回線があるので田舎や山間部でも繋がる

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いを徹底比較

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つの回線の格安SIMを提供しているマルチキャリアの格安SIM(MVNO)です。

ミニマリストは固定費の生活コストの安い山間部や田舎に引っ越して生活することもよくあり、山間部などでも安定して電波がはいることは重要です。

武中
LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つの回線のどちらかを契約時に自由に選択することができます。

ドコモは山間部でも人がいる場所であればどこでも電波が入るように鉄塔を建てててアンテナと基地局を設置しています。そのためどれだけ山間部でも電波が入りますし、安定して使うことができます。

SoftBank回線は、だいぶ山間部でも電波がはいるように整備されてきましたがまだドコモのエリアの広さには負けています。

武中
なのでどちらの回線を選んだらいいのか通っていたらまずはdocomo回線を選択し、今現在SoftBankを使っていて電波に困ったことがなければSoftBank回線を選んでも問題はないといえます。

SoftBank回線を選ぶ人がいる理由は、SoftBankのiPhoneやAndroidスマホをSIMロック解除していなくてもLINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードならそのまま使えることと、docomo回線よりもSoftBank回線のほうが通信速度が速いからです。

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いを徹底比較

LINEモバイルのdocomo回線とソフトバンク回線の通信速度の計測結果

理由その3.LINEモバイルはテザリングが無料で使える

LINEモバイルはテザリングが無料で使えます。

月額500円のデータ通信専用プランでもどのプランでもLINEモバイルでテザリングをするのにオプション契約や追加料金は一切必要なく無料で使えます。

LINEモバイルの格安SIMのテザリングの料金
  • LINEモバイルのdocomo回線: テザリングが完全無料で使える
  • LINEモバイルのSoftBank回線: テザリングが完全無料で使える

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量のプランが用意されています

5GB,7GB,10GBのデータ容量の多いプランを契約してLINEモバイルのテザリング機能を使ってモバイルWiFiルーターの代わりとして利用すればインターネットの回線の契約をしなくても良くなるので大幅に通信費を節約できます。

もし契約している1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量を使い切ってもデータ通信(インターネット)が使えなくなるわけではなく速度が少し遅くなるだけで高画質な動画が視聴できなくなるくらいなので、データ容量の少ないプランを契約して速度の遅いまま使っている人も多くいます。

理由その4.格安SIMで唯一LINEの年齢認証とID検索が使える

LINEのID検索を使うために必要になるがLINEの年齢認証です。

LINEの年齢認証ができるのは、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankまたは格安SIMのLINEモバイルだけです。LINEモバイルは格安SIMで唯一LINEの年齢認証ができる格安SIMです。

格安SIMではLINEモバイル以外の格安SIMは年齢認証が出来ないのでID検索機能が使えませんがLINEモバイルだけは年齢認証ができるのでLINEの連絡先の交換が大手キャリアのdocomo、au、SoftBankを契約している時と同じように利用できるんでとても便利です。

理由その5.LINEの新規登録や引き継ぎでSMS認証がいらいない

LINEの新規登録や他のスマホからLINEアカウントを引き継ぐ場合には、電話番号を使った認証番号での本人確認をするSMS認証やFacebook認証がいりません。

通常、格安SIMでLINEの新規登録やLINEアカウントを引き継ぐ場合にはSMS認証があるので、データ通信SIMだけの契約であっても月額120円〜150円かかるSMSオプションの契約が必須ですが、

LINEモバイルはSMSオプションの契約をしなくてもLINEの登録や引き継ぎができる唯一無二の格安SIMです。

そのためLINEを使用するためだけならLINEフリープランの1GBの月額500円のデータ通信のみのSIMの契約だけでいいのです。

武中
たった月額120円〜150円の違いと思うかもしれませんが無駄な固定費が排除できる格安SIMはそれだけでも大きなメリットになります。

理由その6.LINEモバイルは格安SIMで最速の通信速度

LINEモバイルはdocomo回線を使ったSIMカードとSoftBank回線を使ったSIMカードの2つがありますが、LINEモバイルはすべてのdocomo回線系のSIMカードとSoftBank回線系のSIMカードで通信速度が一番速い格安SIMです。

格安SIMは通信速度が遅いという常識を覆した画期的な格安SIMでデビュー以来1年以上たっている時点でも高速な通信速度を維持しています。

LINEモバイルのドコモ回線のSIMを挿したiPhoneを持って東京メトロ大手町駅のホームで9時ごろに測定してきた結果です。

LINEモバイルのモバイルのソフトバンク回線を東京メトロ大手町駅のホームで9時ごろに測定した結果です。

LINEモバイルはdocomo回線でもSoftBank回線でも十分すぎるくらいの速度が出ていてとにかく快適に使えます。アプリのダウンロードや動画の視聴、ビデオ通話は自宅のWiFiに接続しているのではないかと錯覚するレベルの快適さです。

理由その7.LINEとSNSが使い放題で速度制限の対象外

LINEモバイルのカウントフリー機能(データフリー機能)は、LINEでの音声通話やビデオ通話、トーク(チャットでのメッセージのやり取り)画像や動画の送受信や、タイムライン、LINEアプリ上のニュースタブから見るニュース、TwitterやFacebook、インスタグラム、インスタグラムのIGTVのSNSの通信を使ったデータ使用量としてカウントしない機能です。

LINEモバイルのプラン別カウントフリーになる通信内容の詳細
  • LINEフリープラン: LINEの通信は全てカウントフリー
  • コニュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信は全てカウントフリー
  • MUSIC+プラン:  LINEとSNSとLINE MUSICの通信は全てカウントフリー

SNSとはTwitter,Facebook,インスタグラムのことです。

※2018/7/2に「カウントフリー」は「データフリー」に名称変更されました。

LINEモバイルのデータフリー(カウントフリー)の詳細

対象アプリ「カウントフリー(データフリー)」の対象となる通信内容
LINEトーク

  • テキスト及び音声メッセージの送受信
  • スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
  • 無料通話、ビデオ通話

タイムライン

  • 画面閲覧、画像・動画を含む投稿
  • タイムラインの閲覧
  • タイムラインへのコメントの投稿

その他

  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウントの設定
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • 「その他」画面の表示
Twitter
  • タイムライン画面の表示
  • 画像・動画を含むTwitterへの投稿
  • 「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
  • メッセージ機能の利用
  • プロフィール編集
Facebook
  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示
  • Facebookへの画像・動画を含む投稿
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィール編集
Instagram
  • タイムラインの画面表示
  • 画像・動画を含むインスラグラムへの投稿
  • ストーリーの画面表示
  • ストーリーへの画像・動画を含む投稿
  • 検索画面での検索
  • 画像・動画を含む検索結果の表示
  • アクティビティの画面表示
  • ダイレクトメッセージの利用
  • プロフィールの編集
LINE MUSIC
  • 「ホーム」「カテゴリ」「検索」の画面表示と利用
  • 「マイミュージック」の画面表示と利用
  • 音楽の視聴
  • 音声の視聴
  • オフライン再生のための音楽のダウンロード

LINEモバイル「カウントフリー(データフリー)」の詳細と対象通信

LINEモバイルの月額500円のLINEフリープランはLINEが無料で使い放題

月額500円のLINEフリープランであってもLINEアプリでの通信はすべてカウントフリー(データフリー)が適用されるのでセカンドスマホやタブレット用、子供のスマホ用の格安SIMとして爆発的な人気があります。

【安心500円運用】子供用スマホにLINEモバイルが最適な4つの理由!

理由その8.自分のスマホやiPhoneに保障がつけられる

LINEモバイルはLINEモバイルでセットで購入したスマホ以外での自分が使っているiPhoneやAndroidスマホにも保証を付けることができる「端末保証オプション」という画期的な保証サービスを提供しています。

月額500円の「端末保証オプション」を付けることで「1回目4000円」「2回目8000円」の金額で水没は破損などの修理を受けることができます。

例えば大手キャリアのdocomoの「ケータイ保証」は「1回目5000円」「2回目8000円」という金額になっているので、

自分のiPhoneやスマホに保証が付けられる「端末保証オプション」の価格設定は妥当でアップルケアなどと比べると破格で利用できる保証オプションです。

理由その9.月額料金の1パーセントがLINEポイントとして貯まる

LINEモバイルは格安SIMで唯一、毎月払っているLINEモバイルの格安SIMの月額料金の1%がLINEポイントとして還元される制度があります。

貯まったLINEポイントは現金に返還したりギフト券に交換できるだけでなく、LINEモバイルの月額料金の支払いにも使えるので無駄がありません

LINEポイントが変更できるものギフト券やポイント
  • Amazonギフト券
  • JALポイント
  • メトロポイント
  • Pontaポイント
  • nanacoポイント
  • LINE Payにチャージして現金化

【保存版】LINEモバイルの料金をLINEポイントで支払う方法手順

理由その10.LINEモバイルは月額料金が初月無料で使える

LINEモバイルは初月月額料金無料キャンペーを実施中で契約をした初月の月額料金がどのプランであっても月額料金が全額無料になります。

LINEモバイルの初月無料の「初月」とは、LINEモバイルの利用開始日から利用開始日の月の月末までです。

LINEモバイルの新規契約とMNPの利用開始日
  • 新規契約の場合: LINEモバイルのSIMが発送された2日後(発送日は除く)
  • MNP乗り換えの場合: LINEモバイルのSIMカードで初めてデータ通信をした日

【保存版】LINEモバイルの初月無料の詳細と最大限活用する裏技

武中
LINEモバイルはプラン変更の手数料が無料なので高速データ容量の一番多い10GBをもらってプラン変更すれば最大限得になります。

LINEモバイルのプラン変更はLINEモバイルのマイページから手続きをすると翌月の1日から変更後のプランが適用される仕組みになっています。

理由その11.余ったデータ通信量は翌月に繰越されるので無駄がない

LINEモバイルは余ったデータ容量の自動翌月繰り越し(パケット・ギガ繰り越し)ができる格安SIMです。

契約している1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの全てのプランで、当月に余ったデータ容量は翌月に自動的に繰り越されます。

何もしなくても自動的に余ったデータ量は翌月のデータ量に加算される形で繰越がされるので無駄がありません。

【必見】LINEモバイルはデータ繰り越しに対応している格安SIM

理由その12.データ通信SIMなら月額500円で音声通話付きSIMでも月額1200円で使える

LINEモバイルはデータ通信のみのSIMなら月額500円音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)なら月額1200円だけで利用できる格安SIM最安値で利用できる格安SIMです。

月額500円のデータ通信SIMと050のIP電話アプリを組み合わせることでデータ通信SIMで音声通話も使う方法もあるのでこちらの方法を使うとさらに通信費を抑えることができます。

具体的にはSMARTalkというIP電話アプリを使用します。SMARTalkは月額料金がかからずに使えて通話料金もLINEモバイルの通話料金よりも安いので確実に通信費を安くできる裏技なのです。

SMARTalkは月額料金や基本料金の詳細
  • SMARTalkの月額料金: 無料(0円)
  • SMARTalkの基本料金: 無料(0円)
  • 電話を発信(こちらからかけた場合): 一律8円/30秒
  • 電話を着信: 何時間通話しても通話料は無料(0円)

【必見】月額500円だけでネットも電話もできる格安SIMはLINEモバイル

理由その13.LINEモバイルは2年縛りがない格安SIM

LINEモバイルの格安SIMにはdocomo、au、SoftBankなどにある2年縛りはありません

音声通話SIMには12ヶ月の最低用期間がありますが、データ通信専用プランであればいつやめても違約金などは一切かかりません

音声SIM(データ通信+音声通話プラン)の場合は他の格安SIMと同様に1年以内のサービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円の解約手数料が発生します。

LINEモバイルの2年縛り・解約金や違約金の詳細
  • LINEモバイルの格安SIM: 2年縛りがない格安SIM
  • データ通信専用プランの場合: 1ヶ月で解約しても違約金や解約金は発生しない
  • データ通信+音声通話プランの場合: 1年以内のサービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円の解約手数料が発生(どの格安SIMでも同じ)

LINEモバイルの音声通話SIMを契約して13ヶ月目移以降はどのタイミングでもLINEモバイルを解約したり他社の格安SIMに電話番号をそのまま引き継いで乗り換えができるMNPで乗り換えても違約金や解約金は一切発生しません。とても良心的な格安SIMです。

理由その14.docomoやSoftBankのiPhoneやスマホはSIMロック解除なしでLINEモバイルが使える

LINEモバイルはSoftBank回線のSIMカードとdocomo回線のSIMカードの2つの回線のSIMカードを提供しています。

LINEモバイルの格安SIMはdocomoのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、ソフトバンクのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、

SIMフリー(SIMロックを解除したものも含む)のiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットであればSIMロック解除不要でSIMカードを挿入するだけで利用できます

そのため今まで使っていたiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットを再利用することができて無駄がありません。

LINEモバイルが使えるiPhoneやスマホの対応リスト
  • docomoのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのドコモ回線のSIMでSIMロックなしで使える
  • ソフトバンクのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのSoftBank回線SIMでSIMロックなしで使える
  • auのiPhoneやスマホ: SIMロックを解除すればドコモ回線とソフトバンク回線のどちらでも使える
  • SIMフリーのiPhoneやスマホ: ドコモ回線とソフトバンク回線のどちらでも使える

auのiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットはSIMのロック解除が必要(解除手数料無料)でSIMロック解除手続きをしたらLINEモバイルの格安SIMが利用できるようになります。

武中
そのためソフトバンクのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットで使う場合はソフトバンク回線を選択して下さい。
武中
docomoのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットで使う場合はドコモ回線を選択して下さい。

ただしauのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットはすべての機種がSIMロックを解除できるだけではなく条件があります。詳しくは下記の記事でまとめましたので参考にしてみて下さい。

auからSIMロックを解除してLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

LINEモバイルの契約申し込みの方法と手順

LINEモバイルの契約申し込みの手順
  1. MNP予約番号を発行(5分)※電話番号を引継ぐ場合のみ
  2. SIMロックを解除(10分)※必要なスマホやiPhoneの場合のみ
  3. LINEモバイルを公式申込みページから申し込む(10分)
  4. SIMカードが届いたら開通手続きをする(5分)※音声通話SIMのみ
  5. SIMカードが届いたら初期設定をする(5分)
※LINEモバイルはMNP予約番号の有効期限が残り10日以上必要なのでMNP予約番号を発行する際には直前に発行する必要があります。

MNPの予約番号の入手

電話番号を引き継いで今使っている大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える時は事前に「MNP予約番号」の入手が必要です。

LINEモバイルに電話電話番号を引き継がないで新規で申し込む場合や、今までスマホや携帯電話を持っていないでLINEモバイルがはじめてのスマホやiPhoneの場合はこのMNP予約番号の入手手続きは不要です。

武中
それぞれのキャリアは下記の方法でMNP予約番号を発行できます。MNP予約番号発行の手数料は無料です。

LINEモバイルで使うスマホやiPhoneの入手

LINEモバイルで使うスマホやiPhoneの入手方法は大きく2つあります。

1つ目はヤフオクやメルカリ、ラクマ、Amazonや楽天市場などからスマホやiPhoneを購する方法。2つ目はLINEモバイルでスマホをセット購入する方法です。

LINEモバイルで使うiPhoneやスマホの端末の入手方法
  1. 自分でスマホやiPhoneを入手する
  2. LINEモバイルでスマホをセット購入する

はじめてのスマホの場合やスマホの操作に慣れていない、離れて暮らす家族のためのスマホであればLINEモバイルでセット購入するほうがいいです。LINEモバイルでスマホをセット購入するとSIMカードを単体購入する時に必要な初期設定をしなくてもよくなります。

LINEモバイルから届いたスマホの電源を入れるだけですぐにデータ通信(インターネット)も音声通話も使えるようになっているので簡単で便利です。

TIPS: パソコン(PC)の場合の申込み手順もまとめています

パソコン(PC)からの申込み手順もこちらにまとめています。

パソコン(PC)から申し込み契約する方法と詳細な手順まとめ

スマホの方は下のSTEP1から進めていければ申し込みができます。

STEP1.LINEモバイルの公式申込みページを開く

LINEモバイルの契約申し込みは公式申し込みページから行います。

日本全国どこでもSIMカード単体でもスマホとセットでも発送してくれます。

LINEモバイルの公式申込ページを開きます。

下の方にスクロールすると、「お申込み」という

部分があるのでそこをタップします。

利用規約が表示されますで、内容を確認して

「上記事項に同意のうえ申込」をタップします。

武中
続きのLINEモバイルの申し込み方法の詳細は下記に画像大量の手順で詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

LINEモバイルの初期設定の方法は下記にまとめていますので参考にしてみて下さい。

LINEモバイルは固定費節約効果が高く高性能・高コスパの格安SIMでミニマニストに大人気

LINEモバイルは月額料金がとても安いため固定費の節約効果が高い格安SIMです。

固定費である通信費の節約であればまずはスマホを格安SIMのLINEモバイルに乗り換える人が多くいます。それだけ節約効果が高く、LINEモバイルに乗り換えた当月からすぐに効果が出て実感できるのが面白いというのもあります。

その理由はいくつかあって、月額料金が大手キャリアの1/3以下ですべての格安SIMで最安の月額料金がない、docomo回線とSoftBank回線があるので田舎や山間部でも繋がる、テザリングが無料で使える、格安SIMで最速の回線速度

LINE・Twitter・Facebook・Instagramをどれだけ使用しても使用したデータ量としてカウントされないデータフリー(カウントフリー)がある、LINEの年齢認証ができる、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankなどから電話番号を引き継いでそのまま乗り換えができる、2年縛りがないのが理由です。

LINEモバイルがミニマリストに人気の14の理由まとめ

LINEモバイルがミニマリストに人気で爆発的に選ばれている理由は多く、他の格安SIMにはない14個の理由からLINEモバイルが選ばれています。

LINEモバイルがミニマニストに人気選ばれる14の理由
  1. 月額料金が安いから固定費が安くなる
  2. docomo回線とSoftBank回線があるので田舎や山間部でも繋がる
  3. LINEモバイルはテザリングが無料で使える
  4. 格安SIMで唯一LINEの年齢認証とID検索が使える
  5. LINEの新規登録や引き継ぎでSMS認証がいらいない
  6. LINEモバイルは格安SIMで最速の通信速度
  7. LINEとSNSが使い放題で速度制限の対象外
  8. 自分のスマホやiPhoneに保障がつけられる
  9. 月額料金の1パーセントがLINEポイントとして貯まる
  10. LINEがモバイルは月額料金が初月無料で使える
  11. 余ったデータ通信量は翌月に繰越されるので無駄がない
  12. データ通信SIMなら月額500円で音声通話付きSIMでも月額1200円で使える
  13. LINEモバイルは2年縛りがない格安SIM
  14. docomoやSoftBankのiPhoneやスマホはSIMロック解除なしでLINEモバイルが使える

LINEモバイルの格安SIMの乗り換えるといい人

LINEモバイルの格安SIMに乗り換えるといい人をまとめました。

下記のどれかに当てはまるならLINEモバイルに乗り換えると大幅に固定費であるスマホ代(通信費)を抑えることができ無駄な出費がなくなるので無駄のない生活にまた1歩近づくことができます。

LINEモバイルに乗り換えるのをおすすめできる人
  • 今使っているスマホの通信費を節約したい
  • 格安SIMでも通信速度と電波の入り具合・エリアを重視したい
  • LINEで有名なLINEでモバイルの格安SIMなら安心だと思える人
  • LINEの音声通話やビデオ通話をよく使う人
  • インターネットの固定費をテザリングで削減したい
  • Twitter、Facebook、インスタグラムをよく使う
  • 自分のスマホやiPhoneに保証を付けて格安SIMを使いたい
  • 格安SIMでもLINEの年齢認証とID検索機能が使いたい
  • 大手キャリアの2年縛りや契約更新月から開放されたい
武中
LINEモバイルは必要なものを必要なものだけが実現できるミニマリストの強い味方の格安SIMです。

LINEモバイルの契約申し込み方法や、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankなどから電話番号を引き継いでそのまま乗り換えができるMNPの方法まで必要な情報をくわしくまとめましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。 LINEモバイルは2019年7月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル6大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

期間限定!4ヶ月間スマホ代月300円キャンペーン+5,000円割引実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و