当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【保存版】LINEモバイルのテザリングを徹底的に解説!テザリングの方法や料金iPhoneやiPad&Androidでカウントフリーを適用させてテザリングをする方法と手順

LINEモバイルは無料でテザリング機能が無料で使い放題の格安SIMです。

LINEモバイルはiPhoneやiPad、XperiaやGalaxyなどのAndroidスマホやタブレットで無料でテザリングが使い放題です。LINEモバイルはテザリング先でもカウントフリーが適用されます。

大手キャリアのdocomo、au、ソフトバンクではテザリングは有料オプションの500円ですがLINEモバイルは完全無料でテザリングが使えます。

LINEモバイルにはdocomo回線のSIMカードとSoftBank回線を使っているSIMカードの2種類があって契約時に選択できますが、docomo回線でもSoftBank回線でもLINEモバイルはテザリングが無料で使えます。

ここではLINEモバイルでのテザリングの方法や手順、料金やテザリング時の通信速度、注意点をどこよりもわかりやすく紹介してきます。

そのためLINEモバイルの格安SIMはテザリング用のSIMカードとしても爆発的に人気で1回線の契約だけで10台以上のスマホやiPhone、iPad、タブレットなどをテザリングで接続して使っている人も多くいます。

目次

LINEモバイルはテザリング料金は無料で使い放題の格安SIM

LINEモバイルはすべての格安SIMの中で利用者満足ナンバー1で人気の理由は最初からテザリング料金が無料で使い放題というのも大きな理由の1つです。

LINEモバイルは大手キャリアでかかる月額500円のテザリングの有料オプション代がからずのすべてのプランで最初から無料でテザリングが使えます。

LINEモバイルと大手キャリアのテザリング料金
  • LINEモバイルの格安SIMのテザリング料金: 無料で使い放題
  • 大手キャリア(docomo/au/SoftBank)のテザリング料金:月額500円

そのためLINEモバイルの格安SIMは月額500円のプランでもテザリング料金は無料で無制限に使えます。LINEモバイルは通信速度がすべての格安SIMで最速クラスのためテザリングもかなり快適に使えます。

LINEモバイルはテザリングが無料で使い放題ですが、テザリング機能の利用料が無料という意味でテザリングが使用したデータ量が無制限というわけではないのです気をつける必要があります。

LINEモバイルのプランとテザリングの関係
  • LINEモバイルの月額500円のプラン: 無料でテザリングが可能
  • LINEモバイルのすべてのプラン: 無料でテザリングが可能
  • LINEモバイルのテザリング先でのカウントフリー: 適用される
  • LINEモバイルのテザリングで使用したデータ量: 当月の使用データ量としてカウント

【唯一無二】LINEモバイルはテザリング先も「カウントフリー」

LINEモバイルのテザリングても適用される「カウントフリー」の詳細と対象通信

LINEモバイルはテザリングに対応!テザリング機能を使うには

LINEモバイルでテザリングができる条件は「1.LINEモバイルがテザリングに対応」と「2.使用するスマホやiPhoneなどの端末がテザリング機能に対応」の2つの条件をクリアしている必要があります。

LINEモバイルのテザリング機能を使うための2つの条件
  1. LINEモバイルがテザリングに対応(対応済
  2. スマホ(Androidスマホ)やiPhoneがテザリングに対応

LINEモバイルはテザリングが最初から無料で使える格安SIMのため1つ目の条件はクリアしています。

2つ目の条件はスマホによって決まるもので、au、ソフトバンクで購入したiPhoneやスマホはテザリングができないように機能制限がされています。ただしSIMロックを解除するとこの機能制限は解除されます。

docomo/au/SoftBankのiPhoneやスマホでテザリング
  • docomo版のiPhoneやスマホ: SIMロック解除不要でそのままテザリングできる
  • Softbank版のiPhoneやスマホ: SIMロック解除不要でそのままテザリングできる
  • au版のiPhoneやスマホ: SIMロック解除をしたらテザリングできる

docomoやSoftBankで購入したiPhoneやiPad、AndroidスマホやSIMフリー版のiPhoneやiPad、Androidスマホにはテザリングの制限はありません。

これは各キャリアが月額500円のテザリングのオプション料金で儲けたいためにこのような機能制限を用いています。

こうゆうのは利用者のデメリットでしかないので正直やめてほしいと私は思っています。

iPhoneでLINEモバイルのテザリングを使う方法と条件

LINEモバイルはドコモのiPhoneやソフトバンクのiPhone、SIMフリー版iPhoneでテザリングが使えます。

auのiPhoneだけはSIMロックを解除しないとLINEモバイルの格安SIMでテザリングができません。SIMロックの解除は無料でできるので時間のある時にやっておくのがおすすめです。

SIMロックを解除してauからLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

そのためiPhoneだからテザリングができないということは無いので安心ですね。

LINEモバイルテザリング
iPhone8/8 plus(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
iPhoneX(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
iPhone7/7 plus(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
iPhoneSE(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
iPhone6s/6s plus(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
iPhone6/6 plus(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
iPhone5s(ドコモ/SoftBank/SIMフリー)そのままテザリング可能
ソフトバンクのiPhoneの全機種そのままテザリング可能
ドコモのiPhoneの全機種そのままテザリング可能
auのiPhoneの全機種SIMロック解除必要
SIMフリーのiPhoneの全機種そのままテザリング可能
武中
そのままテザリング可能という意味はSIMロック解除などの手続きが一切不要でLINEモバイルの格安SIMを挿して初期設定をしたらすぐにデータ通信(インターネット)もテザリングも使用できるという意味です。
しまりすさん
そのまんま東〜♪

LINEモバイルはiPhone7やiPhone8でテザリングができる

LINEモバイルはdocomoやSoftBankとSIMフリー版のiPhone7やiPhone8などのiPhoneであればSIMロック解除なしでそのままLINEモバイルの格安SIMを挿すだけでテザリングが使えます。

LINEモバイルの格安SIMは最新のiPhone7/7 plus、iPhone8/8 plusでテザリングが使える格安SIMです。

Apple Storeから購入したiPhone7/7 plusやApple Storeから購入したiPhone8/8 plusはSIMフリー端末でLINEモバイルの格安SIMを挿すだけですぐにテザリングが使えます。

iPhone7,iPhone8のLINEモバイルでのテザリングの対応状況
  • docomo版のiPhone7、iPhone8: SIMロック不要で無料でテザリング可能
  • Apple Storeから購入したiPhone7、iPhone8: SIMロック不要で無料でテザリング可能
  • au版のiPhone7、iPhone8: SIMロックを解除(無料)したらテザリング可能
  • Softbank版のiPhone7、iPhone8: SIMロック不要で無料でテザリング可能

※plusも同様

LINEモバイルはドコモの回線とソフトバンク回線を使っている格安SIM(MVNO)なのでドコモまたはソフトバンク端末のiPhone7やiPhone8であればSIMロック解除なしでLINEモバイルの格安SIMを挿すだけですぐにデータ通信(インターネット)に接続ができて、テザリングも無料で使えます。

au版のiPhone7/7 plus、iPhone8/8 plusはSIMロックがかかっていてLINEモバイルの格安SIMを挿しても認識しません。

しかし無料でできるSIMロックを解除することでLINEモバイルの格安SIMが使えるようになるのでLINEモバイルの格安SIMでテザリングが使えるようになります。

docomoのスマホやiPhoneでLINEモバイルを使う方法と手順

SIMロックを解除してauのスマホやiPhoneでLINEモバイルを使う方法と手順

SIMロックを解除してソフトバンクのスマホやiPhoneでLINEモバイルを使う方法と手順

しまりすさん
docomoやSoftBankのiPhoneやiPad、SIMフリーのiPhoneやiPadではそのまま使えて、auで購入したiPhoneやiPadはSIMロックを解除すればLINEモバイルの格安SIMが使えるってことであってる〜!?♪
武中
正解!LINEモバイルはdocomoとSoftBankの回線を使っている格安SIMのためdocomoやSoftBankのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、SIMフリーのiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットであればそのまま使うことができるんだ。auで購入した端末はSIMロック解除をすればLINEモバイルの格安SIMが使えるようになるよ!

↑契約時にSoftBank回線のSIMかdocomo回線のSIMかを自由に選択できます。

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

SIMフリースマホやiPhoneであればテザリングがLINEモバイルで使える

SIMフリーのスマホやiPhoneは最初からテザリング機能が制限されていないため、LINEモバイルのSIMを挿すだけでテザリングが使えます。

またLINEモバイルで販売されているスマホはすべてSIMフリーのスマホなのでテザリングが最初から利用可能です。

もしテザリングを使いたいと思っている人はSIMフリーのスマホに乗り換えたりLINEモバイルを契約する時にスマホとセットのプランを選ぶといいでしょう。

LINEモバイルのテザリング機能が使えるスマホ端末一覧

LINEモバイルのテザリング機能が使えるスマホは下記になります。

LINEモバイルのテザリング機能が使えるスマホ端末一覧
  • LINEモバイルで販売されているスマホ
  • SIMフリー版のスマホやiPhone
  • ドコモ版(docomoで購入した)のスマホやiPhone
  • ソフトバンク版(SoftBankで購入した)のスマホやiPhone
  • SIMロックを解除したauのスマホやiPhone

LINEモバイルで販売されているスマホ

LINEモバイルはSIMカードだけでの販売もしていますが、スマホ(Androidスマホ)とセットでも契約できるようになっています。

LINEモバイルでセット販売されているスマホはすべての機種がSIMフリー端末なのでLINEモバイルのSIMカードがそのまま使えて、テザリングも無料で利用できます。

SIMフリー版のスマホやiPhoneやiPad

SIMフリー版のiPhoneやスマホ(Androidスマホ)はどのSIMカードを挿してもデータ通信も通話もテザリングも最初からできるようになっています。

SIMフリー版のiPhoneは全国にあるアップルストアやネット通販のアップルから直接購入したiPhoneやiPadはすべてSIMフリー版です。

ドコモ版(docomoで購入した)のスマホやiPhone

LINEモバイルの格安SIMはdocomoの電波や設備を借りて運営している格安SIMのため

docomo版のiPhoneやiPad、AndroidスマホであればLINEモバイルの格安SIMを挿入するだけでデータ通信(インターネット)も音声通話もテザリングも使えます

新品でなくてもヤフオクやメルカリなどの中古で購入したドコモのiPhoneやAndroidスマホであればLINEモバイルでテザリング機能を無料で利用できます。

【必見】LINEモバイル向け中古iPhoneやスマホの選び方

ソフトバンク版(SoftBankで購入した)のスマホやiPhone

LINEモバイルの格安SIMはdocomo以外にSoftBankの電波や設備も借りて運営している格安SIMのため

SoftBank版のiPhoneやiPad、AndroidスマホであればLINEモバイルの格安SIMを挿入するだけでデータ通信(インターネット)も音声通話もテザリングも使えます

新品でなくてもヤフオクやメルカリなどの中古で購入したドコモのiPhoneやAndroidスマホであればLINEモバイルでテザリング機能を無料で利用できます。

SIMロックを解除したauのスマホやiPhone

LINEモバイルの格安SIMはdocomoとSoftBankの電波や設備を借りて運営している格安SIMのため、auのiPhoneやAndroidスマホにLINEモバイルの格安SIMを挿してもそのままデータ通信(インターネット)もテザリングも音声通話も利用することができません。

SIMロックを解除すればソフトバンクのiPhoneやAndroidスマホとLINEモバイルの格安SIMでデータ通信(インターネット)もテザリングも音声通話も利用できるようになります。

SIMロックを解除してソフトバンクからLINEモバイルへMNPする方法と手順

SIMロックを解除したauのスマホやiPhone

LINEモバイルの格安SIMはdocomoの電波や設備を借りて運営している格安SIMのため、ソフトバンク同様auのiPhoneやAndroidスマホにLINEモバイルの格安SIMを挿してもそのままデータ通信(インターネット)もテザリングも音声通話も利用することができません。

SIMロックを解除すればauのiPhoneやAndroidスマホとLINEモバイルの格安SIMでデータ通信(インターネット)もテザリングも音声通話も利用できるようになります。

SIMロックを解除してauからLINEモバイルへMNPする方法と手順

auのiPhoneをLINEモバイルをインターネットとテザリングをするには

auのiPhoneをLINEモバイルの格安SIMでテザリングをするには、2つの条件をクリアしている必要があります。

1つはauのiPhone6s以降のiPhoneであること、2つ目はSIMロック解除の手続きが完了していることです。

この2つの条件をクリアしていればiPhoneにLINEモバイルの格安SIMを挿してプロファイルをインストールしてからインターネット共有(iPhoneのテザリング機能の名称)をオンにすればすぐにテザリング機能が使えます。

SIMロックを解除してauのスマホやiPhoneでLINEモバイルを使う方法と手順

ソフトバンクのiPhoneをLINEモバイルをインターネットとテザリングをするには

ソフトバンク(SoftBank)のiPhoneをLINEモバイルの格安SIMでテザリングをするには、

iPhoneにLINEモバイルの格安SIMを挿してプロファイルをインストールしてからインターネット共有(iPhoneのテザリング機能の名称)をオンにすればすぐにテザリング機能が使えます。

SIMロックの解除などの手続きなどは一切不要でLINEモバイルの格安SIMを挿して初期設定(プロファイルのインストール)をすればすぐに使えます。

LINEモバイルはAndroidスマホやタブレットでテザリングができる

XperiaやHUAWEIの全機種、AQUOSシリーズ、ZenFoneシリーズ、Galaxyシリーズ、HTCシリーズ、ZTE、arrowsシリーズ、

FREETELのスマホはdocomo版やSIMフリー版、格安SIMとセットで購入したスマホであればSIMロック解除なしでLINEモバイルの格安SIMを挿すだけですぐにテザリングが利用できます。

LINEモバイルのSIMカードを挿して初期設定のAPNの設定が完了していたらテザリングのスイッチオンにするだけですぐにテザリングが使えます。

ただし、au版やSoftBank版のAndroidスマホやAndroidタブレットにはSIMロックがかかっているのでSIMロックを解除しないとLINEモバイルを含むすべての格安SIMが使えません。

LINEモバイルでテザリングができるAndroidスマホの条件

LINEモバイルでテザリングができるAndroidスマホ・タブレット
  • docomoで契約しているまたは契約していたAndroidスマホ
  • docomoで契約しているまたは契約していたAndroidタブレット
  • SoftBankで契約しているまたは契約していたAndroidスマホ
  • SoftBankで契約しているまたは契約していたAndroidタブレット
  • SIMフリーのAndroidスマホ
  • SIMフリーのAndroidタブレット
  • LINEモバイルで販売されているAndroidスマホやタブレット

XperiaはLINEモバイルでテザリングが使える(一例)

LINEモバイルでそのままデータ通信(インターネット)もテザリングもできるAndroidスマホはいくつかりますが、ここでは一例としてLINEモバイルが対応しているXperiaシリーズを紹介します。

Xperia以外でも上記の「LINEモバイルでテザリングができるAndroidスマホ・タブレット」に一致しているAndroid端末であればどれであってもLINEモバイルの格安SIMでデータ通信(インターネット)もテザリングが利用できます

LINEモバイルでテザリングができるXperiaシリーズ
  • Xperia X Performance SO-04H (nanoSIM)
  • Xperia X Compact SO-02J (nanoSIM)
  • Xperia XZ Premium SO-04J (nanoSIM)
  • Xperia XZ  SO-01J (nanoSIM)
  • Xperia XZs SO-03J (nanoSIM)
  • Xperia XZ1 SO-01K (nanoSIM)
  • Xperia XZ1 Compact SO-02K (nanoSIM)
  • Xperia XZ2 SO-03K (nanoSIM)
  • Xperia XZ2 Compact SO-05K (nanoSIM)
  • Xperia Z4 SO-03G (nanoSIM)
  • Xperia Z5 SO-01H (nanoSIM)
  • Xperia Z5 Compact SO-02H (nanoSIM)
  • Xperia Z5 Premium SO-03H (nanoSIM)
  • Xperia A SO-04E (マイクロSIM)
  • Xperia AX SO-01E (マイクロSIM)
  • Xperia GX SO-04D (マイクロSIM)
  • Xperia Z SO-02E (マイクロSIM)
  • Xperia Z1 SO-01F (マイクロSIM)
  • Xperia Z1 f SO-02F (マイクロSIM)
  • Xperia Z2 SO-03F (マイクロSIM)
  • Xperia Z3-SO-01G (nanoSIM)
  • Xperia Z3 Compact SO-02G (nanoSIM)
  • Xperia A4 SO-04G (nanoSIM)
  • Xperia AX SO-01E (マイクロSIM)
  • Xperia A2 SO-04F (マイクロSIM)
  • Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E (マイクロSIM)
  • Xperia A SO-04E (マイクロSIM)
  • Xperia GX SO-04D (マイクロSIM)
  • Xperia SX SO-05D (マイクロSIM)

【完全版】XperiaシリーズのLINEモバイル対応リスト

LINEモバイルはPCもテザリングができる

LINEモバイルのテザリング機能を使うとPCもインターネットに接続できます。

LINEモバイルの格安SIMを挿したiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットでテザリングをオンにしてWiFiで接続するだけですぐにインターネットに接続できます。

【必見】LINEモバイルはパソコンPCやスマホをテザリングできる!テザリング可能!

また、Surface3やWindowsタブレットなどのモバイルPCにはSIMカードが直接挿入できるモデルがありますが、LINEモバイルのSIMカードを挿入すれば直接PCだけでインターネットに接続できます。

Surface3はLINEモバイルでテザリングなしでインターネットが利用可能!詳細

LINEモバイルはテザリングが有料?無料?

LINEモバイルはテザリングが無料で使い放題です。

大手キャリアだとテザリングがオプション扱いになっていて月額500円かかりますがLINEモバイルはテザリングが完全無料で使えます。

ただし、テザリング機能は無料で使えますが、テザリングで使用したデータ量は契約しているプランのデータ量から消費するので使いすぎると速度制限(速度規制)がかかるので注意が必要です。

武中
ここだけの話、私は月額500円のLINEフリープランで月間425〜450GBのデータ転送をテザリングだけで使用しています。

LINEフリープランは高速データ通信が1GBしかないのですぐに使い切ってしまいますが、

LINEモバイルは速度制限がかかっても通信速度が実測で500kbps〜1000kbps(0.5Mbps〜1Mbps)として出るので最初から高速データ通信量など気にせずに容量無制限の使い放題の格安SIMとして使っています

LINEモバイルの速度制限・回線制限の詳細
  • 公称値: 200kbps
  • 実測値: 500kbps〜1000kbps (実際は2.5倍以上の速度が出る)

LINEモバイルのコスパは最強で他の格安SIMはとても真似できません。

他のメジャーな格安SIMもすべて試しましたが同じように使えるものはなく実測で出て200kbpsなのでLINEモバイルの速度制限の甘さは他にありません。特殊な使い方なので真似しないでくださいね。

といっても不正な使い方ではないのでこのように使っても何も問題ありません。

しまりすさん
LINEモバイルの月額500円の最安プランで月に425〜450GBもテザリングしてる!?聞かなかったことにしよっと〜♪
武中
視点を変えるとこのような使い方をしても「通信速度が低下しない」「常に同じように安定して使える」LINEモバイルは本当に通信品質がよい格安SIMだと言うことができます。格安SIMは数多くありますがこのように使える格安SIMはほんの一握りです。

【超必見】LINEモバイルは速度制限なしの最速の格安SIM!速度制限中(通信制限)の速度の計測結果

LINEモバイルのテザリングの速度の計測結果【2018年7月】

LINEモバイルのテザリングの通信速度は爆速です。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線があって契約時に選択できますがLINEモバイルのドコモ回線でもソフトバンク回線でもテザリングの通信速度は超高速(爆速)で快適にそのものです。実際に計測した結果を紹介します。

↑LINEモバイルは契約時にdocomo回線とSoftBank回線のSIMカードを自由に選べる。

【保存版】LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線を徹底比較!完全まとめ

実際にLINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線のSIMを挿したiPhoneを持って測定してきた結果です。計測に使った機器はiPhone6sとiPhoneXのSIMフリー版です。

LINEモバイルのテザリングの速度(LINEモバイルのドコモ回線)

平日20時のLINEモバイルの速度計測結果(東京都内)通信速度: 49Mbps(超優秀)※ドコモ回線

平日18時のLINEモバイルの通勤時間帯の速度計測結果(大手町駅)通信速度: 33Mbps(超優秀)※ドコモ回線

平日22時のLINEモバイルの速度計測結果(大手町駅)通信速度: 83Mbps(超優秀)※ドコモ回線

LINEモバイルのテザリングの速度(LINEモバイルのソフトバンク回線)

平日18時のLINEモバイルの通勤時間帯の速度計測結果(品川駅)通信速度: 41Mbps(超優秀)※ソフトバンク回線

20時ごろの品川駅の駅構内でもLINEモバイルの通信速度は下り95Mbps以上の爆速で通信できていました。PINGの応答速度もかなり速いので通信品質がとても高いことがわかります。

平日20時のLINEモバイルの速度計測結果(品川駅)通信速度: 96Mbps(超優秀)※ソフトバンク回線

LINEモバイルのテザリング利用者の口コミ

実際にLINEモバイルでテザリングを使っている人の口コミを紹介します!

https://twitter.com/ufi_z2164/status/1032091943969251328

https://twitter.com/accountofjohn/status/914697354397102080

武中
LINEモバイルはdocomo回線のSIMでもSoftBankの回線のSIMでもテザリングは無料で使い放題です。

https://twitter.com/mukai09/status/837485360716210176

武中
テザリングでもLINEアプリやSNSのTwitterやFacebook、インスタグラムのカウントフリー機能は適用されるので他の格安SIMよりも大幅に節約できます。

テザリングとは?LINEモバイルでテザリング

そもそも、テザリングとはスマホやiPhoneがインターネットにつながっている回線を使ってパソコン(PC)やゲーム機、タブレットを接続してスマホやiPhoneをWiFiルーターの代わりにしてインターネットに接続する機能のことです。

たとえば外出先でパソコンをインターネットに繋げたい時やゲーム機をオンライン接続したいときなどはiPhoneやAndroidスマホのテザリング機能をつかうことで無料でインターネットに複数の端末を同時に接続することができます。

わざわざWiFiルーターやポケットWiFiを持つ必要がなくなります。

LINEモバイルは同時に複数台の端末をテザリングでネットに接続できる

LINEモバイルの格安SIMはテザリング機能を使って1台だけでなく同時にインターネットに複数のiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、パソコン(PC)やゲーム機を接続することができます。

具体的にiPhoneやAndroidスマホ、Wi-Fiモバイルルーターでのテザリング使用時の同時接続最大数を紹介します。

iPhoneやAndroidのテザリングで同時接続できる最大数
  • iPhone: テザリングでの同時接続できる端末の最大数 5台
  • Andoid: テザリングでの同時接続できる端末の最大数 5〜8台
  • Wi-Fiモバイルルーター: Aterm MR04LN 同時接続できる端末の最大数 16台
  • Wi-Fiモバイルルーター: Aterm MR05LN 同時接続できる端末の最大数 10台
  • Wi-Fiモバイルルーター: その他  同時接続できる端末の最大数 スペック表参照

※iPhoneはiPhone5移行の端末すべてが対象

※Android、Wi-Fiモバイルルーターは機種に寄って最大接続台数が異なります

このようにiPhoneはテザリングでの同時接続できる端末の最大数は5台と決まっていますが、Android、Wi-Fiモバイルルーターは機種に寄って最大接続台数が異なりますので仕様書やスペック表、性能表をご参照ください。記載されています。

【必見】LINEモバイルのテザリングで接続できる最大数は何台?

LINEモバイルでテザリングする方法手順まとめ

iPhoneでテザリングする方法(LINEモバイル WiFiテザリング)

STEP1.ホーム画面の「設定」を開く

iPhoneでテザリングを使うには

「設定」アプリからテザリングを有効にする必要があります。

「設定」アプリをタップして開きます。

STEP2.「モバイルデータ通信」を開く

「モバイルデータ通信」の項目をタップします。

※「インターネット共有」項目から直接オンにもできます。

STEP3.「インターネット共有」を選択する

「インターネット共有」の項目をタップします。

STEP4.「インターネット共有」をオンにする

「インターネット共有」をタップして

「インターネット共有」をオン(有効)にします。

STEP5.「Wi-Fiをオンにする」を選択する

Wi-Fiがオフの時は下記のような画面がでるので

「Wi-Fiをオンにする」をタップします。

STEP6.テザリングの設定完了

これでLINEモバイルの格安SIMを挿したiPhoneでテザリングが使えるようになりました。

iPadの場合も全く同じ方法でテザリングを使うことができます。

実際にテザリング中のiPhoneにWi-Fiテザリングで接続すると

iPhoneのステータスバーに「インターネット共有」と表示されて

テザリングでの接続台数も表示されます。

iPhoneのネットワーク名(SSID)は自由に変更できる

iPhoneの「設定」->「一般」のところでiPhone名を変更すると

テザリングで表示させるネットワーク名(SSID)を変更することができます。

あまり変な名前をつけないようにしましょう笑

テザリング中のiPhoneに接続する方法(LINEモバイル)

テザリングをオンにしたテザリング中のiPhoneや

iPadに他の機器をWi-Fiで接続するには

SSID(ネットワーク名)とパスワードが必要です。

SSID(ネットワーク名)とパスワードは先程の

「インターネット共有」の設定画面に記載されています。

Androidでテザリングする方法(LINEモバイル WiFiテザリング)

Androidスマホは数多くありますがここではXperia XZを例にLINEモバイルの格安SIMでテザリングをする方法と手順を紹介します。

Androidのバージョンや機種によって設定項目が違うことがありますが結果的に「Wi-Fiテザリング」を有効(オン)にすればテザリングが使えるようになります。

STEP1.「設定」を開く

Androidスマホやタブレットでテザリングを使うには

「設定」アプリからテザリングを有効にする必要があります。

「設定」アプリをタップして開きます。

STEP2.「その他の設定」を開く

「その他の設定」をタップして開きます

STEP3.「テザリング」をタップする

「テザリング」の項目をタップします。

STEP4.「Wi-Fiテザリング」のスイッチをオンにする

「Wi-Fiテザリング」項目の横にあるスイッチを押してオンにします。

これでAndroidスマホやタブレットでテザリングが開始されます。

ただし、AndroidでテザリングをオンにしてもSSID(ネットワーク名)と

パスワードがわからないのでこれだけでは接続できません。

SSID(ネットワーク名)とパスワードは次の方法で確認できます。

テザリング中のAndroidスマホに接続する方法(LINEモバイル)

AndroidでテザリングをオンにしてもSSID(ネットワーク名)と

パスワードを確認するには「Wi-Fiテザリング設定」をタップします。

ここのWi-Fiテザリングというところに

SSID(ネットワーク名)が表示されています。

さらに「Wi-Fiテザリング設定」をタップして開きます。

「パスワードを表示」にチェックをいれます。

するとWi-Fiテザリングの接続に必要な

パスワードに設定できます。

↑このネットワーク名(SSID)とパスワードは自由に設定できるので

わかりやすい名前に変更してもOKです。

無料Wi-Fiがある場所ならWi-Fiに直接接続しよう

LINEモバイルの格安SIMを挿しているスマホやiPhoneのテザリングを経由してインターネットに接続してもよいですがテザリングでの通信はLINEとSNSを除いてデータ量としてカウントされます。

自宅やカフェや喫茶店、駅などの無料で使えるフリーWi-Fiスポットがあればそちらを活用しましょう。

LINEモバイルは公衆無線LAN(Wi-Fi)は基本的にすべて無料なのでどんどん活用してデータ通信量を抑えちゃいましょう。

武中
僕のように月額500円のLINEフリープランで月間425〜450GBのテザリングもできるので無料のWiFiなんて探さずに常時テザリングオンで使いまくるのもおすすめです。LINEモバイルはテザリングをどれだけ使っても料金は無料ですからね。
しまりすさん
武中くんしつこいよ〜♪

Wi-Fiに接続してインターネットに接続すればLINEモバイルの格安SIMに関係なくインターネット通信ができるので通信量を抑えらることができ、使いすぎて速度制限がかかる心配もありません。

LINEモバイルでも公衆無線LAN(Wi-Fi)が使えます

テザリングを使いすぎて速度制限がかかってしまった時の対処方法は?

うっかりテザリングを使いすぎて契約しているプランのデータ容量の上限まで使ってしまった場合は速度制限がかかります。

そのような場合でもLINEモバイルは容量をチャージすることで高速データ通信をすることができるよな仕組みがあります。

LINEモバイルは100MB=100円程度の料金となっており他の格安SIMと比べても料金は安くなっているので最初からチャージするつもりで初月は3GBで契約するのも賢い方法です。

LINEモバイルの追加チャージ料金
  • 0.5GB:500円
  • 1GB:1000円
  • 3GB:3000円

また、チャージした追加分用データ量はが当月に使い切れなくて余ったとしても翌月に繰越ができるので無駄がありません。繰越は自動的にされます。

【裏技】2枚のSIMを契約して挿し替えるという方法もある

LINEモバイルは最大10枚までSIMカードを契約できるので、テザリング専用のSIMと普段用のSIMカードとわけて使う方法も可能です。

LINEモバイルのSIMカードは挿し替えて使うことが可能なので、普段用として1,200円の音声通話付きの1GBプランを、

テザリング用として5GBの1,640円のデータ通信+SMSのSIMカードを契約して2枚を上手く使い分けることで、使いすぎによる通信速度制限がかかるのを防ぐことができます。

思い切って7GBのデータ通信+音声通話月のプランを選んでも月額2,880円で収まります。大きい容量のプランを選択しても3000円以下で収まるので流石LINEモバイルのというところです。

LINEモバイルはテザリングのLINEやSNSの通信もカウントフリーの対象

これは実際にLINEモバイルのサポートに問い合わせて確認した内容です。

LINEモバイルのはカウントフリーというLINEやLINE無料通話、LINEビデオ通話、TwitterやFacebook、インスタグラムのSNSの通信が毎月契約してるデータ容量としてカウントされないカウントフリーサービスを提供しています。

LINEモバイル「カウントフリー」の詳細と対象通信まとめ

これはスマホやiPhoneだけで有効かと思いがちですが、テザリングで接続した先のスマホやiPhone、iPadやパソコンからこららのサービスを使った場合でもカウントフリーが有効となるため

LINEやTwiter、Faebook、インスタグラムのSNSをどれだけ使用してもデータ容量を消費しません

これはLINEモバイルは何で使っているかではなく通信時にどこにつながっているかで判断しているためです。

そのため心配すること無くテザリングでLINEやSNSが使い放題という内容になっています。この通信内容を識別してカウントフリーとなる機能はパソコン(PC)経由であっても完璧に機能します。

このLINEとSNSのカウントフリー機能とテザリング機能無料がある格安SIMはLINEモバイルだけなのでどの格安SIMよりもお得に利用できます。