当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【保存版】LINEモバイルで格安ポケットWi-Fiルーターを作る方法手順!月額500円だけで使い放題の格安ポケットWiFiの作り方

【500円運用】LINEモバイルはテザリングも使い放題で月額500円だけで運用できる格安SIMです。

LINEモバイルの格安SIMで格安ポケットWi-Fi(モバイルルーター)を作れます。プランにもよりますが一番安いプランで月額500円だけで使えてしまいます。

月額500円の料金は格安SIMでも最安値で通信速度も早くテザリングが使い放題なので爆発的な人気になっているプランで格安ポケットWiFiルーターを作っている人が多くいます。

しまりすさん
ええっ!月額500円だけでつかえちゃうの!?♪
武中
これがLINEモバイルが選ばれている理由の1つなんだ。500円の月額料金以外はなにもかからないんだよ!

↑月額500円だけで使えるLINEフリープランが用意されています。

LINEモバイルの月額500円で使えて節約できる仕組みを解説

LINEモバイルで格安ポケットWi-Fiが作れます

LINEモバイルの格安SIMとポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)を組み合わせることでインターネットに接続できるようになります。なにか制限があるかと思ってしまいますが全く制限なく普通に使えてしまいます。

しまりすさん
普通に使えちゃうんだ♪本体代+月額500だけで運用できちゃうってこと!?♪
武中
そうゆうこと!本体は2500円もあれば状態の良いものが購入できるからあとは月額料金の500円以外かからないでポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)が使えるんだ!

LINEモバイルはSIMカードがスマホにささっているのかポケットWi-Fiにささっているかまでは判別できません。

そのためポケットWi-FiにSIMカードを使ってもなにも問題はありませんし、LINEモバイルもルーターに挿して使うことを認めています。

SoftBankとdocomoのWiFiルーターやポケットWiFiが再利用できる

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードを選ぶ場合は、docomoのSIMカードが使えるモバイルWi-FiルーターであればLINEモバイルのSIMカードを挿入してインターネットを使うことができます。

また、LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードを選ぶ場合はSoftBankのSIMカードが使えるモバイルWi-FiルーターであればLINEモバイルのSIMカードを挿入してインターネットを使うことができます。

LINEモバイルの2つの回線と使えるモバイルWiFiルーター
  • docomoのWiFiルーター: LINEモバイルのdocomo回線のSIMが使える
  • SoftBankのWiFiルーター: LINEモバイルのdocomo回線のSIMは使えない
  • SoftBankのWiFiルーター: LINEモバイルのSoftBank回線のSIMが使える
  • docomoのWiFiルーター: LINEモバイルのSoftBank回線のSIMは使えない
  • SIMフリーのWiFiルーター:LINEモバイルのdocomo回線のSIMもSoftBank回線のSIMも両方使える
  • auのWiFiルーター: SIMロック解除をしたらLINEモバイルのどちらの回線も使える
しまりすさん
docomoのモバイルWiFIルーターにはLINEモバイルのdocomo回線でSoftBankのポケットWiFiにはLINEモバイルのSoftBank回線を使えばいいってことだね♪
武中
そのとおり!LINEモバイルの回線とモバイルルーターの契約キャリアを合わせればSIMロックを解除しなくてもそのまま使えるんだ。

LINEモバイルで格安ポケットWi-Fiを作る方法

LINEモバイルの格安SIMとモバイルWiFiルーターを組み合わせて格安ポケットWiFiを作る手順は下記の通りになります。

武中
LINEモバイルは申し込んでからSIMカードが届くまで1〜3ほどかかるので事前に申し込んでおきましょう。
武中
LINEモバイルを申し込む時に使用するモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)が対応しているSIMカードのサイズとLINEモバイルのSIMカードのサイズを合わせて契約してください。
LINEモバイルで格安ポケットを作る方法と手順
  1. LINEモバイルに申し込み契約を完了させる(届くまで1〜3日ほどかかるため)
  2. ポケットWiFiルーターを入手する
  3. ポケットWiFiルーターにLINEモバイルの格安SIMを挿入する
  4. APNの設定をする
  5. ポケットWiFiのWiFiに他の機器を接続する
  6. 完了!

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)は安く購入できる

LINEモバイルはdocomoの回線とSoftBank回線を使っている格安SIMで、LINEモバイルの契約時にどちらの回線のSIMカードを契約するのかを自由に選ぶことができます。

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードであればdocomoで購入したモバイルルーターやSIMフリーのモバイルルーターであればどれでも使うことができます。

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードであればSoftBankで購入したモバイルルーターやSIMフリーのモバイルルーターであればどれでも使うことができます。

しまりすさん
オークションみたら即決でも2000円くらいだったよ!送料入れても2500円とか安すぎてぶったまげちゃった♪
武中
すごく安くなってるでしょ!だからみんなLINEモバイルの500円のSIMに安いモバイルルーターを組み合わせて使ってるんだ。
しまりすさん
なんかすごく気持ちがわかるよ〜♪だって全く無駄がないんだもん♪

Yahoo!オークションなどでみてみると即決で2000円もだせば購入できるくらい価格が落ちてきていますので送料合わせても2500円で状態のよいモバイルルーター本体が手に入ります。

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードを使う場合は、docomoのLTEに対応しているモバイルWiFiルーターであればどの機種でも利用できます。

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードを使う場合は、SoftBankのLTEに対応しているモバイルWiFiルーターであればどの機種でも利用できます。

本体が届いたらLINEモバイルのSIMカードをモバイルルーターに挿入してAPNの設定をすればすぐにデータ通信をすることができます。設定時間は5分もあれば終わります。

LINEモバイルのSIMカードの挿入とAPNの設定

LINEモバイルの格安SIMのAPN設定情報まとめ

LINEモバイルのAPNの設定内容
  • 名前: line-mobile(わかりやすい名前でOK)
  • APN: line.me
  • ユーザー名: line@line
  • パスワード: line
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

※docomo回線もSoftBank回線もAPN設定内容は共通です

これだけ設定すればW03のポケットWiFiとWiFiでスマホやiPhone、タブレットやiPad、パソコンやゲーム機をつなげればすぐにインターネットが使えます。

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMは中古のSoftBankのポケットWiFiが使える

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードであれば、SoftBankで販売されていたポケットWiFiや4G WiFiルーターがそのまま利用できます。

解約済みのルーターでも中古で購入したWiFiルーターでも、他人名義のWiFiルーターでもLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードを挿入してAPNの設定さえすればすぐにインターネットが使えます。

LINEモバイルのSIMで使えるソフトバンクのポケットWiFiや4Gルーター機種一覧

LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードでSIMロック解除などの手続きが一切なしでそのまま利用できるモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は、

Wi-Fi NEXTmobile、Pocket WiFi 501HW、Pocket WiFi 303ZT、Pocket WiFi 304HW、Pocket WiFi 301HW、Pocket WiFi 203Z、ULTRA WiFi 4G 102HW、ULTRA WiFi 4G 102Zになります。

  • Wi-Fi NEXTmobile
  • Pocket WiFi 501HW
  • Pocket WiFi 303ZT
  • Pocket WiFi 304HW
  • Pocket WiFi 301HW
  • Pocket WiFi 203Z
  • ULTRA WiFi 4G 102HW
  • ULTRA WiFi 4G 102Z

ソフトバンクの4Gに対応しているWiFiルーターであればLINEモバイルで使える

LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードで利用できるモバイルルーターは上記の機種端末リスト以外であっても、4Gに対応しているソフトバンクのモバイルWiFiルーターであればどの機種であっても、

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードを挿入してAPNという初期設定さえすればすぐにインターネットに繋がります。

武中
基本的にLINEモバイルモバイルのSoftBank回線が使える条件が「ソフトバンクの4Gに対応した機種であること」なおで4Gに対応していたらどの機種でも使えます。
しまりすさん
4G=LTEで同じ意味ってことだね♪docomo、au、ソフトバンクによって呼び方が違うだけで同じ♪

中古で購入したモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)でLINEモバイルが使える

LINEモバイルは使用するモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)の契約者や契約状態、名義などは一切見ていません。

そのため、中古で購入したモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)や家族や友達から譲ってもらったものなどであっても問題なく使うことができます。

また、契約中のモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)でも解約済みのモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)でもLINEモバイルのSIMカードを使うことでインターネットに繋がってモバイルWiFiルーターとして利用できます。

格安モバイルルーター(WiFiルーター)のおすすめは中古の「W03」

私も使っているポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)作成におすすめの端末はSpeed Wi-Fi NEXT W03というWiMAX2+ と4G LTE対応のau のポケットWiFiです。

このW03にLINEモバイルの格安SIMを挿入すると月額500円で格安ポケットWiFiが作れます。

この端末は実は隠れSIMフリー機なのでLINEモバイルの格安SIMを入れても4G LTE通信ができます。手のひらサイズでポケットに簡単に入りますしバッテリーも連続通信時間10時間以上なのでカバンの中に電源を入れてつけっぱなしにしていても一日使えます。

武中
僕は1500円で購入したW03に月額500円のLINEフリープランの格安SIMを挿して月額500円で運用していますが月に30GBくらいデータ通信をするような使い方にもかかわらず満足しています。
武中
LINEモバイルは契約後もプラン変更が自由にできる格安SIMなので、どのプランがいいのか迷っていたらまずはLINEフリープランで契約しておいたらいいでしょう。

しまりすさん
そんなに使っても月額500円とはコスパ最高だね〜♪
商品名Speed Wi-Fi NEXT W03
メーカーHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD.
カラーオレンジ/ホワイト
対応通信規格WiMAX 2+/4G LTE
サイズ/重量約120 (W) x62 (H) x11.4 (D) mm/約127g
ディスプレイ約2.4インチ カラータッチパネル (解像度: 320×240)
電池容量3,000mAh
最大通信速度受信最大370Mbps
/送信最大25Mbps
OS (日本語版・英語版)Windows Vista (R)
Windows (R) 7
Windows (R) 8/8.1/10
Mac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac (LAN) 5GHz対応
WAN対応無し
対応サービスLTE/UMTS
最大同時接続数10台
連続通信時間610分 (初期設定時)
連続待受時間約1,040時間 (初期設定時)

W03のSIMカードのサイズ

W03のSIMカードのサイズはマイクロSIMです。W03とLINEモバイルで格安ポケットWiFiを作る場合には、LINEモバイルの申し込み時にあるSIMカードのサイズの選択で「マイクロSIM」を選択します。

  • Micro SIM(マイクロSIM)

Speed Wi-Fi NEXT W03は中古で安く購入できる

W03のポケットWiFiはヤフオクやメルカリで送料込みでも1500円〜2000円程度で購入できます。

そのため本体価格もほとんど負担にならなくしかも中古でたくさん出回っているので壊れたりバッテリーが劣化しても新しく書い直せばいいという手軽さがあります。

Yahoo!オークションでのW03の販売価格調査結果

ヤフオクでは通年通して1000円〜2000円程度で販売されています。新品同然ののもの多く状態のよいものの入手に困ることはありません。

メルカリでのW03の販売価格調査結果

メルカリでW03を送料込みの条件で検索した結果です。1500円〜2500円程度で販売されていて数も多くて出ているので状態の良いものを選んで買うことができます。

W03をハイスピードプラスエリアモードにしてLINEモバイルのSIMを挿す

よくW03にLINEモバイルの格安SIMを挿してAPNを設定したけど通信できない。と問い合わせをいただくことがありますが、この通信できない原因は

100%通信モードを「ハイスピードエリアモード」に設定していないことが原因です。

W03などのWiFiルーターの通信モード
  • ハイスピードモード: WiMAXとWiMAX2+で通信をする
  • ハイスピードエリアモード: LTEネットワークを使って通信をする こっちが正解!!

武中
LINEモバイルはdocomoのLTEを使った格安SIMなので「ハイスピードエリアモード」に設定しないと通信ができないので注意をしてください。

この設定をしていなくてもW03のルーターとスマホやパソコンなどはWiFiで普通に接続できるので知っていないとハマってしまいます。

プランのデータ容量以上使っても速度が遅くなるだけで通信はできる

しまりすさん
1GBプランって1GBまで使ったらどうなるの〜?♪使えなくなっちゃう?
武中
上限まで使い切っても速度が200kbpsに制限されるだけで普通に使えるよ!1GBプランだと本当に安く使えちゃうんだ。

よく勘違いしてしまいがちですが、例えば1GBの「LINEフリープラン」を契約していて1GB以上の高速データ通信をした場合には通信ができなくなると思ってしまいがちですが、

実は1GBなどの契約しているプランの上限まで使っても通信速度が200kbpsに制限されるだけで通信ができなくなるわけではありません。

LINEモバイルは200kbpsの速度制限がかかっても実際は350kbpsくらい速度ができますし、他の格安SIMよりも快適使うことができます

速度制限中に困るのは動画の読み込み時間がかかるくらいでは他はあまり遅いと感じることがないくらい快適に利用できます。

データ容量を上限まで使った時の通信速度200kbpsを計測してみた

モバイルルーターでもカウントフリーが適用される

LINEモバイルはLINEでのトークや無料音声通話、ビデオ通話、ビデオや画像の送受信、SNSのTwitterやFacebook、インスタグラムのデータ通信量が通信量としてカウントされない「カウントフリー」を採用している唯一の格安SIMです。

そのためどれだけLINEやSNSを使ってもデータ容量は消費しませんし、データを使いすぎて速度制限がかかってもLINEやSNSの通信は速度制限がかからないので快適に使うことができます。

LINEモバイルはテザリングが使い放題の格安SIM

LINEモバイルはテザリングが無料で使い放題の格安SIMです。

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)にスマホやiPhone、パソコン(PC)、ゲーム機などを接続してインターネットに接続するのはテザリングを使っている状態と同じです。

ちなみにこの記事もLINEモバイルの格安SIMのテザリングを使って書いています。

しまりすさん
 テザリングを使うには追加料金っているのかな〜?
武中
LINEモバイルはテザリングが無料で使い放題のSIMだから追加料金はいらいないよ!月額500円だけでテザリングを好きなだけ使えるんだ!
しまりすさん
 すごすぎて反応にこまっちゃうよ〜♪

大手キャリアでテザリングを使いにはオプション料金として月額500円かかります。しかしLINEモバイルはテザリングが無料で使える画期的な格安SIMのため大手キャリアのテザリングオプションの料金でLINEモバイルの月額料金がまかなえてしまいます。

この事に気がついた人はLINEモバイルがデビューしてから速い段階で乗り換えてしまうし、テザリング用やLINE用などと専用として使うために契約して使っているかたも多くいます。

何と言っても月額500円だけで他にはなにも請求されないのでテザリングのオプション料金を払うよりどのようなデータ通信もできるためすごくメリットが大きいのです。

テザリングの最大同時接続台数は機種によって異なる

LINEモバイルのテザリングの同時接続台数は無制限です。

しかし、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)には同時接続台数の上限というのが機種ごとに決まっています。そのためテザリング時の同時接続台数の最大数はポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)の対応している上限値になります。

どの機種も基本的には5台以上は対応していますが、それ以上同時に接続したい場合は、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)購入前に型番を検索して公式サイトで同時接続の最大数をチェックしてみて下さい。