当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【保存版】LINEモバイルの格安SIMの全プランと料金完全まとめ

LINEモバイルの格安SIMで選べる3つのプランは、「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3つです。

それぞれのプランでデータ通信のみとデータ通信+音声通話のプランを自由に選択できます。

またLINEモバイルは契約後でも無料で自由にプラン変更ができる格安SIMなので使い方が変わったりデータ容量を変更したい場合も柔軟に対応できる使いやすい格安SIMとなっています。

ここでは、LINEモバイルの3つのプランのメリットや注意点、あなたに最適なプランの選び方を徹底的に紹介します。

LINEモバイルのプランと月額料金

LINEモバイルにはLINEアプリの音声通話やビデオ通話、画像やビデオの送信で使用したデータ量を使用したデータ量してカウントしない「LINEフリープラン」と

LINEアプリに加えてSNSのTwitterやFacebook、インタグラムのアプリやブラウザから使用したデータ量が使用したデータ量としてカウントしない「コニュニケーションフリープラン」、

LINEアプリとSNSのTwitterやFacebook、インタグラムのアプリやブラウザから使用したデータに加えてLINE MUSICで使用したデータ量を使用したデータ量としてカウントしない「MUSIC+プラン」の3つのプランがあり契約時に自由に選択できます。

LINEモバイルで選べる3つのプラン
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

LINEモバイルの格安SIMの3つのプランと月額料金

LINEモバイルの3つのプランのそれぞれの月額料金は下記の通りになります。

LINEモバイルにはdocomo回線とソフトバンク回線のSIMの2つがあって契約時に自分で選択することができますが、どちらの回線でも月額料金もデータ容量も同じです。

データSIM月額料金データ量
LINEフリー500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
通話SIM月額料金データ量
LINEフリー1200円1GB
コミュニケーションフリー1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB
※LINEフリープランはLINEでの通信、通話はデータ消費になりません

LINEフリープランは+700円で音声通話がつけられます。

※コミュニケーションフリープラン(データSIM+SMS)に+580円/月で音声通話がつけられます

※コミュニケーションフリープランはLINEでの通信、通話に加えTwitter、Facebook、インスタグラムのSNSの通信もデータ消費になりません

LINEモバイルで選べる3つのプランの特徴と月額料金

LINEモバイルには大きくわけて「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3つのプランがありそれぞれ特徴があるので詳しく紹介します。

LINEモバイルで選べる3つのプラン
  1. LINEフリープラン: LINEアプリの通信がカウントフリー
  2. コミュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信がカウントフリー
  3. MUSIC+プラン: LINEとSNS・LINE MUSICの通信がカウントフリー

LINEモバイルの全プランの月額料金まとめ

LINEモバイルの月額料金とプラン一覧まとめ

LINEフリープラン: LINEアプリがカウントフリー

LINEモバイルのLINEフリープランは月額500円だけでLINEアプリのデータ通信がすべて使用したデータとしてカウントされないプランです。

武中
このプランは月額500円だけで使える最安のプランです。

毎月1GB分は高速データ通信ができますが、1GBを使い切ってもデータ通信(インターネット)が使えなくなるなるわけではなく、通信速度が200kbpsに制限されるだけです。

高画質な動画を見ないデータ容量を上限まで使い切っても問題なく使えます。

LINEフリープランで使用したデータ量としてカウントされない通信は、LINEの音声通話やビデオ通話、動画や画像の送受信、タイムラインの回覧や投稿はどれだけ使っても使用したデータ量としてカウントされません。

月額500円で安く使いたいだけでなくあなたがLINEをよく使う場合はほかのどの格安SIMよりも快適で安く使うことができます。

コミュニケーションフリープラン: LINEとSNS(LINE/Twitter/Facebook/Instagram)がカウントフリー

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはLINEアプリの通信だけでなく、SNSのTwitterやFacebook、インスタグラムで使ったデータもすべて使用したデータとしてカウントされないプランです。

データ量は3GB、5GB、7GB、10GBから契約時に自由に選択ができ契約後でも無料で自由にプラン変更ができます。

武中
このコミュニケーションプラン中でも3GBプランが一番人気で音声通話(通話)をつけても月額1,690円で収まるのでほとんど負担なくiPhoneを維持することができます。

MUSIC+プラン: LINEとSNS・LINE MUSICがカウントフリー

LINEモバイルのMUSIC+プランはLINE MUSICを使っている場合にメリットが大きいプランです。MUSIC+プランはコミュニケーションフリープランの上位プランです。

コミュニケーションフリープランのLINEアプリ、SNSのTwitter、Facebook、インスタグラムに加えてLINE MUSICで使用したデータ量も使用したデータ量としてカウントされなくなります。

逆に言えば、LINE MUSICを使っていない場合は、コミュニケーションフリープランを選んでおいたほうが無駄がありません。

しまりすさん
MUSIC+プランはLINE MUSICを使っていない人は選択する必要がないってことでOK〜!?♪
武中
正解!LINE MUSICを使っていない人はコミュニケーションフリープランがベストな選択になります

LINEモバイルの3つのプランの選び方

LINEモバイルでどのプランを選んだらいいのかわからない場合は下記の感じでプランを選択すれば最大限月額料金を節約でき快適に使えることができます。

LINEモバイルのプランの選び方
  • LINEアプリで音声通話やビデオ通話をよく使う: LINEフリープラン
  • 月額500円だけで格安SIMを使いたいLINEフリープラン
  • LINEアプリとSNSをよく使う: コミュニケーションプラン
  • LINEアプリとSNSとLINE MUSICをよく使う: LINE MUSICプラン
  • LINE MUSICで主に音楽を聞いている: LINE MUSICプラン
武中
これらのプランはLINEモバイル契約後でも無料で自由に何度でも変更することができます。

LINEモバイルのその他の料金

LINEモバイルの格安SIMを含む他の格安SIMは月額料金の他に初期費用やオプション機能をつけた場合はオプション料金がかかります。

LINEモバイルは諸経費やオプション料金は格安SIMの中で最安値クラスです。

LINEモバイル格安SIMの初期費用とオプション料金一覧
  • 初期費用(事務手数料): 3,000円
  • SMS料金(LINEフリープラン): 120円/月
  • 通話料金 30秒20円
  • SIMカード再発行/サイズの変更/交換 3000円
  • 留守番電話 300円/月
  • 契約から12ヶ月以内にMNPをする場合: 9800円の解約手数料
  • MNP転出の場合: 3000円

追加データ量の料金

  • 0.5GB: 500円
  • 1GB: 1,000円
  • 3GB: 3,000円

追加購入したデータの有効期限は購入した翌月の末日まで有効になっています。

LINEモバイルは他の格安SIMと同様、当月のデータ容量を使うと200kbpsに速度制限(速度規制)されます。しかしLINEやSNSはカウントフリー機能があるので速度制限対象外です。

LINEモバイルの追加チャージの料金や容量のすべて!

LINEモバイルはdocomo回線もソフト回線も月額料金と容量は同じ

LINEモバイルはdocomoの回線を使ったSIMカードとSoftBankの回線を使ったSIMカードの2つが用意されている格安SIM(MVNO)でどちらの回線を選んでも月額料金もデータ容量も同じです。

docomoの回線を使ったSIMカードはdocomoで契約していたiPhoneやiPad、Androidスマホ、タブレットにSIMカードを挿すだけでSIMロック解除は不要でLINEモバイルのSIMカードを挿すだけでそのまま使えます。

SoftBankの回線を使ったSIMカードはSoftBankで契約していたiPhoneやiPad、Androidスマホ、タブレットにSIMカードを挿すだけでSIMロック解除は不要でLINEモバイルのSIMカードを挿すだけでそのまま使えます。

SIMフリーの端末やSIMロックを解除した端末の場合は、そちらのdocomo回線のSIMカードでもSoftBank回線のSIMカードでもどちらでもSIMロック解除不要でLINEモバイルのSIMカードを挿すだけでそのまま使えます。

LINEモバイルの事務手数料3000円を無料にする方法

LINEモバイルは他の格安SIMと同じで契約申し込み時に事務手数料(初期費用)として3000円がかかりますが、

下記で紹介しているLINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)を使ってLINEモバイルに契約申込みをすることで事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)を無料の0円にすることができます。

詳細:【保存版】LINEモバイルの事務手数料を無料0円にする方法手順!事務手数料を無料0円にしてLINEモバイルの格安SIMを契約申し込みする方法手順

エントリーパッケージ(エントリーコード)は無料ではなく900円〜990円でAmaonや楽天、ヨドバシカメラのwebサイトで販売されています。

LINEモバイルのエントリーパッケージ(エントリーコード)を購入すれば、LINEモバイルの事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)を900円に節約することができます。

たったこれだけで2250円が節約できるのでかなり効果的です。絶対に使ったほうがいいと言えます。

LINEモバイルは初月の月額基本料金が無料

LINEモバイルは利用開始日を含む初月の月額基本利用料が無料です。

1GBプランでも10GBプランでもどのプランであっても初月無料になるので

契約時に一番容量の多い10GBプランで契約して月末までに本来使用する予定だった月額料金の安いプランにLINEモバイルのマイページからプラン変更をしておけば

10GBのデータ容量が無料で貰えます。

ただし、初月に解約した場合には1ヶ月分の月額基本利用料が請求されます。

【随時更新】LINEモバイルの最新キャンペーンまとめ

プラン変更が契約後も無料で自由にできる

LINEモバイルは契約後にプラン変更が自由にできます。

料金も無料でマイページからプラン変更ができるようになっています。

LINEモバイルのプラン変更手数料は「無料」!方法や繰越、プラン料金など

LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン間の変更も自由にできるため最初の契約時は少なめの1GBや3GBの容量からはじめて、

足りなければ上のプランに変更するようにするとあまり過ぎることがないので最大限の節約が可能です。

LINEモバイルは月額500円だけで使える最安の格安SIM

LINEモバイルの格安SIMがはじめての格安SIMや他の格安SIMからの乗り換え先、大手キャリアのMNPでの乗り換先として爆発的な人気なのは月額料金が格安SIMで最安値クラスだからです。

↑ 1GBのLINEフリープランであれば月額500円だけで使うことができます。

【必見】月額500円だけでネットも電話もできる格安SIMはLINEモバイル

【500円】LINEを使うだけなら1GBプランで十分な3つの理由

LINEフリープランは月額500円で1GBの高速データ通信ができて、テザリングも無料で使い放題でLINEで使ったデータ量を使用したデータとしてカウントしない「カウントフリー」に対応しています。

LINEモバイル「カウントフリー」の詳細と対象通信まとめ

そのため、LINEアプリで何時間音声通話をしてもビデオ通話をしてもデータ消費量はゼロです。

また1GB以上のデータ通信をしたあとは他の格安SIMと同じで200kbpsですが、LINEモバイルは速度制限中であっても実測では500kbpsほど速度が出る制限の緩い格安SIMです。

LINEモバイルの速度制限・回線制限の詳細
  • 公称値: 200kbps
  • 実測値: 500kbps (実際は2.5倍の速度が出る)

LINEモバイルは制限が緩い格安SIMとして人気で、200kbpsの速度制限がかかった場合でも実際は500kbpsほどの速度がでるので他のどの格安SIMよりも速度制限中であっても快適に使うことができます。

LINEモバイルのデータ容量を上限まで使った時の通信速度200kbpsを計測してみた結果

音声通話はSMARTalkを使えば月額料金無料で電話も使える

LINEモバイルの月額500円のLINEフリープランには電話機能が機能がついていません。

070/080/090の電話番号から始まる音声通話(電話)を使えると月額1200円になるのでできれば月額500円で収めたいですよね?その方法があります。

月額500円のLINEモバイルの格安SIMのプランにSMARTalkのIP電話アプリを組みわせることで電話番号を無料でもらうことができるので他の携帯電話や固定電話に発信も着信もできて電話もインターネットもできるスマホを月額500円で作ることができます。

SMARTalkは月額料金や基本料金は無料で使った分の通話料金しか発生しないので通話(発信)をしない限り通話料金は月額0円です。

月額500円電話もインターネットもできるスマホの作り方
  • LINEモバイル(500円プラン)+SMARTalk

LINEモバイルの格安SIMで「SMARTalk」は使えますか?詳細

SMARTalkは月額料金や基本料金は無料なので無駄がないベストな方法です。

LINEモバイルのLINEフリープランで音声通話をつけると月額1200円になりますがSMARTalkを使うことで、月額500円+使った通話料金だけになるので無駄なく維持ができます。

武中
月に43分以内の通話の場合はSMARTalkを使った方が月額料金が安くなります。

SMARTalkは月額料金や基本料金の詳細
  • SMARTalkの月額料金: 無料(0円)
  • SMARTalkの基本料金: 無料(0円)
  • 電話を発信(こちらからかけた場合): 一律8円/30秒
  • 電話を着信: 何時間通話しても通話料は無料(0円)

SMARTalkで通話料金がかかるのはこちらから電話をかける発信をした場合だけで、一律8円/30秒となっています。

【500円運用】はじめての格安SIMにLINEモバイルがおすすめな7つの理由

LINEモバイルのあなたに最適な3つのプランの選び方

LINEモバイルには「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」と「MUSIC+プラン」があってそれぞれに特徴があります。

プランの選び方は下記のように選ぶといいと思います。

LINEモバイルのプランの選び方
  • LINEアプリで音声通話やビデオ通話をよく使う: LINEフリープラン
  • 月額500円だけで格安SIMを使いたい: LINEフリープラン
  • LINEアプリとSNSをよく使う: コミュニケーションプラン
  • LINEアプリとSNSとLINE MUSICをよく使う: LINE MUSICプラン
  • LINE MUSICで主に音楽を聞いている: LINE MUSICプラン