当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【最新】LINEモバイルの値上げの最新情報とかかる全費用まとめ!

【損をしない裏技】LINEモバイルは2017年2月1日から初期費用として登録事務手数料の3000円に加えて、SIMカード発行手数料がかかるようになり初期費用が400円値上げになりました。

2019年05月現在は既に値上げした料金になっています。

しかし、SIMカード発行手数料(400円)がかかるのはLINEモバイルだけでなく他の格安SIMも同じなので、格安SIM(MVNO)全体が値上げしたというのが真実です。

しかし損をしないで契約する方法がありますので紹介します。

LINEモバイルが値上げになった初期費用の内訳

LINEモバイルは2017年2月1日からSIMカード発行手数料がかかるようになり初期費用が400円値上げになりました。

武中
2017年2月1日以前と2017年2月1日以降のLINEモバイルの初期費用をまとめました。

2017年2月1日までのLINEモバイル申込みの初期費用

  • 登録事務手数料 :3,000円
  • 合計:3,000円

2017年2月1日からのLINEモバイル申込みの初期費用

  • 登録事務手数料 :3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円
  • 合計:3,400円

※この下で説明している内容を見れば登録事務手数料の3,000円は無料にできます。

LINEモバイルがSIMカード発行手数料の400円がかかるのは2017年2月1日から

LINEモバイルがSIMカード発行手数料として400円を請求するのは、2017年2月1日以降に申し込みをした人になります。

そのため現在は、LINEモバイルを契約申し込みをするとSIMカード発行手数料の400円は必ずかかってきます

これは他の格安SIMでも同じです。

LINEモバイルに乗り換えると月額料金が大幅に安くなるので1ヶ月でこのSIMカード発行手数料も登録事務手数料も回収できます。

武中
そのため、一時的にかかる必要経費として割り切ってください。

LINEモバイルに乗り換えると毎月5000円〜20000円近く節約できるので、LINEモバイルに乗り換える時期を1ヶ月伸ばすほうが大幅な値上げ(無駄な出費)となります。

しまりすさん
大手キャリアとLINEモバイルでは同じデータ容量(ギガ容量)でも月額料金が違いすぎるもんね!しかもLINEモバイルは初月の月額料金が全額無料の0円だしお得〜♪

LINEモバイル値上げの理由はdocomoが「SIMカード発行手数料」を取るようになったから

LINEモバイルの初期費用の登録事務手数料にSIMカード発行手数料(400円)が追加されて値上げになった理由は、

回線提供元であるドコモが「USIMカードの貸与に係る費用」を取るようになったからです。

(ソース: MVNO様向け卸携帯電話サービス概要のご説明資料(PDF) – 株式会社NTTドコモ

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードはdocomoから貸与する形でLINEモバイルのユーザーに提供しています。そのため回線借用元であるdocomoでの「USIMカードの貸与に係る費用」の追加料金も、同じ回線を利用しているLINEモバイルにもかかるということです。

しまりすさん
こればかりは仕方ないね〜♪LINEモバイルは月額料金が最安だからすぐ元は取れるね〜!

SIMカード発行手数料」は、ご利用開始月の翌月5日に請求されます。

武中
回線借用元であるdocomoでの「USIMカードの貸与に係る費用」の追加料金は341円でLINEモバイルのSIMカード発行手数料の400円は妥当だと言えます。

LINEモバイルのSIMカードの再発行時は「SIMカード発行手数料」はかからない

LINEモバイルのSIMカード発行手数料はLINEモバイルを新規契約またはMNP転入をした最初の1回のみで、SIMカードを紛失して再発行する場合にはLINEモバイルのSIMカード発行手数料はかかりません。

もし、LINEモバイルのSIMカードを紛失した場合は、下記のLINEモバイルカスタマーセンターに電話をすると、電話から2〜3日程度でSIMカードが自宅に届くように送ってくれます。

質問される内容は、契約者氏名、LINEモバイルで使っていた電話番号、LINEモバイルのIDの3つです。

LINEモバイルのSIMカードの紛失・再発行時の連絡先

LINEモバイルカスタマーセンター
0120−889−279(無料
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

SIMカードの再発行の手数料は3000円(税込3240円)だけです。SIMカード発行手数料はかかりません。

武中
SIMカードの再発行の手数料は、LINEモバイルカスタマーセンターに電話をかけた月の通話料金に加算されて請求されます。

LINEモバイルの値上げでも損をしない方法は「エントリーパッケージ」

LINEモバイルは他の格安SIMと同じで契約申し込み時に事務手数料(初期費用)として3000円がかかります。

このLINEモバイルの事務手数料(初期費用)はAmazonや楽天、ヨドバシカメラなどで販売されているエントリーパッケージに記載されているエントリーコードを使用することで無料(0円)にすることができます

LINEモバイルの事務手数料(初期費用)まとめ
  • 通常: 3000円の事務手数料がかかる
  • エントリーパッケージを使用: 事務手数料 無料(0円)

LINEモバイルの事務手数料は普通に契約申込みをすると新規契約でもMNPでLINEモバイルに乗り換える場合でも登録事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)がかかります。

しかし、エントリーパッケージを購入して中に入っているエントリーコードを使ってLINEモバイルを契約申込みすれば登録事務手数料(初期費用)の3000円(税込3240円)を無料(0円)にすることができます。

LINEモバイルのエントリーパッケージの節約効果
  • エントリーパッケージを使わないで契約: 3000円+400円=3400円(税抜)
  • エントリーパッケージを使って契約: 900円+400円=1300円(税抜)

※Amazonで900円で売っているLINEモバイルのエントリパッケージを使用した場合

【保存版】LINEモバイルの事務手数料を無料0円にする方法手順!エントリーパッケージで事務手数料を無料0円にしてLINEモバイルの格安SIMを契約申し込みする方法手順

エントリーパッケージを使用した場合の注意点

エントリーパッケージ(エントリーコード)は万能ではなく1つだけで欠点があって、エントリーパッケージを使った契約の場合は、LINEモバイルのャンペーンコードを使ったキャンペーンの適用ができなくなります。

武中
実はLINEモバイルは事務手数料+SIMカード発行手数料の料金を上回る値引きをしてくれるキャンペーンを実施ているので、こちらも使ったほうが実はお得になったりします。

そのため、LINEモバイルが現在実施している最新キャンペーンの内容と比較して、エントリーパッケージを使ったほうが得か、使わないほうが得かを判断して契約すれば最大限節約してLINEモバイルを契約することができます。

【超お得】LINEモバイルを少しでも安く契約する裏技を完全暴露

 
武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。LINEモバイルは2019年5月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル8大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

期間限定!全回線全プランで3ヶ月間毎月1,390円割引キャンペーン+10,000LINEポイントプレゼント実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و