当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【保存版】LINEモバイルの初期費用を0円無料にして契約する方法裏技

LINEモバイルの初期費用(事務手数料)は3400円(税抜)、3672円(税込)ですが、

この3400円の初期費用を確実に無料の0円にする方法・裏技が1つだけありますのでまとめました。スマホ端末をセット購入した場合はスマホ代金もかかります。

LINEモバイルの3400円の内訳は登録事務手数料3000円(税抜)とSIMカード発行手数料400円(税抜)ですがこの登録事務手数料を無料の0円にできます。

LINEモバイルの事務手数料まとめ
  • 通常: 3000円の事務手数料がかかる
  • エントリーパッケージを使用: 事務手数料 無料(0円)

※SIMカード発行手数料の400円(税抜)は別途必要

目次

LINEモバイルの初期費用は3400円(税抜)・3672円(税込)

LINEモバイルの初期費用の合計は3400円(税抜)です。

LINEモバイルの初期費用は登録事務手数料の3000円(税抜)とSIMカード手数料の400円が合わさったものです。

LINEモバイルの初期費用まとめ
  • 登録事務手数料: 3000円(税抜)3240円(税込)
  • SIMカード発行手数料: 400円(税抜)432円(税込)
LINEモバイルの請求日
  • 登録事務手数料: 利用開始月の翌月の5日以降
  • SIMカードの発行手数料: 利用開始月の翌月の5日以降
  • スマホ端末の請求日: 利用開始後すぐに請求される

初期費用(事務手数料)はどの格安SIMでも発生する

LINEモバイルに限らずどの格安SIMでもこの初期費用は発生します。

LINEモバイルは他の格安SIMと比べても手数料は最安です。

武中
この手数料はSIMカードの発送やそれに伴う人件費なので必要経費だと割り切ってください。ただし、LINEモバイルには裏技的に事務手数料を無料にする方法があります。

LINEモバイルの初期費用・登録事務手数料を無料の0円にする方法

LINEモバイルに限らずどの格安SIMでもかかる初期費用(事務手数料やSIMカード発行手数料)ですが、

LINEモバイルはこの初期費用をエントリーパッケージを使うことで初期費用である事務手数料を無料にすることができます。

LINEモバイルの事務手数料・初期費用を無料0円にして契約申し込みする方法手順まとめ

武中
エントリーパッケージは無料ではなく900円でAmazonやヨドバシカメラのウェブサイトで購入することができます。

エントリパッケージを使うことで、事務手数料を2100円安くしてLINEモバイルを申し込むことができます。音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)とデータ通信SIM(SMS付き)プランエントリーパッケージが使えます。

データ通信SIM(SMSなし)にはエントリーパッケージは使えないので注意してください。

エントリーパッケージにはSIMカードは同封されていない

エントリーパッケージにはSIMカードは同封されていません

エントリーペッケージはあくまでLINEモバイルの初期費用を無料にするためのエントリーコードが入ってるだけです。

エントリーパッケージで無料になるのは初期費用だけ

LINEモバイルのエントリーパッケージで無料になるのは事務手数料の3000円だけです。

SIMカード発行手数料の400円は別にかかります。

そのため、トータルではエントリーパッケージ代900円+SIMカード発行手数料の400円の合計1300円だけでLINEモバイルを契約することができます。

LINEモバイルの登録事務手数料を無料の0円にする方法手順

LINEモバイルのエントリーパッケージを使うと3000円(税抜)の登録事務手数料を無料の0円にすることができます。

エントリーパッケージを使ってLINEモバイルを契約する手順
  1. エントリーパッケージをAmazonかヨドバシカメラから購入する
  2. LINEモバイルの申込みwebサイトを開く
  3. 申込みボタンを押す
  4. エントリパッケージ内のエントリーコードを入力する
  5. 契約完了!となるまで進めて申し込む

SIMカード発行手数料の400円は別にかかります。

↑LINEモバイルのエントリーコードの入力画面。ここに購入したエントリーパッケージに記載されている16桁のエントリーコードを入力すると登録事務手数料が無料になります。

そのため、トータルではエントリーパッケージ代900円+SIMカード発行手数料の400円の合計1300円だけでLINEモバイルを契約することができます。

武中
たったこれだけで2250円節約できるのです。

LINEモバイルの事務手数料・初期費用を無料0円にして契約申し込みする方法手順まとめ

LINEモバイルのエントリーパッケージを使うメリット

エントリーパッケージを使ってLINEモバイルを契約申し込みするメリットは1つあり、通常、3400円の初期費用を1300円まで安くできることです。

エントリーパッケージを買う手間はありますが、それだけで初期費用を2100円も安くできるので節約効果はかなり高いと言えます。

武中
ただし、そんな美味しい話だけではなくデメリットもあります。

LINEモバイルのエントリーパッケージを使った場合のデメリット

LINEモバイルは通常、3400円の初期費用を1300円まで安くできることです。

しかし

  • 「エントリーパッケージを使うとLINEモバイルのお得なキャンペーンが適用されない」
  • 「エントリーパッケージは一度使うと再度エントリーパッケージは利用できない」
  • 「審査に落ちてもエントリーパッケージは再利用できない」

という3つのデメリットがあります。

エントリーパッケージを使うとキャンペーンが適用されない

LINEモバイルはお得なキャンペーンをやっていてエントリーパッケージを使う以上にお得になることがありますが、エントリーパッケージを使って申し込むとLINEモバイルのキャンペーンは適用されません。

キャンペーンを適用させたほうが得になることは多いので、良く確認してからエントリーパッケージを使うか判断するといいですね。

エントリーパッケージは一度使うと再度利用できない

LINEモバイルに限らずすべての格安SIMではエントリーパッケージを使って申し込みをした場合、

例えば申し込み途中に申込みを止めたり、セットのスマホの在庫がなくて申込みを止めたりしてもエントリーパッケージは使用済み扱いになり使えなくなります。

このことを知らないでエントリーパッケージを無駄にしてしまった人が続出しています。

審査に落ちてもエントリーパッケージは再利用できない

LINEモバイルの申込みには審査があります。

審査と言っても本人確認書類や入力内容に不備が無いかの確認だけなのですが、もし審査に落ちてしまった場合でもエントリーパッケージは使用済み扱いになり使えなくなります。

私はLINEモバイルを10回線契約していますが、エントリーパッケージを使って契約した時に入力ミスで審査落ちしました。

その時はエントリーコードは再度出来ず、LINEモバイルに電話で問い合わせをしましたが対応してもらえませんでした。

LINEモバイルのエントリーコードの再利用
  • 自分のミスでも一度入力したエントリーコードは利用できない(失効する)

データ通信のみ(SMSなし)SIMには適用できない

LINEモバイルのエントリーパッケージはデータ通信+SMSのSIMとデータ通信+音声通話のSIMしかエントリーパッケージは適用できません。

データ通信のみのSIMにはエントリーパッケージは適用外となるので注意が必要です。

エントリーパッケージ使用後はキャンセルできない

LINEモバイルのエントリーパッケージは一度でもエントリーコードを入力した後はそのエントリーパッケージのエントリコードの適用をキャンセルすることができません

例えば、エントリコードを入力したあとにブラウザを閉じたり、スマホのバッテリーが切れて電源が落ちてしまったりした場合でもエントリーコードの再利用はできません。

もちろん審査に落ちた場合や契約途中に契約を中断した場合や止めた場合もエントリーパッケージは使用済み扱いとなるため、再利用することはできません。

武中
特に多いのが欲しいスマホの在庫切れで申込みが出来なかった場合です。この場合でもエントリパッケージは使用済みとなりせっかく購入したエントリーパッケージ代が無駄になります。

LINEモバイルのエントリーパッケージの注意点

エントリパッケージの有効期限は4ヶ月

LINEモバイルのエントリーパッケージ内のエントリーコードには4ヶ月の有効期限があります。

そのためLINEモバイルを契約する直前にエントリーパッケージを購入しないと

有効期限切れとなってしまうことがあるので注意しましょう。

LINEモバイルのスマホの在庫を確認してから申込みをする

スマホ本体とセットでLINEモバイルのエントリーパッケージを使って申込み中に、ほしいスマホの在庫がないことが判明して申込みを中断したら、エントリーパッケージは無効になります。

なぜならLINEモバイルのエントリパッケージの入力画面は申込み画面の最初で入力し、スマホの選択は申込画面の中盤だからです。

スマホの在庫確認は下記の画面でできますのでLINEモバイルの申込み前に在庫状況を確認してから契約するとエントリパッケージが無駄になりません。

LINEモバイルをスマホとセットで購入する時の注意点
  • スマホの在庫を確認してからLINEモバイルを契約する

LINEモバイルのスマホの在庫状況確認方法

LINEモバイルは人気爆発中のため人気スマホは売り切れることが多々有ります。

買いたいスマホの在庫状況を調べる方法がありますので紹介します。

LINEモバイルのスマホの在庫を調べる方法

LINEモバイルをスマホの在庫の確認方法
  1. LINEモバイルのページを開く
  2. 申し込みをクリック
  3. 上記事項に同意のうえ申し込みをクリック
  4. 通常申し込みを選んで次へをクリックします
  5. 端末情報がでてくるのでこの画面で在庫があるかチェックします

在庫確認するときは絶対にエントリーコードを入れないでください

エントリーコードを入れて在庫確認するとエントリーパッケージが使用済みとなり契約時に使えなくなります。

LINEモバイルの在庫状況は申し込み画面の途中まで進めることで在庫状況を確認することができます。実際に申し込みわけではないので、利用規約などは読む必要はありません。

  • 在庫状況△:  在庫の残りがあるわずか
  • 品切れ: 在庫が売り切れています

在庫状況が△の状態だとあっという間に「品切れ」になります。それだけ売れているということです。人気のスマホは1ヶ月間ずっと品切れ状態の時もあるので事前確認は重要です。

LINEモバイルの事務手数料・初期費用を無料0円にして契約申し込みする方法手順まとめ

データ通信のみ(SMSなし)でないか確認してから申し込みする

LINEモバイルのエントリーパッケージは、データ通信のみのSIMにはエントリーパッケージは適用外となるので注意が必要です。

データ通信+SMSのSIMとデータ通信+音声通話のSIMにはエントリーパッケージは適用できます。

もし、データ通信のみのSIMカードが欲しい場合は、エントリーパッケージを購入しても無駄になるので購入せずに、

LINEモバイルの初月月額料金無料キャンペーンを適用させて申込みをするのがベストな方法です。

エントリーパッケージが使用済みになったら普通にキャンペーンを適用させて契約する

エントリパッケージを使って申込みをしたけど審査に落ちた、契約途中に契約をやめたなどの場合は、エントリーパッケージは使用済みになりそのエントリパッケージは無効になります。

その場合は「1.エントリーパッケージを再度購入する」「2.エントリーパッケージを使わないでキャンペーンを適用させて契約する」の2つの選択肢があります。

LINEモバイルのエントリーパッケージが無効になった場合の選択肢
  1. エントリーパッケージを再度購入する
  2. エントリーパッケージを使わないでキャンペーンを適用させて契約する

エントリーパッケージの適用に失敗したら普通に契約する

エントリーパッケージの適用に失敗したら、もう一度エントリーパッケージを購入するとさらに900円の追加料金がかかるので、損をします。

なぜなら、エントリーパッケージを使わないでキャンペーンを適用させて契約するほうが圧倒的にお得だからです。

LINEモバイルは今お得なキャンペーンを実施中

LINEモバイルは今すごくオトクなキャンペーンを実施しています。

10GBのデータ量が無料で貰えて初月の月額料金が無料になります。

LINEモバイルの最新キャンペーンまとめ

エントリーパッケージを使うとキャンペーンは適用されませんが、エントリーパッケージを使わないで契約するとキャンペーンが適用されます。

初月無料になるだけでなく、最大4000円分のAmazonギフト券が貰えたりしますのでLINEモバイルの申込み前に確認してみてください。