この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルはスマートウォッチで使える格安SIM【500円】

LINEモバイルはSIMカードを入れられるスマートウォッチでも利用できる格安SIMです。

LINEモバイルのSIMカードをスマートウォッチに挿入することで音声通話もデータ通信(インターネット)も使えるようになります。

LINEモバイルのSIMカードをスマートウォッチに入れるとLTEや3Gで通信ができるようになるため、スマートウォッチでSNSやLINEの通知やメッセージを読んだり返信することができます。

また音声通話SIMを選べばスマートウォッチ単体で電話の着信も発信もできるのでスマホやiPhoneを持っていなくても連絡を取ることができるようになります。

LINEモバイルはスマートウォッチで使える格安SIM

LINEモバイルはSIMカードが挿入できるスマートウォッチで問題なく使える格安SIMです。LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線のSIMカードが用意されているので

武中
どちらの回線のSIMカードを挿しても、スマートウォッチで使うことができます。

音声通話(電話)の発信や着信をする場合には音声通話に対応しているスマートウォッチで

LINEのモバイルの契約プランがデータ通信+音声通話のSIMカードを選択していれば単独で着信も発信もすることができます。

データ通信だけなら月額500円でスマートウォッチのSIMが使える

LINEモバイルには月額500円だけで高速データ通信が月に1GBできるLINEフリープランがあります。

武中
スマートウォッチでデータ通信(インターネット)だけしたい場合はこのプランが最適な選択です。
しまりすさん
月額500円は破格だね〜♪

音声通話機能をつけても月額1200円で使える

単体で音声通話(電話)ができるスマートウォッチの場合は、LINEモバイルのデータ通信+音声通話のSIMカードを選べば単体で電話の着信も発信もできます。

LINEモバイルはすべての格安SIMで月額料金が最安値クラスの格安SIMなので音声通話機能(電話機能)をつけても月額1200円という破格の月額料金で利用できてしまいます。

通話料金も自分から発信した場合のみで20円/30秒です。

スマートウォッチで着信した場合には一切通話料金はかかりません。

LINEモバイルの音声通話SIMで通話の着信も発信もできる

LINEモバイルは大きく「データ通信のみ」プラン、「データ通信+SMS」プラン、「データ通信+音声通話」プランの3つがあります。

LINEモバイルの「データ通信+音声通話」プランを選んでいて、スマートウォッチも音声通話に対応していればスマートウォッチ単体で発信も着信もすることができます。

LINEモバイルのSIMで通話をするためのプラン
  • LINEモバイル「データ通信+音声通話」プラン

LINEモバイルの格安SIMでスマートウオッチでLINEができる

LINEモバイルの「データ通信のみ」または「データ通信+音声通話」のSIMカードをスマートウォッチに挿入すると単体でLINEのメッセージの確認や返信(トークの確認や返信)ができます。

またスマートウォッチが対応していれば音声通話やビデオ通話も出来ますので、SIMカードを挿している普通のスマホと同じように使うことができます。

武中
LINEモバイルの格安SIMを使うと月額1200円で電話の着信も発信もできるスマートウォッチを作ることができます。

スマートウォッチにはLINEモバイルのドコモ回線の格安SIMがおすすめ

LINEモバイルにはSoftBankの回線を使ったSIMカードとdocomo回線を使ったSIMカードの2つがあり契約申し込み時に自分で選択することができるようになっています。

武中
どちらの回線でも月額料金もデータ容量もサービス内容も同じです。
武中
特別な理由がなければスマートウォッチで使うLINEモバイルのSIMカードはdocomo回線がおすすめです。

なぜなら、ドコモ回線の方がソフトバンク回線よりもエリアが広く、地下や地下鉄の中、山間部などでソフトバンク回線と比べ物にならないほど電波の入りが良いからです。

スマートウォッチはSIMフリー端末なのでどちらの回線でも使用することができますが、ドコモ回線の方が利便性が高いのでおすすめです。

LINEモバイルはSIMカードの使い回しができる格安SIM

LINEモバイルはSIMカードの使い回しが公式に認められている格安SIMです。

そのためスマートウォッチ以外のスマホやiPhone、iPadやタブレットに挿入して使っても問題ありません。

1枚のSIMカードを使い回すことで1回線の契約だけで複数端末が使えるようになるので大幅に通信費の節約ができます。

LINEモバイルのSIMカードを使いまわす
  • LINEモバイルは誰名義のスマホであっても利用可能
  • 複数端末で使い回しが許可されている格安SIM
  • 使いまわしても月額料金そのまま、追加料金も発生しない

LINEモバイルは使い回しができる格安SIM!詳細

LINEモバイルをスマートウォッチで使う時はSIMカードのサイズに注意

LINEモバイルのSIMカードをスマートウォッチで使う場合には、SIMカードのサイズに注意してください。

LINEモバイルでは「通常のSIMサイズ」「マイクロSIMサイズ」「ナノSIMサイズ」の3つのSIMカードのサイズを契約時に選ぶことができます。

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

【保存版】パソコン・PCから申し込み契約する方法と手順

スマートウォッチのSIMスロットのSIMカードのサイズに合わせないと利用できなので契約前にグーグルやヤフーの検索エンジンやアマゾンのスマートウォッチの商品ページなどで

そのスマートウォッチが対応しているSIMカードのサイズを選ばないと使えません

契約後のSIMカードのサイズ変更には手数料として3000円かかりますので注意が必要です。

これだけ注意しておけばLINEモバイルの格安SIMはスマートウォッチで問題なく使えます。

LINEモバイルの契約申し込み方法手順
  1. LINEモバイルを公式申込みページから申し込む(10分)
  2. SIMカードが届いたら付属の手順書を見ながら初期設定をする(5分)
  3. 完了!

LINEモバイルの申し込み方法や手順は下記で詳しく解説していますので参考にしてみてください。