当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルはデビットカードは使えない?LINE Payなら可能!

LINEモバイルの契約時や月額料金の支払いで「デビットカード」を使いたいとい思うことがありますが、

結論を先に書くと、LINEモバイルも他の格安SIM同様に「デビットカード」は使えません。しかしLINE Payを使うとデビットカートと同じように契約も支払いもできます。

LINEモバイルはデビットカードの代わりにLINE Payが使えるので

クレジットカードやデビットカードがなくてもLINEモバイルの契約も月額料金の支払いができるのでクレジットカードやデビットカードを持っていない人でも、

LINEモバイルを契約して大幅にスマホ代の節約に成功しています。

LINE Payは本人確認も審査も一切ありませんので必ず契約できます。

このLINE Payでの契約と月額料金に対応しているのはすべての格安SIMの中でLINEモバイルだけです。

ここではLINEモバイルが対応している支払い方法とクレジットカードやデビットカードがなくても契約と月額料金の支払いができるLINE Payについて詳しく紹介します。

LINEモバイルはデビットカードは使えないがLINE Payで代用できる

結論から先に書くとLINEモバイルはデビットカードに対応していません。

デビットカードでメジャーなVISAデビットカードも当然ながらデビットカードの一種なので使えません。

しかしデビットカードと同じように使えるLINE Payという決済方法に対応しているで心配する必要はありません。LINE Payはデビットカードと同じように使うことができるLINEモバイルだけで利用できる決済方法です。

契約時の支払いや月額料金の支払いなどはクレジットカードかLINE Payでしか行なえません。

LINEモバイルが対応している支払い方法

LINEモバイルの3つの決済方法
  • クレジットカード決済
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

LINEモバイルはクレジットカードに加えてLINE Payでの支払いにも対応しています。

他の格安SIMは決済方法は限定されており、「クレジットカードのみ」ですがLINEモバイルクレジットカードとLINE Payに対応しています。

LINEモバイルはクレジットカードやデビットカードを持っていなくても契約できる唯一の格安SIMです。

LINEモバイルの3つの支払い方法

LINEモバイルはvプリカは使えない!LINE Payで代用できる

LINEモバイルはvプリカに対応していません

LINEモバイルの利用規約にも「Vプリカなどのプリペイドカード(月次決済ができないもの)はご利用頂けません」と明記されています。

もしvプリカを持っていてクレジットカードを持っていない場合でもLINEモバイルはLINE Payを使うことでLINEモバイルの契約や月額料金の支払いができるのでLINEモバイルを手に入れることができます。

LINE Payはデビットカードやvプリカと同じように使うことができるLINEモバイルだけで利用できる決済方法です。

LINE Payカードを使えばクレジットカードもデビットカードも無くても契約が可能

LINEモバイルはクレジットカードだけでなくLINE Payカードというチャージ方のキャッシュカードでLINEモバイルの契約も月額料金の支払いもできます。

このLINE Payカードで支払いができるのはLINEモバイルだけです。

LINE Payは本人確認も審査も無いのでコンビニでLINE Payカードを買って同時にレジでチャージをしてLINE PayカードでLINEモバイルを契約すれば完了です。

クレジットカードやデビットカードを作らなくてもLINEモバイルは契約と月額料金の支払いができます。

LINEモバイルをLINE Payで契約申し込みと利用する方法手順

LINEモバイルの格安SIMはクレジットカードやデビットカードがなくても独自のLINE Payカードを使うことでLINEモバイルの契約も月額料金の支払いもできる唯一の格安SIMです。

LINE Payカードはコンビニや薬局で入手でき、1000円〜10000円の間で自分で選んでチャージします。チャージしたLINE Payカードを使えば、クレジットカードがなくてもデビットカードを持っていなくてもLINEモバイルを契約して月額料金の支払いもすることができます。

LINE Payは購入時もチャージ時も本人確認はありません

LINE PayカードでLINEモバイルを契約する手順
  1. LINE Payの登録手続きをする
  2. LINEモバイルの公式サイトからLINEモバイルに申し込む
  3. LINEモバイルのSIMカードが届いたら初期設定をする
  4. LINEモバイル利用開始!

LINE Payの申し込み方法

では実際にLINEモバイルで使うためのLINE Pay申し込み方法を詳しく一つ一つ手順で紹介していきます。

基本的にiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットなどの端末から申込みをしても同じ内容です。

STEP1. LINEアプリを開いて「LINE Pay」をタップする

LINE Payの申込みはLINEアプリから行います。

LINEアプリを開いて、「その他」を開いたら画面の真ん中あたりにある「LINE Pay」のアイコンをタップします。

STEP2. LINE Payカードのデザインを選択する

LINE PayはLINE PayカードというJCBのプリペイドカードがセットになっています。

ここでは、そのLINE Payカードのデザインを自分の好きなデザインのLINE Payカードを選択して「次へ」をタップします。

ここでは、ブラウンを選択しました。

「次へ」をタップします。

※以前はLINE Payカードが実は全国のコンビニなどでも購入することができましたが今は購入できなくなりました。

STEP3. 名前を漢字で入力する

LINE Payの申込者の名前を漢字で入力して、「次へ」をタップします。

STEP4. 郵便番号と住所を入力します

次に、郵便番号と住所を入力します。

この郵便番号と住所の場所にLINE Payカードが郵送されてきます。

STEP4. LINE Payカードが発送されてきたらチャージする

LINE Payカードの申込みを完了すると、1〜2週間くらいで自宅にLINE Payカードが送られてくるので全国のコンビニや銀行からチャージをします。

ここではLINEモバイルの契約と2ヶ月分の月額料金相当の5500円を入金しました。

LINE Payの3つのチャージ方法

LINE Payにチャージする方法は大きく3つあります。

LINE Payの3つのチャージ方法
  • コンビニ(ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップ、セイコーマート)からの入金(チャージ)
  • 銀行口座からの入金(チャージ)
  • Pay-easy ATM(ペイジー)からの入金(チャージ)

一番簡単なチャージ方法は全国にあるコンビニでチャージする方法です。

LINE Payが対応している銀行一覧まとめ

LINE Payが対応しているメガバンク系

・ゆうちょ銀行

・三菱UFJ銀行

・三井住友銀行

・みずほ銀行

LINE Payが対応している銀行一覧(50音順)

あ行

・愛知銀行

・青森銀行

・秋田銀行

・足利銀行

・阿波銀行

・伊予銀行

・岩手銀行

・SBJ銀行

・愛知銀行

か行

・香川銀行

・北日本銀行

・京都銀行

・きらやか銀行

・熊本銀行

・群馬銀行

・京橋銀行

・高知銀行

さ行

・埼玉りそな銀行

・滋賀銀行

・四国銀行

・静岡銀行

・七十七銀行

・荘内銀行

・親和銀行

・じぶん銀行

・ジャパネット銀行

・十六銀行

・常陽銀行

・仙台銀行

た行

・大光銀行

・第三銀行

・大東銀行

・千葉銀行

・千葉興業銀行

・中京銀行

・筑波銀行

・東和銀行

・徳島銀行

・栃木銀行

・鳥取銀行

・トマト銀行

は行

・八十二銀行

・百五銀行

・百十四銀行

・福井銀行

・福岡銀行

・北都銀行

・北陸銀行

・北海道銀行

ま行

・三重銀行

・みずほ銀行

・みちのく銀行

・三井住友銀行

・三菱USJ銀行

・武蔵野銀行

や行

・山形銀行

・山梨中央銀行

・ゆうちょ銀行

・横浜銀行

ら行

・楽天銀行

・りそな銀行

ネット銀行

・楽天銀行

・ジャパネット銀行

・じぶん銀行

LINEモバイルの申込みの支払いの選択でLINE Payを選ぶ

下記で詳しく紹介しているLINE PayでのLINEモバイルの契約画面の途中にある「支払い方法の選択画面」でLINE Payを選択することで契約できます。

LINE Payを使ってLINEモバイルを契約する詳しい手順は、下記で詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

拍子抜けするくらい簡単に契約してLINEモバイルの格安SIMを使うことができますよ。

詳しい手順は以下のページで個別にまとめましたので参考にしてみて下さい。

docomoからLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

auからLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

ソフトバンクからLINEモバイルへMNPする方法と手順まとめ

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

【保存版】パソコン・PCから申し込み契約する方法と手順

クレジットカードやLINE Payで申し込むと基本的に審査に通る

LINEモバイルには審査がありますが実は契約内容の不備を確認しているだけなので実際は審査というような厳しいものはありません。

クレジットカードやLINE Payで申し込むと審査は基本的に通過します。

まれに審査に落ちる場合がありますが、クレジットカードの名義と申込み者の名義が異なっていたり、本人確認書類の写真が鮮明出なかったりブレていたり、裏面の撮影を忘れていたりと単純な理由で審査におります。

何と言ってもLINEモバイルはクレジットカードの信用情報をもっていません

自己破産歴があってもブラックリストに載っていてもその情報は参照できませんのでクレジットカードやLINE Payで申し込んだだけで審査に通ります。

デビットカードに対応している格安SIMは?

LINEモバイルはLINE Payに対応しているのデビットカードやクレジットカードがなくても契約できるので問題ないかと思いますが、どうしてもデビットカードで契約したい場合は、下記の格安SIMはデビットカードでの支払いに対応しているのでこちらを選択するという方法もあります。

ただしこれら3つの格安SIMはLINEモバイルと比べて通信速度が遅く月額料金も高いのでそれを理解した上で契約してください。

デビットカードに対応している3つの格安SIM

この3つの格安SIMはクレジットカードを持っていなくてもデビットカードを持っていれば契約して使うことができます。

デビットカードは審査がないため取得しやすく支払ったらすぐに銀行口座から引き出されるためキャッシュカードのような使い方ができます。

mineoはわたしもいろいろな格安SIMを使ってきてLINEモバイルを使う前までメインの格安SIMとして使っていたのでおすすめです。といっても現在メインで使っているのはLINEモバイルなのでLINEモバイルを選択するのがいま現在ベストな選択です。

データ通信(インターネット)が月額500円だけ、080/090の音声通話をつけても月額1200円で使える格安SIMはLINEモバイル以外ありません。