当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルは安かろう悪かろうではないですか?

LINEモバイルの格安SIMは月額料金が500円からととても安いので、「安かろう悪かろう」ではないか?と思うかもしれません。

結論から先に書くと、全くそのようなことはなく、価格以上の性能と品質になっています。値段以上の品質で回線速度ナンバー1と利用者満足度ナンバー1を獲得している評価が高い格安SIMです。

長く使っても通信品質も速度も低下しない格安SIMで、月額500円からという格安の料金で長く使うことができる唯一の格安SIMとなっています。

また、サポートも充実しており24時間いつでも無料でサポートを受けられます。

しまりすさん
LINEモバイルは月額500円で使えるとか「安かろう悪かろう」ではないの?
武中
それは間違いだよ。LINEモバイルの電波の入りは大手キャリアと同じだよ!通信速度はむしろキャリアよりも速いくらいで店舗も持たなくて、設備を借りているから安くできるんだ。

LINEモバイルは回線速度No.1!電波の入りは大手キャリアと同じ

LINEモバイルは通信速度が爆速!大手キャリヤよりも速い!

LINEモバイルは格安SIMの中でダントツに通信速度が速くて安定しています。

込み合う昼休みの時間や通勤時間でも通信速度が低下することはないので快適に使えます。

LINEモバイルの通信速度は大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクよりも速く、快適に使えるため、はじめて格安SIMを使う人や大手キャリアから乗り換える人におすすめできる格安SIMです。

LINEモバイルはdocomoの通信回線や電波を使っている格安SIMで通信速度が最速です。

LINEモバイルの通信速度 比較グラフ

↑お昼 12時の時間の速度計測結果

↑通勤時間 18時の時間の速度計測結果

画像出典: orefolder.net 格安SIM速度比較

 LINEモバイルの電波の入りは大手キャリアと全く同じ!

通信速度はわかった!では電波の入りは?と気になるかと思います。

結論から先に言うと、LINEモバイルの電波の入りは大手キャリアのdocomoと全く同じです。

理由は、LINEモバイルはdocomoのアンテナや設備を借りて使っているため同じ電波を使っているからです。

また、電気通信事業法で「不要な差別的な取り扱いを禁止する」という決まりがあり、 大手キャリアは電波をよくして、格安SIMの電波を悪くするということは禁止されています。

そのためLINEモバイルは格安SIMだから電波を悪くしたり後回しにするということは一切なくdocomoと全く同じ電波なのです。

実際にdocomoからLINEモバイルに乗り換えましたが繋がりにくくなったり通話の品質が低下したということは感じていません。全く同じです。

災害時も大手キャリアと電波の入りや繋がりやすさは同じ

災害時もLINEモバイルは大手キャリアと電波の入りや繋がりやすさは全く同じです。

もし異なっていたら格安SIMを使っているからという理由で人命に関わるようなことが発生してしまいます。そのようなことが起こらないよう、法で決められているのです。

”LINEモバイルが対応している緊急電話リスト”
  • 104: 番号案内
  • 113: 電話の故障
  • 115: 電報のお申し込み
  • 117: 時報
  • 119: 火事・救助・救急車
  • 177: 天気予報
  • 159: 空いたらお知らせ159
  • 189: 児童相談所全国共通ダイヤル
  • 110: 警察への事件・事故の急報
  • 114: お話し中調べ
  • 116: 電話の新設・移転・各種ご相談
  • 118: 海上の事件・事故の急報
  • 171: 災害用伝言ダイヤル
  • 136: ナンバーお知らせ136
  • 188: 消費者ホットライン

緊急時にも110や119の電話は問題なくかけられるので心配する必要はありません。

【重要】LINEモバイルは緊急電話はかけられる?詳細

なぜLINEモバイルは安い月額料金で利用できるのか

まとめに入ります。LINEモバイルがこの安い月額料金で利用できる理由を下記にまとめました。

LINEモバイルが安い月額料金で使える4つの理由
  1. ドコモの基地局や電波を借りているので設備投資が不要
  2. 店舗を持たないので人件費や維持費がいらない
  3. 申し込みがインターネットを通じて行う仕組み
  4. サポートが電話とメールのみ

LINEモバイルはこのように大手キャリアが高い理由となっている部分を排除し、必要なものはレンタルすることで利用するのにかかる費用が抑えられるため、

結果として利用者が安い月額料金で利用できるようになっている。というわけです。