この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【最安の格安SIM】LINEモバイルは格安SIMで月額料金最安クラスですか?

【月額料金最安で最速の格安SIM】LINEモバイルはすべての格安SIMの中で月額料金が最安値クラスの格安SIMです

月額500円だけという驚異的な料金でLINEもインターネットもテザリングも使い放題の格安SIMなので初めての格安SIMや他社の格安SIMからの乗り換え先として爆発的に選ばれています

LINEモバイルは月額料金500円だけで利用できるのでなにかデメリットがあるのかと思いますが、デメリットは一切ありません。

LINEモバイルはLINEアプリを提供している会社で資本が十分にあるため価格以上の品質となっています。

mineoやIIJmio、楽天モバイル、OCNモバイルONEなどの他社の格安SIMの通信速度や回線の安定度に満足できなかった人の乗り換え先として選ばれている格安SIMで自宅のインターネット回線として使っている人もいます。

実はDMM mobileが月額料金が最安値・・・なぜなら

LINEモバイルはすべての格安SIMのなかで最安値クラスではありますが最安値の月額料金ではありません。月額料金が最安の格安SIMはすべての格安SIM中で「DMM mobile」です。

絶対に最安値にならないカラクリがあります。

しまりすさん
LINEモバイルは最安値じゃないんだ♪
武中
DMM mobileは必ずどの格安SIMより最安値にするように価格設定するから最安値にはならないんだ。でも最安値クラスだよ!

最安値の格安SIMはDMM mobileで他のどの格安SIMもこの格安SIMの月額料金の安さには勝つことができません。

なぜならDMMモバイルは他の格安SIMが自社よりも安い月額料金にしたらその月額料金よりも安くするからです。

私もDMM mobilleのSIMカードを契約して持っていますが、通信品質はLINEモバイルのようによくはなくいまいちです。昼間や通勤時間は1Mbpsも出ないときが多々あります。

それだけではなくていきなりかなり厳しい速度制限(通信制限)をかけたれたりしてストレスが溜まることがよくあります。

これはユーザー数に対して設備投資がされていないからです。今後も解決するとは考えにくく、ユーザー数は増加し続けるためますます悪化すると思われます。

DMM mobileの月額料金一覧表

LINEモバイルの月額料金一覧表

DMM mobileがどこよりも月額料金を安く提供するという経営方針のためLINEモバイルは最安値ではありませんが、格安SIM業界では最安値クラスです。

格安SIM最安のDMM mobileと比べると価格差はたったの20円です(1GBプラン)

LINEモバイルは月額料金最安値クラス!

LINEモバイルは格安SIMの中で最安値クラスです。1GBプランであれば月額500円だけで使えてしまいます。たった500円で使い放題です!

しかしこの月額500円のプランはデータ通信専用のため080/090ではじまる音声通話機能をつけても月額1200円で収まります。

 月額料金データ容量
LINEフリープラン(データ通信専用SIM)500円1GB
コミュニケーションフリープラン(データ+SMS)1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
コミュニケーションフリープラン(データ+音声通話SIM)1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB

大手キャリアの場合は月額8000円〜15000円くらいの料金を支払っていたと思うのでものすごく節約することができます。

LINEモバイルはデータ通信だけでよければ月額500円だけで使えますし、080/090/070の電話番号から始まる音声通話をつけても月額1200円に収まります

乗り換えると思うのは簡単に乗り替えられて月額5000円以上安くなるのになんでもっと早くのり変えなかったんだ!!って思います。1年間で15万円〜20万円くらいの節約ができます!

LINEモバイルの月額500円プランでも「SMARTalk」を使えば通話機能をつけられる

LINEモバイルの月額500円のLINEフリープランはデータ通信のみなのでLINEの音声通話は無料で使い放題ですが、電話番号を使った通話はできません。

しかし、楽天が提供している月額料金が無料で使える「SMARTalk」を使うことで050から始まる電話番号が無料でもらえるので携帯電話や固定電話、お店などに月額500円のLINEフリープランで音声通話ができるようになります

通話料金はとても安く国内通話はどこにかけても8円/30秒なのでLINEモバイルの090/080から始める音声通話よりも通話料金が安くなっています。

もちろん「SMARTalk」は発信だけでなく着信もできるので月額500円のデータ通信専用プランでも通話ができるようになります。

武中
私も使っていますが、LINEモバイルの月額500円のプランと「SMARTalk」の組み合わせで快適に使えています。月額料金もかからず通話をかけた時だけ料金が発生するので無駄がありません。

数十円の違いなので品質の良い格安SIMを選んでおくと後悔しない

LINEモバイルと格安SIM最安値のDMM mobileの月額料金の差額は20円だけです

DMMモバイルとLINEモバイルの月額料金の比較
  • DMMモバイルの格安SIM: 月額480円
  • LINEモバイルの格安SIM: 月額500円

差額は10円だけなのに通信品質が違いすぎる

DMM mobileは月額料金は最安値ですが通信品質はLINEモバイルの足元にも及ばなく使っていてとてもストレスがたまります。

DMMモバイルとLINEモバイルの通信速度の比較

平日の9時の時間帯にDMMモバイルを挿したiPhone7とLINEモバイルの格安SIMを挿したiPhone6sの2台を同一条件で速度計測してみました。

まずは、DMM mobileの計測結果です。通信速度は下りで1Mbps程度しか出ておらず体感的にもかなり遅いのを感じました。

次にLINEモバイルの計測結果です。同日条件で計測しているのにもかかわらず下り40Mbps以上でており上りも25Mbps程度でているので爆速で通信できていることがわかります。

月額料金はたった20円の違いですが、実際に使っていると快適度が全く異なります。そのため私は特別な理由がない限りDMM mobileの格安SIMは使っていません


そのため月額料金が最安値だからといってDMM mobileに飛びついた人が「速度がでない」「昼休みや通勤時間が遅すぎてストレスがたまる」

「貯まったポイントが使えない仕組みで意味がない」など評判はあまりよくありません。実際に使っているとその評価のとおりであることがわかります。

LINEモバイルは通信速度No.1の格安SIMで昼休みや通勤時間の混み合う時間帯でも安定して通信速度が高いです。

選んでよかったと思える品質になっておりLINEモバイルリリースから6ヶ月経過していますが未だに速度は早く安定しているため長く使える格安SIMです。

LINEモバイルはかなり快適に使えていて20円の価格差以上の快適度と満足感があります

LINEモバイルの公式サイト