この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【重要】LINEモバイルはSIMを複数契約できる最大と方法手順

結論を先に書くと、LINEモバイルは1人の契約者で最大10枚(10回線)まで契約することができます。11枚以上のSIMカードの契約は契約者名を変更すれば可能になります。

2回線目以降であってもLINEモバイルの公式ページから申し込みができます。

LINEモバイルの格安SIMの複数回線契約
  • LINEモバイルのSIMカードの複数枚契約の最大数: 1契約者10枚まで

※11枚以上は契約者を他の人に変更することで契約可能

ここではLINEモバイルで複数枚の格安SIMカードを契約する方法や最大枚数などについて紹介します。

LINEモバイルはSIMを複数枚契約できる

LINEモバイルは複数枚のSIMカードを契約することが可能な格安SIMです。

例えば、スマホを2台持ちしていたりiPhoneとAndroidスマホの2台を使っていたりタブレットを使っている人も多いかと思います。

そのような場合でもLINEモバイルは最初から複数枚で契約することも考えられていて、

1回線ごとに契約する必要がありますが複数枚の契約が可能です。

LINEモバイルは最大10枚(10回線)まで契約が可能

LINEモバイルは1人の契約者で最大10枚(10回線)まで契約することができます。個人であれば同じ格安SIMを10回線も契約する人はまずいないと思います。

11回線以上の場合は契約者を変える必要があります。

LINEモバイルで複数のSIMカードを契約する方法と手順

LINEモバイルをはじめて契約する場合

  1. LINEモバイルの格安SIMの申し込みページを開く
  2. 申し込み内容やプラン、端末の有無、SIMカードのサイズなどを選択
  3. 契約者情報を入力
  4. LINEモバイルの利用者情報を入力
  5. 支払い方法(クレジットカードやLINE Pay)を選択
  6. LINEモバイルの契約完了

LINEモバイルを既に契約していて追加でSIMカードを追加する場合

  1. LINEモバイルの格安SIMの申し込みページを開く
  2. 申し込み内容やプラン、端末の有無、SIMカードのサイズなどを選択
  3. 契約者情報を入力
  4. LINEモバイルの利用者情報を入力
  5. 支払い方法(クレジットカードやLINE Pay)を選択
  6. LINEモバイルの契約完了

LINEモバイルは月額料金の請求先を1人にまとめることが可能

LINEモバイルを家族全員で契約することもあるかと思います。

LINEモバイルは1契約者で10枚までSIMカードを契約することができるので、例えば父親や母親を契約者にして子供や家族のぶんのSIMカードを契約することができます。

この場合は、請求先を「契約者である父親や母親」にすることができるので家族全員分のLINEモバイルの利用料金の請求先をまとめられます

私もその1人で家族全員がLINEモバイルを使っていて父親名義に対して、家族の月額料金を一括で請求することが可能なので私もこの方法を使っています。

この方法はとても簡単で「すべての契約時の本人確認の書類を父親名義」にして、「利用者の設定項目で家族の名前を入力」することで可能となります。

しまりすさん
請求先をパパ1人にまとめることもできるの?
武中
LINEモバイルは請求先を1人にまとめることができるよ!申し込み時に本人確認の書類を請求者にして利用者を家族の名義にすれば一括請求になるんだ。

LINEモバイルはSIMの差し替えが自由にできる

LINEモバイルはSIMカードを差し替えて使うことに制約はありません。

そのため、自由に差し替えて使うことができるようになっています。SIMカードを差し替えてもAPNの設定やプロファイルのインストールを忘れないようにしてくださいね。

しまりすさん
SIMカードを外に持っているスマホに差し替えて使えたりするの?
武中
LINEモバイルは自由にSIMカードを差し替えて使えるようになっているよ。SIM挿す端末がdocomoで使っていた端末やSIMフリーの端末であれば差し替えて初期設定をすれば使えるよ。

例えば、複数のスマホやタブレットをもっているけどたまにしか外に持ち出さない場合もあるでしょう。そのような場合は外でSIMカードを使って通信したいスマホやiPhone、タブレットにSIMカードを差し替えることで通信することができようになっています。


LINEモバイル公式サイト