当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【必見】LINEモバイルはSpotifyが快適でおすすめな格安SIM

LINEモバイルはSpotify(スポティファイ)が快適に使える格安SIMです。

iPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットで速度制限がかかっていない通常時だけでなく速度制限中(通信制限中)の低速モードであってもLINEモバイルのdocomo回線とSoftBank 回線の格安SIMは快適に使うことができます。

僕もLINEモバイルのdocomo回線のSIMカードとSoftBankのSIMカードでSpotify(スポティファイ)の使用歴2年で毎日ハードに使っていますが、速度制限中でも途切れたり、待たされたりすることなく快適に使えています。

もちろんLINEモバイルの格安SIMでテザリングしてPCでSpotifyを聴くこともできます。

Spotify Runningというランニング機能が追加されてLINEモバイルの格安SIMでSpotify Runningも快適に使えています。

自動的に走ったり歩いたりしているテンポを計測して曲を選んでくれるので気持ちよくランニングができます。

LINEモバイルの格安SIMを使うと月額500円のLINEモバイルの月額料金だけでSpotify(スポティファイ)が無料で聴き放題になります。無料プランで有料プランと同じように使う方法も下の方で紹介しています。

LINEモバイルはSpotifyが快適に聴ける最安最速の格安SIM

多くの格安SIMがありますが、音楽聴き放題のストリーミング配信サービスのSpotify(スポティファイ)を常に快適に聴ける格安SIMはLINEモバイルです。

LINEモバイルにはdocomo回線のSIMカードとSoftBank回線のSIMカードの2つがあってLINEモバイルの契約申し込み時に自由に選択することができますが

docomo回線でもSoftBank回線でもどちらの回線であっても快適にSpotify(スポティファイ)を使うことができます

LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の違いと比較

LINEモバイルの通信速度は主に速度が低下しやすいお昼休みの12時の時間帯でもかなり速度がでます。高速でグラフが安定しているため安定してる回線であることがわかります。

LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の通信速度の計測結果

LINEモバイルは速度制限中でもSpotifyが快適に聴ける格安SIM

LINEモバイルの格安SIMにかぎらず全ての格安SIMで同じですが、契約しているプランの1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量以上のデータ通信(ネット)を使うと速度制限(通信制限)がかかって通信速度が遅くなります。

LINEモバイルはdocomo回線、SoftBank回線の2つがありますがどちらの回線でも通信制限がかかってもSpotify(スポティファイ)での音楽の再生は高音質で快適に聴くことができます。

(↑Spotifyの視聴テストのためLINEモバイルのデータ残量を使い切ってからテストしました。)

実際にLINEモバイルのデータ残量をゼロにしてテストしてみましたがSpotifyの最高音質、高音質、中音質、自動のどの音質設定でも快適に聴くことができました

武中
mineo(AプランもDプランも)やDMMモバイル、OCNモバイルONE、楽天モバイルは標準音質にしないと途切れてしまって聴くことが出来ませんでした。

LINEモバイルは月額500円の最安のプランでテストしたのにもかかわらず高音質設定で安定して聴けているのでかなり優秀な性能であることを確認しています。

Spotifyの通信はLINEモバイルのデータフリー(カウントフリー)の対象外

LINEモバイルの格安SIMにはLINEやSNSのTwitter、Facebook、インスタグラムで使った通信を使用した通信量としてカウントしないデータフリー(旧名: カウントフリー)機能がありますが、SpotifyはLINEモバイルのデータフリー(カウントフリー)の対象外です。

しかし、SpotifyがLINEモバイルのデータフリー(カウントフリー)の対象外であっても特に問題なく速度制限中であっても快適に使うことができますので特に影響はありません

LINEモバイル「カウントフリー(データフリー)」の詳細と対象通信

LINEモバイルは速度制限・通信制限が緩い甘い格安SIM

LINEモバイルは他の格安SIMと同じで速度制限された時の通信速度は200kbpsと公表されていますが、LINEモバイルは速度制限がかかった場合でも実際は500kbps近い通信速度が出ており他の格安SIMよりも快適に使うことができます。

LINEモバイルの速度制限・回線制限の詳細
  • 公称値: 200kbps
  • 実測値: 440〜500kbps (実際は2.5倍の速度が出る)
武中
docomo、au、SoftBankは速度制限時の速度は128kbpsで使い物にならないくらい遅くなりますがLINEモバイルは速度制限がかかっていることに気が付かないくらいストレスフリーで快適に使えます。

LINEモバイルの速度制限・速度規制の詳細

LINEモバイルのデータ容量を上限まで使った時の通信速度を計測した結果

Spotifyの音質別のビットレート(必要な通信速度)

Spotifyの音質は最高音質、高音質、中音質、自動から選択することができてそれぞれ必要な転送速度が決まっています。自動を選んだ場合は回線速度を自動的に計測して最適なビットレート(転送速度)にして音楽をダウンロードしてくれます。

Spotifyの音質別のビットレート(必要な通信速度)
  • 標準音質(Normal) : 約96kbps
  • 高音質(High): 約160kbps
  • 最高音質(Extreme) : 約320kbps
  • 自動(Auto): ネットワークの接続状況に合わせて自動で調節

だいたい目安としては標準音質で1時間聴くと60MBほどのデータ転送量になります。最高音質の場合は1時間で500MBほどの通信量になります。

武中
LINEモバイルは速度制限中であっても440〜500kbpsの通信速度が実際に出るのでSpotifyの高音質設定で音楽を楽しむことができます。

mineo(AプランもDプランも)やDMMモバイル、OCNモバイルONE、楽天モバイルは標準音質にしないと途切れてしまって聴くことが出来ませんでした。

しまりすさん
標準音質にしないと聴けないってことは回線の速度が足りないってことだもんね〜♪

LINEモバイルは3日制限がない格安SIMなのでSpotifyを快適に聴ける

LINEモバイルには3日で◯◯MBで速度制限というものが存在しません。

例えば直近3日で366MB以上通信をすると速度制限がかかる格安SIMがありますがLINEモバイルにはこのような制限は一切ありません

LINEモバイルは3日間制限なしの最速最安の格安SIM

そのため短期間のうちにSpotify(スポティファイ)で大量のデータ通信をしても制限がかかることがないのでとても使いやすい格安SIMなのです。

武中
常に高音質設定で一日中音楽を聞き再生しっぱなしにしていても速度制限されることがありません。

ただし当然ですが、契約しているプランの1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量以上のデータ通信(ネット)を使うと速度制限(通信制限)がかかって通信速度が遅くなりますが、LINEモバイルは速度制限中であっても快適にSpotifyで音楽を聴くことができます

LINEモバイルはSpotifyが完全無料で使える格安SIM

LINEモバイルの格安SIMではSpotifyが完全無料で使えます

Spotify(スポティファイ)の無料プランで問題なく音楽を聴くことができますし、データ量は消費しますが速度制限がかかっても高音質で聴くことができる格安SIMなのでこれと言って料金が発生したり制限がかかったりすることはありません。

また、LINEモバイルの速度制限中でもSpotify(スポティファイ)の無料プランで高音質設定で一日中かけっぱなしで聴くことができます

Spotify(スポティファイ)の有料プランと無料プランの違い

Spotify(スポティファイ)の有料プランと無料プランの違い
  • 無料プランはすべてシャッフル再生になる
  • 無料プランは4〜5曲に1回広告が入る
  • 無料プランは1時間に6回までしか曲送りや曲戻し(スキップ)ができない
  • 有料プランは曲送りや曲戻し(スキップ)が無制限にできる
  • 無料プランは音楽をダウンロード(オフライン再生)することができない
  • 無料プランでも有料プランでも歌詞が見れる
  • 無料プランでも音楽を最初から最後までフルに再生できる
  • 無料プランでも有料プランでもプレイリストの作成や再生ができる
  • 無料プランは「最高音質(320kbps)」が選択できない

(画像出典: tokyo-indie-band.com)

Spotifyの無料プランでおすすめの曲をスキップして好きな曲だけ聴く方法

Spotify(スポティファイ)の無料プランは「おすすめの曲」が入ってくるのでちょっと使いにくいと思うことがあります。一度おすすめの曲が流れるとおすすめの曲のループに入るので自分が聞きたい曲に戻ってこなくなったりします。

そのような場合は、プレイリストを複数作って1つ目のプレイリストを聞いている時に「おすすめの曲」のループに入ったら次のプレイリストを移動するとおすすめの曲のループを回避することができます。

Spotify(スポティファイ)は全く同じ曲が入ったプレイリストを複数作ることができるのでこれで有料プラン並に快適に使えます。

Spotify(スポティファイ)の無料プランで好きな曲だけ聞く方法は、プレイリストに1曲だけ自分が好きな曲を入れてリピート再生すればずっと好きな曲を聞き続けることができます。

Spotify(スポティファイ)の有料プランの価格・料金

Spotify(スポティファイ)の有料プランの価格・料金
  • Spotifyの無料プラン(free): 0円の無料
  • Spotifyの有料プラン(Premium):月額980円(税込)
武中
ただしSpotifyの有料プラン(Premium)はよくキャペーンをやっていて月額100円で3ヶ月間使えるタイミングがあります。
しまりすさん
無料プランからはじめてプレミアムプランにアップグレードしてもいいね〜♪

月額500円のLINEモバイルの格安SIMでSpotifyを快適に使える

Spotify(スポティファイ)はLINEモバイルの格安SIMのdocomo回線とSoftBank回線で快適に使えます。

LINEモバイルのdocomo回線とSoftBank回線は月額500円だけで使えるLINEフリープランが用意されていてそのプランであってもSpotify(スポティファイ)を快適に使うことができる格安SIMです。

LINEモバイルの格安SIMの全プランと料金完全まとめ

月額500円だけでネットも電話もできる格安SIMはLINEモバイル

武中
また速度制限中でも快適にSpotify(スポティファイ)を聴くことができるのはLINEモバイルの格安SIMだけで最速最安の格安SIMなので価格以上の性能となっています。

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのプランが用意されていてdocomo、au、SoftBank、Y!mobileや他社の格安SIMから

電話番号そのままで引き継いで乗り換えられるMNP転入に対応している格安SIMなので、LINEモバイルに乗り換えるだけで快適度はそのままで大幅に節約ができます。

武中
LINEモバイルはすべての格安SIMの中でユーザー満足度ナンバー1を獲得してる格安SIMで爆発的な人気がある格安SIMです。

LINEモバイルはソフトバンク株式会社の小会社になったのでさらに通信品質やサービス内容が向上していくのが使っていて楽しみです。実際にLINEモバイルはソフトバンク回線でも格安SIM最速の通信速度を出している格安SIMでとにかく快適に使えます。

 
武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。LINEモバイルは2019年3月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル6大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

今だけ!!docomo回線とSoftBank回線の全プランの月額料金が3か月間毎月1,390円割引キャンペーン(3ヶ月間月額料金300円だけ使える)!+5,000LINEポイントプレゼント実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و