当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

LINEモバイルをお試しで使う完全手順と注意点まとめ

LINEモバイルは実はお試しができる格安SIMです。

LINEモバイルのデータ通信SIMには最低利用期間がないので、契約した初月に解約しても違約金や契約解除料がかかりません。

また、LINEモバイルは初月の月額料金が全額無料です。

そのため、格安SIMに乗り換える前に格安SIMの使い心地や通信速度、電波の入り具合などをお試しするこことができます。

LINEモバイルには1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのどのプランを選んでも初月の月額料金はすべて無料なので思いっきりデータ通信をしてLINEモバイルの使い心地を確かめていみると安心してLINEモバイルをメイン回線として使えます。

LINEモバイルはdocomoとSoftBankから回線を借りて使っているので音声通話の通信品質や繋がりやすさは全く同じです。

ここでは、LINEモバイルをお試しで使う方法と必要な料金、注意点を詳しく解説します!

目次

LINEモバイルはお試しで使える格安SIM

LINEモバイルはデータ通信SIMであればお試しで使えます。

LINEモバイルのデータ通信SIMには、最低利用期間がなく、

2年縛りなどの一切ないのでお試しをして、契約した初月に解約しても契約解除料や違約金は一切かかりません。

そのため、いつ解約してもかかる費用はないので好きなタイミングでお試しを終了して解約することができます。

LINEモバイル データ通信専用SIM 解約手数料
  • データ通信専用SIMの解約: 解約手数料0円

データ通信専用SIMは音声通話機能がないので070/080/090の音声通話は使えませんが、他の機能はすべて音声通話SIMと同じように使うことができます。

”LINEモバイルのデータ通信SIMと音声通話SIMの違い”
  • データ通信のみプラン: 音声通話はできない(電話機能がないため)
  • 音声通話プラン: 音声通話の発信も着信もできる(大手キャリアと同じ用に使える)
武中
データ通信SIMでお試しをする場合は、電話番号をLINEモバイルのモバイルに移していないのでいつ解約しても影響がありません

お試し後に電話番号を引き継いでLINEモバイルに乗り換えれば、今使っている回線に影響なくお試しすることができます。

音声通話付きSIMの場合は1年以内の解約だと解約手数料9800円が発生

LINEモバイルの音声通話SIMの場合は利用をはじめた月を1ヶ月目として、12ヶ月後の末日を超えていないと解約手数料9,800円が発生します。

13ヶ月目またはそれ以降に解約すれば解約手数料は0円になります。

LINEモバイルの解約手数料
  • 音声通話機能付きのSIM 1年以内の解約: 解約手数料9,800円
武中
そのため、LINEモバイルを短期間お試しをしたい場合は、音声通話SIMではなくデータ通信専用SIMを選ぶようにして下さいね。

完全無料でお試しで使える格安SIMは存在しない

[YD-data]現在、完全無料でお試しで使える格安SIMは存在しません。

唯一LINEモバイルのデータ通信SIMが初月の月額料金全額無料+最低利用期間なしでいつでも解約できる格安SIMなので、

docomoやau、ソフトバンク、Y!mobileやUQ mobileを使っている人が格安SIMを試してみたい。という人に選ばれています

武中
LINEモバイルはすべての格安SIMで月額料金最安値で通信速度が最速の格安SIMなので、そのままメイン回線として乗り換える人がほとんどです。

LINEモバイルでお試しできる2つの回線タイプ

LINEモバイルはマルチキャリア格安SIMでSoftBank回線のSIMカードとdocomo回線のSIMカードの2つを提供していて、LINEモバイルの契約申し込み時に自由に選択することができます。

LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードとドコモ回線のSIMカードのはどちらも月額料金もサービス内容は同じですが、

利用できるエリア、対応周波数バンド、利用できる端末、通信速度、データフリー(カウントフリー)、VoLTEの対応状況の内容が違います。

LINEモバイルのdocomo回線とSoftBank回線どちらの回線を選んだらいい?

LINEモバイルのdocomo回線とSoftbank回線の選び方はLINEモバイルのSIMカードを使うスマホやiPhoneなどの端末の契約キャリアで選びます

例えば、ソフトバンク契約のiPhoneやスマホであればLINEモバイルのSoftbank回線であればSIMロックを解除しなくてもSIMカードを挿入するだけでそのまま使えます。

武中
また、docomoソフトバンク契約のiPhoneやスマホであればLINEモバイルのdocomo回線であればSIMロックを解除しなくてもSIMカードを挿入するだけでそのまま使えます。

LINEモバイルで使用するスマホ端末は再利用できる

LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線で使える端末
  • ソフトバンクのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのソフトバンク回線が使える
  • ドコモのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのドコモ回線が使える
  • auのSIMロック解除済みのiPhoneやスマホ: LINEモバイルのどちらの回線も使える

docomo回線でもSoftbank回線でも月額料金もサービス内容もデータ容量も全く同じです。

LINEモバイルの月額料金とプラン一覧まとめ

LINEモバイルのお試しておすすめのプラン

LINEモバイルの格安SIMで選べる3つのプランは、「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3つです。

LINEモバイルで選べる3つのプラン
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

LINEモバイルにはLINEアプリの音声通話やビデオ通話、画像やビデオの送信で使用したデータ量を使用したデータ量してカウントしない「LINEフリープラン」と

LINEアプリに加えてSNSのTwitterやFacebook、インタグラムのアプリやブラウザから使用したデータ量が使用したデータ量としてカウントしない「コニュニケーションフリープラン」、

LINEアプリとSNSのTwitterやFacebook、インタグラムのアプリやブラウザから使用したデータに加えてLINE MUSICで使用したデータ量を使用したデータ量としてカウントしない「MUSIC+プラン」の3つのプランがあり契約時に自由に選択できます。

お試しする場合は、「LINEフリープラン」または「コニュニケーションフリープラン」のどちらかを選ぶのがおすすめです。

とりあえず試してみたい方はLINEフリープラン(月額500円)

LINEモバイルの格安SIMをとにかく試してみたいときは月額500円のLINEフリープランを選ぶのがおすすめです。

500円という安い月額料金なのに他のプランと同じ回線品質なのでLINEモバイルをお試しするには最適なプランです。

LINEフリープランは1GBのデータ容量になっていますが、データ容量を使い切っても通信ができなくなるわけではなく、通信速度が200kbppsに制限されます。

速度制限はどの格安SIMにもあって200kbpsになる制限速度も同じですが、LINEモバイルは制限が甘く速度制限中でも440kbpps〜500kbps程度出るので速度制限がかかっているのに気が付かないくらいです。

しまりすさん
お試しで使っている場合は、速度制限中の快適度もテストしてみるといいよ〜♪

LINEフリープランはLINEの通信がデータフリーの使い放題

LINEモバイルのLINEフリープランは、LINEアプリでのトークや音声通話やビデオ通話、画像や動画の送受信、タイムラインの閲覧や投稿の通信がデータフリー(旧名:データフリー)です。

そのため、どれだけ使用しても実施に使用した1GBのデータ量に含まれませんので、常に快適に使えます。

LINEモバイルのプラン別カウントフリーになる通信内容の詳細
  • LINEフリープラン: LINEの通信は全てカウントフリー

また、1GBのデータ容量を使い切った場合でもデータフリーの対象の通信は速度制限の対象外なので速度制限がされません。

【必見】月額500円だけでネットも電話もできる格安SIMはLINEモバイル

【500円】LINEを使うだけなら1GBプランで十分な3つの理由

SNSやLINEの使い放題を試してみたいならコミュニケーションフリープラン

LINEモバイルのお試しでおすすめの2つ目のプランは「コニュニケーションフリープラン」です。「コニュニケーションフリープラン」はLINEアプリに加えてSNSのTwitterやFacebook、インタグラムの通信がデータフリーになります。

LINEモバイルのプラン別カウントフリーになる通信内容の詳細
  • LINEフリープラン: LINEの通信は全てカウントフリー
  • コニュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信は全てカウントフリー
  • MUSIC+プラン:  LINEとSNSとLINE MUSICの通信は全てカウントフリー

そのためSNSとLINEをよく使う人に爆発的に人気のプランです。

ちなみに、LINEモバイルで一番選ばれているプランは「コニュニケーションフリープラン」の3GBのプランです。

コニュニケーションフリープラン」は3GBが月額1110円で使えて、SMSが最初からついてきます。最低利用期間はないのでいつでも好きなタイミングで違約金や解約手数料などなしで解約できます。

LINEモバイルのお試しでかかる料金

LINEモバイルのお試しでかかるすべての料金をまとめました。

LINEモバイルのお試し(トライアル)でかかる全料金
  • 登録事務手数料: 3000円
  • SIMカード発行手数料: 400円
  • 月額料金: 500円または1110円
  • 計3800円〜4210円

LINEフリープランのデータ通信専用SIMであれば3800円が初期費用になります。

コミュニケーションフリープランの3GBのデータ通信+SMSのSIMであれば4210円が初期費用になります。

LINEモバイルでそのまま再利用して使えるスマホ端末やiPhone

LINEモバイルでそのまま再利用して使えるiPhoneやスマホをリストとしてまとめました。

ソフトバンク版はLINEモバイルのSoftBank回線を選ぶとSIMロックを解除しなくてもそのままSIMカードを挿入するだけで使えます。

docomo版はLINEモバイルのdocomo回線を選ぶとSIMロックを解除しなくてもそのままSIMカードを挿入するだけで使えます。

SIMフリー版はdocomo回線でもSoftBank回線でも使えますが、docomo回線のほうがエリアが広いので基本的にはdocomo回線を選ぶようにしましょう。

LINEモバイルのソフトバンク回線で使えるiPhone

  • iPhone SE SIMフリー版
  • iPhone SE ソフトバンク版
  • iPhone 6s SIMフリー版
  • iPhone 6s ソフトバンク版
  • iPhone 6s Plus SIMフリー版
  • iPhone 6s Plus ソフトバンク版
  • iPhone 5s SIMフリー版
  • iPhone 5s ソフトバンク版
  • iPhone 6 SIMフリー版
  • iPhone 6 ソフトバンク版
  • iPhone 6 Plus SIMフリー版
  • iPhone 6 Plus ソフトバンク版
  • iPhone 7 SIMフリー版
  • iPhone 7 ソフトバンク版
  • iPhone 7 Plus SIMフリー版
  • iPhone 7 Plus ソフトバンク版
  • iPhone 8 SIMフリー版
  • iPhone 8 ソフトバンク版
  • iPhone X SIMフリー版
  • iPhone X ソフトバンク版

※SIMサイズは全てナノSIMなので申し込み時に間違えずに選択してください。

LINEモバイルのドコモ回線で使えるiPhone

  • iPhone SE SIMフリー版
  • iPhone SE docomo版
  • iPhone 6s SIMフリー版
  • iPhone 6s docomo版
  • iPhone 6s Plus SIMフリー版
  • iPhone 6s Plus docomo版
  • iPhone 5s SIMフリー版
  • iPhone 5s docomo版
  • iPhone 6 SIMフリー版
  • iPhone 6 docomo版
  • iPhone 6 Plus SIMフリー版
  • iPhone 6 Plus docomo版
  • iPhone 7 SIMフリー版
  • iPhone 7 docomo版
  • iPhone 7 Plus SIMフリー版
  • iPhone 7 Plus docomo版
  • iPhone 8 SIMフリー版
  • iPhone 8 docomo版
  • iPhone X SIMフリー版
  • iPhone X docomo版

※SIMサイズは全てナノSIMなので申し込み時に間違えずに選択してください。

LINEモバイルで利用できるAndroidスマホタブレット一覧

LINEモバイルのソフトバンク回線で使えるスマホ&タブレット

  • SoftBankで契約しているまたは契約していたスマホ(Andoidスマホ)
  • SoftBankで契約しているまたは契約していたタブレット
  • SIMフリーのスマホ(Andoidスマホ)
  • SIMフリーのタブレット
  • SoftBankで契約しているまたはしていたiPhone
  • SoftBankで契約しているまたはしていたiPad
  • SIMフリーのiPhone
  • SIMフリーのiPad

LINEモバイルのドコモ回線で使えるスマホ&タブレット

  • ドコモで契約しているまたは契約していたスマホ(Andoidスマホ)
  • ドコモで契約しているまたは契約していたタブレット
  • SIMフリーのスマホ(Andoidスマホ)
  • SIMフリーのタブレット
  • ドコモで契約しているまたはしていたiPhone
  • ドコモで契約しているまたはしていたiPad
  • SIMフリーのiPhone
  • SIMフリーのiPad

LINEモバイルをお試しするための契約申し込み方法

  1. LINEモバイルの公式サイトからお試ししたいプランを契約する
  2. 初期設定をする(SIMカードに手順書が入っています)
  3. LINEモバイルをお試しする(1ヶ月〜2ヶ月程度)
  4. 解約または継続して使用、メイン回線として乗り換えるなど

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

【保存版】パソコン・PCから申し込み契約する方法と手順

LINEモバイルのお試し後に解約する方法

LINEモバイルの契約方法は以下の記事で詳しくまとめているのでぜひ参考にしてください。

【保存版】LINEモバイルの申し込み方法・手順

【保存版】パソコン・PCから申し込み契約する方法と手順

ここでは実際にLINEモバイルの解約の方法と手順について説明します。

LINEモバイルの解約はLINEモバイルのマイページから行います。

「ログインID」と「パスワード」を入力してマイページにログインします。

データ残量の画面になるので、

画面右上にある下矢印をタップします。

「解約・MNP転出」を選びます。

「解約する」ボタンをクリックまたはタップします。

この「解約する」ボタンを押したら

キャンセルはできないので注意して下さい。

これで解約完了です!

すごく簡単に解約できる仕組みになっているので

LINEモバイルは気軽に始めて気軽に解約できるのです。

LINEモバイルを解約したらSIMカードを返却する

LINEモバイルは解約後、SIMカードの返却が必要です。

SIMカードは貸与扱いなので解約後にSIMカードを返却しないとSIMカードの紛失扱いとなり自動的にSIMカード再発行手数料である3000円が請求されます。

LINEモバイルのSIMの返却先の住所

〒277−0834

千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13−1

ロジポート北柏501

LINEモバイル株式会社 解約窓口

【保存版】LINEモバイルは解約後にSIMの返却が必要!方法と手順まとめ

LINEモバイルは月初に契約して月末に解約するのがベストなタイミング

LINEモバイルは月末締めで日割りがない格安SIMなので、月初に契約して月末に解約するのがベストなタイミングです。

そのため、どのタイミングで解約しても月末まで使えます

ただし、契約した初月に解約した場合は初月無料キャンペーンが適用されないので、注意が必要です。もし初月に解約すると1ヶ月分の月額料金がかかります。

1ヶ月目でに解約しても2ヶ月目に解約してもかかる料金は同じなので2ヶ月目に入った時に解約するのがベストなタイミングです。

LINEモバイルのお試しのまとめ

LINEモバイルの節約効果は高く、大手キャリアのdocomo、au、ソフトバンクでかかっていた毎月8000円〜12000円程度かかっていたのが、翌月からすぐに1200円〜3000円程度になります。

武中
LINEモバイルに乗り換える初期費用がかかったとしても1ヶ月で回収できる料金設定になっています。

LINEモバイルのお試しでの契約申し込み方法や、大手キャリアのdocomo、au、ソフトバンクなどから電話番号を引き継いで乗り換えるMNP転入での詳しいやり方や手順はこちらの記事で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

 
武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。LINEモバイルは2019年5月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル8大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

期間限定!全回線全プランで3ヶ月間毎月1,390円割引キャンペーン+10,000LINEポイントプレゼント実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و