当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【損しない】LINEモバイルを1円でも安くお得に契約するウラ技5つを暴露

【知らないと損】LINEモバイルを少しでも安く契約する方法、裏技というのが実はあります。

この方法を知っていることで普通にLINEモバイルを契約するよりもかなり安く契約することができるので少しでも安くLINEモバイルを契約したい方は必見です。

ここで紹介している方法やキャンペーンで使えるものはすべて適用してLINEモバイルを契約することで大幅に安くLINEモバイルを契約できるので節約にもなります。

LINEモバイルを少しでも安く契約する5つの方法・裏技

LINEモバイルを少しでも安く契約する方法は以下の5つです。

LINEモバイルを少しでも安く契約する5つの方法と裏技
  1. LINEモバイルのキャンペーンを利用する
  2. 最初は10GBのプランを申し込む
  3. エントリーパッケージで事務手数料を無料にする
  4. 追加回線として契約して事務手数料を無料にする
  5. データ通信SIM+050のIP電話で月額料金を安くする

>>LINEモバイル公式サイトへ

①LINEモバイルのキャンペーンを利用する

まずは、LINEモバイルの実施しているキャンペーンを利用する方法です。

LINEモバイル通年何らかのお得なキャンペーンを実施していて2019年10月現在はLINEモバイルデビュー以来一番お得なキャンペーンを実施しています。

詳細はLINEモバイルキャンペーン解説ページで確認してください。

②初月は10GBで申し込み→契約後データ容量を変更する

初月はデータ容量によらず固定料金です。3GBで申し込んでも、10GBで申し込んでも料金は同じです。

SIMタイプ 初月料金
データSIM(SMSなし) 500円
データSIM(SMSあり) 620円
音声SIM 1,200円

なので、申し込み時は10GBで申し込んでおいて、契約後に3GBに変更すれば7GB分お得です。

しかも余った分は翌月に繰り越し可能です。

ただし、プラン変更を忘れないように気をつけてくださいね。(LINEアプリからプラン変更は簡単にできます)

※LINEフリープランは1GB限定なので注意

③エントリーパッケージで事務手数料を無料にする

LINEモバイルの事務手数料は普通に契約申込みをすると新規契約でもMNPでLINEモバイルに乗り換える場合でも登録事務手数料(初期費用)として3000円(税込3240円)がかかります。

しかし、エントリーパッケージを購入して中に入っているエントリーコードを使ってLINEモバイルを契約申込みすれば登録事務手数料(初期費用)の3000円(税込3240円)を無料(0円)にすることができます。

ただし、SIMカード発行手数料の400円はエントリーパッケージを使っても使わなくても必ずかかってくるので900円のエントリーパッケージ代+SIMカード発行手数料400円をあわせた1300円で契約できるので2100円分安くしてLINEモバイルを契約できます。

LINEモバイルのエントリーパッケージの節約効果
  • エントリーパッケージを使わないで契約: 3000円+400円=3400円(税抜)
  • エントリーパッケージを使って契約: 900円+400円=1300円(税抜)

※Amazonで900円で売っているLINEモバイルのエントリパッケージを使用した場合

※SIMカード発行手数料の400円は必ず費用として必要

【保存版】LINEモバイルの事務手数料をエントリーパッケージで無料0円にする方法手順

注意点:エントリーパッケージを使用するとキャンペーンコードが適用できない

エントリーパッケージ(エントリーコード)は万能ではなく1つだけで欠点があって、エントリーパッケージを使った契約の場合は、キャンペーンコードを使ったキャンペーンの適用ができなくなります。

そのため、LINEポイント10,000ポイント(1ポイント=1円)がプレゼントされるLINEモバイルの契約解除料金相当負担キャンペーンを適用する場合は、エントリーパッケージ(エントリーコード)を使うと損になりますので注意が必要です。

④追加回線として契約して事務手数料を無料にする

LINEモバイルは新規で申し込む場合は3000円の登録事務手数料がかかりますが、同じ契約者が回線目としてLINEモバイルを追加で契約する場合は、

事務手数料を音声通話SIMであれば無料、データ通信+SMSのSIMなら500円、データ通信SIMなら1000円にしてくれる割引があります。

これを活用することで登録事務手数料を大幅に安くすることができます。

LINEモバイルの2回線目以降の回線追加方法

LINEモバイルで2回線目以降の回線を追加で申し込みする方法は、

LINEモバイルのマイページから「追加申し込み」を開いて、「申し込む」ボタンを押すと事務手数料が割引されます。

さらに嬉しいことに、2回線目以降の申込みでは、契約者が同じなので個人情報の入力や本人確認書類のアップロードでの本人確認なども免除されます。

⑤データ通信SIM+050のIP電話で月額料金を安くする

LINEモバイルはLINEフリープランには電話機能が機能がついていません。

しかし、SMARTalkのIP電話アプリを組みわせることで電話番号を無料でもらうことができるので他の携帯電話や固定電話に発信も着信もできて電話もインターネットもできるスマホを月額500円で作ることができます。

SMARTalkのIP電話アプリは初期費用も月額料金も0円(無料)なので、電話を自分から掛けなければ、LINEモバイルの月額500円の料金だけでデータ通信(インターネット)も音声通話もできるスマホを作ることができます。

SMARTalkは月額料金や基本料金の詳細
  • SMARTalkの月額料金: 無料(0円)
  • SMARTalkの基本料金: 無料(0円)
  • 電話を発信(こちらからかけた場合): 一律8円/30秒
  • 電話を着信: 何時間通話しても通話料は無料(0円)

【必見】LINEモバイルで月額500円だけでネットも電話使う方法・裏技

LINEモバイルを少しでも安く契約する裏技まとめ

LINEモバイルを少しでも安く契約する5つの方法と裏技
  1. LINEモバイルのキャンペーンを利用する
  2. 最初は10GBのプランを申し込む
  3. エントリーパッケージで事務手数料を無料にする
  4. 追加回線として契約して事務手数料を無料にする
  5. データ通信SIM+050のIP電話で月額料金を安くする

一番オトクに契約したいなら、LINEモバイルのキャンペーンを上手く併用することが重要です。

きちんと情報をチェックして、LINEモバイルに申し込んでください。

LINEモバイルキャンペーン解説ページ

LINEモバイルへの申し込みはこちら

武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。 LINEモバイルは2019年9月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル6大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

期間限定!5ヶ月間スマホ代半額+5000LINEポイントプレゼント実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و