最終更新日:2017/10/19

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

LINEモバイルの格安SIMは家族家庭内で使い回しができる?

格安SIMを契約したら、契約した格安SIMのSIMカードを家族内や家庭内で使いまわしたり、複数の端末で使い回したいと思う方も多いと思います。

結論から先に書くと、LINEモバイルはSIMカードの使い回しができる格安SIMなので家族や家庭内で使いまわす事が可能です。

またdocomoのSIMカードが使えるスマホやiPhone、タブレットやiPadであれば誰のものであっても利用することができます。

音声通話機能付きプランの場合は、電話番号もLINEモバイルのSIMカードを挿したスマホやiPhone,iPad,タブレットに引き継がれ、音声通話もデータ通信もすることができます。

LINEモバイルはSIMカードの使い回しができる格安SIM

LINEモバイルの格安SIMはSIMカードを挿し替えて複数の端末で使うことが最初から可能な格安SIMです。

そもそも契約時にもどのスマホで使うか、誰の名義のスマホで使うかの選択などは一切なく、LINEモバイルのSIMカードが使えるスマホやiPhone、タブレットやiPadであれば家族の誰の端末であっても、自分が持っている複数の端末でも1枚のSIMカードを使いまわりして利用することが可能です。

LINEモバイルのSIMカードを使いまわす
  • LINEモバイルは誰名義のスマホであっても利用可能
  • 家庭内で使い回しが許可されている格安SIM
  • 使いまわしても月額料金そのまま、追加料金も発生しない

LINEモバイルのSIMカードを使いまわせる端末

LINEモバイルのはdocomoの回線と設備を利用している格安SIMのため、docomoで契約したスマホやiPhone,タブレットやiPad、auやソフトバンクでの端末であればSIMロックを解除した端末、SIMフリーの端末であればLINEモバイルのSIMカードを挿すだけで利用できるのでSIMカードの使い回しが可能です。

  • docomoで契約した端末(解約済みでも可)
  • SIMフリーの端末
  • SIMロックを解除した端末(au,Softbank)

LINEモバイルのSIMがそのまま使えるiPhoneとスマホ一覧
  • docomoで購入したiPhone
  • docomoで購入したAndroidスマホ
  • SIMフリーのiPhone
  • SIMフリーのAndroidスマホ
  • Softbankで購入したiPhoneをSIMロック解除したもの
  • Softbankで購入したAndroidをSIMロック解除したもの
  • auで購入したiPhoneをSIMロック解除したもの
  • auで購入したAndroidをSIMロック解除したもの

中古のスマホやiPhoneを買う時は「ドコモ」を選ぶ

もし家族でシェアする端末を購入する場合はdocomoのスマホやiPhoneを選ぶのがおすすめです。LINEモバイルも含め殆どの格安SIMはdocomoの回線と設備を使っているdocomo系格安SIMです。

しかもdocomoのスマホやiPhoneはSIMフリーの端末と比べて安くdocomoのiPhone5sであれば15000円もあれば状態の良いものが購入できます。ドコモの端末を選んでおけば数年先にLINEモバイルを解約した時でも他の格安SIMを契約したらSIMカードを挿すだけでそのまま利用できるからです。

LINEモバイルなら月額500円で使回しの格安SIMを手に入れられる

LINEモバイルの格安SIMは格安SIMで最安値クラスの月額料金で月額500円だけで利用できるプランが用意されています。月額500円だから品質が悪いわけではなく、月額500円でも高品質な回線とサービスで、「格安SIM=LINEモバイル」というほど選ばれています。

端末を使いわす時はSIMカードのサイズに注意が必要

LINEモバイルは契約時にSIMカードのサイズを3種類から選択できます。もし1枚のSIMカードを複数の端末で使いまわす場合は、端末が対応しているSIMカードのサイズとLINEモバイルのSIMカードのサイズが一致している必要があります。

↑LINEモバイル契約時のSIMカードのサイズの選択画面。

もし、SIMカードのサイズを変更する場合は、手数料として3000円取られますが、この3000円という手数料はとても高いです。しかし、裏技としてSIMカードのアダプタを用いることでSIMカードのサイズが違っていても利用することができるようになります。

とても安く販売されているので1つ持っておくと何かと便利かと思います。

ちょっと安すぎて心配になりますが数枚購入したすべてが問題なく使えています。

SIMカードのサイズはナノSIM(nano SIM)が賢い選択

最初からLINEモバイルのSIMカードを使いまわすことを想定して契約する場合は、SIMカードのサイズは、ナノSIM(小)を選択しておくのが賢い選択です。

理由としては下記の2つになります。

  • iPhone、iPadのSIMカードのサイズはすべてナノSIMサイズ
  • SIMカードサイズ変換アダプタは小サイズ→大サイズしか対応していない

まず、上で紹介したSIMカードのサイズの変換アダプタは一番小さなナノSIMサイズを、ナノSIMよりも大きいサイズのマイクロSIMサイズ(中)、通常サイズ(大)に変換するためのアダプタです。

大きいSIMカードを、小さいSIMカードのサイズにしか対応してない端末で利用する場合は、SIMカードをカットする必要があります。

SIMカードのカットをしても利用可能ですが、そもそもカットが難しいということと、LINEモバイル解約時のSIMカードの返却でSIMカードをカットしているので新規発行手数料(3000円)を取られる可能性があります。

現在はSIMカードをカットして手数料は取られません。今後どうなるかは不明です。

SIMカードをカットする台紙のPDFを使えばSIMカードをカードをカット正しいサイズで失敗せずにできます。A4の紙に印刷してカットするだけです。むしろこれをしないと失敗するとも言えます。

そのため、SIMカードをカットすることがないナノSIMサイズを選択して契約しておくことが賢い選択です。

LINEモバイルはSIMカードの挿し替えが自由にできる格安SIMのため、かなり月額料金を節約して格安SIM最安値で利用することができます。

LINEモバイル公式サイト

 

翌月から一気に月500円〜2000円ほどになるため、LINEモバイルに乗り換えるだけで得をします!

今だけ!Amazonギフト券・LINE Pay1000〜2000円分貰えるキャンペーン+3GB x 2ヵ月増量キャンペーン実施中!!

この記事がお役に立ったらシェアしていただけるとうれしいです(*^_^*)

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね」ボタンを押すと契約後もずっとLINEモバイルの最新情報が受け取れます