当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【mineoからLINEモバイル】MNP乗り換え手順を分かりやすく解説

「mineoより、SNS使い放題のLINEモバイルの方がストレスなくスマホ使えそうで良さそう・・・。」

「mineoからLINEモバイルに乗り換えたい!でも乗り換え手順ムズカシそう・・・。」

そんな人のために、mineoからLINEモバイルに乗り換えるための手順を、どんな人にも分かりやすいように解説しました。

乗り換えはあっという間に終わります。作業はカンタン4STEP。合計20分もあればOK

この記事の内容
  • LINEモバイルに本当に乗り換えてOKか確認
  • mineoからLINEモバイルへの乗り換え手順を解説
  • LINEモバイルへ乗り換える時の注意点

この記事を参考にして乗り換えにチャレンジしてみてくださいね!

LINEモバイルに本当に乗り換えてOKか確認

乗り換え手順解説に入る前に、mineoからLINEモバイルに乗り換えてOKか?少しだけ確認しておきましょう。

LINEモバイルのSNSデータフリーのおかげでmineo時代より料金を下げられる

LINEモバイルに乗り換えたほうが得

mineoには毎月1GBタダでもらえる「フリータンク」システムがありますが、それでもたった1GB。SNSをガンガン使うならLINEモバイルのほうがずっと向いています

LINEモバイルにはSNSのデータ通信量が0になる「SNSデータフリー」という画期的なサービスがあります。このSNSのデータフリーでの通信量の節約が大きいんです。

このSNSデータフリーの節約効果がいかほどか例をあげてみます。

1日1時間程度SNSを利用したとして、1日のSNSデータ通信量は200MBぐらいとします。1ヶ月だと6GBものデータ量が節約可能です。

mineoで10GB(3,570円)契約していた方も、LINEモバイルならたった3GB(1,690円)でOK。

LINEモバイルなら毎月約2,000円近くも安くなるというわけですね。

普通の格安SIMなら、3GB+6GB(SNS分)を1,690円で使われたら破綻しますが、LINEモバイルはソフトバンクの子会社で資金力があるので安心。

「あ、あと300MBしか残ってないから、Twitter使うのやめとこう・・・。(ホントはTwitterしたいんだけど・・・)」

というような我慢はLINEモバイルではもうしなくていいんです!娯楽のためにやってるSNSぐらい、ストレスフリーで使いたいですよね

他にも、LINEモバイルの代表的なメリットは以下のようなものがあります。

  • 速度が安定して速い
  • LINEアプリの年齢認証&ID検索ができる
  • クレジットカードは不要。支払いにLINE Pay&LINE Payカードが利用できる

今が乗り換え時!LINEモバイルのキャンペーンですごくお得

LINEモバイル2019年5月のキャンペーン

LINEモバイルは現在顧客獲得に必死なためか、それだけ安くしたら利益でないんじゃないの?とこっちが心配になるぐらいお得なキャンペーンを開催しています。

  • 10,000LINEポイントプレゼントキャンペーン
  • スマホ代月300円キャンペーン
  • 初期費用3,000円→0円キャンペーン
  • など他多数

※1LINEポイント=1円の価値。現金化もアマゾンギフト券に変換も可能

参考:LINEモバイルのキャンペーン情報

これらのキャンペーンは併用できたりするので、1番お得になるキャンペーンなら合計なんと14,170円も割引。

私がLINEモバイルのサイトを運営し始めて2年以上。

他の格安SIMも含め、毎月キャンペーン情報をチェックしてきましたが、これほどお得になるキャンペーンは見たことがありません

  • キャンペーンで14,000円お得
  • mineoで10GBプラン(3,570円)→LINEモバイルでは3GBプラン(1,690円)

LINEモバイルなら年間合計38,000円でもお得に最新のサクサク動くスマホに買い替えたり、欲しかった服も買ったりできます

ちなみに携帯会社というものは、長期契約者には割引せず、乗り換えする人向けにキャンペーンを開催して顧客を増やそうとしています。

だったらそのキャンペーンを存分に活用して、携帯会社を乗り換えたほうがお得ですよね。

LINEモバイル申し込み前に準備するもの

LINEモバイルに申し込む前に、準備しないといけないものが3~5つあります。チェックしておきましょう。

絶対に必要なもの3つ
  • 本人確認書類
  • クレジットカード or LINE Payカード
  • フリーメールアドレス
電話番号そのままで乗り換える人が必要なもの2つ
  • MNP予約番号
  • 契約者名義の統一

電話番号そのままで乗り換えたい場合、乗り換え前後で契約者名義が一致していなければなりません

名義が異なる場合、LINEモバイルの審査に落ちてしまい契約できないのです。

LINEモバイルに乗り換えてから名義変更するということはできないため、mineo契約中に名義変更をしておきましょう

mineoでの名義変更は電話で行います。

mineoの電話番号先

mineoサポートダイヤル
0120-977-384
受付時間 9:00~21:00
※年中無休

契約譲渡手数料が3,000円発生しますが、家族間(三親等以内)なら無料です。

名義変更の詳細な流れはこちらのmineo公式サイトで確認してください。

mineoからLINEモバイルへの乗り換えは4STEP

LINEモバイルに乗り換えるための4STEP

ここからはmineoからLINEモバイルに乗り換えるための手順を解説していきます。

乗り換え方はカンタン4STEP!手続きにかかる時間も合計20分でOK!

やること所要時間
STEP1MNP予約番号をゲットする5分
STEP2LINEモバイルに申し込む5分
STEP3MNP開通手続き5分
STEP4初期設定をする!これで完了!5分

では、乗り換え手順をひとつひとつ丁寧に解説していきますね。

STEP1:mineoからMNP予約番号を取得する

MNP予約番号を取得する

まず、mineoからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号について軽くおさらいします。

MNP予約番号とは
mineoからLINEモバイルに電話番号そのままで乗り換えたい!

そんな場合はMNP(マイナンバーポータビリティ)という手続きを踏むことで、LINEモバイルでも同じ電話番号が使えるようになります。

MNPするためにまず必要なのが、MNP予約番号というわけです。

MNP予約番号はmineoのユーザーサポート(ネット受付)から手続きして取得します。

mineoマイページでMNP予約番号を取得する流れ

まずはmineoのユーザーサポートのページを開きます。

「解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客様へ」の項目で解約理由を選びます。

すると下記のような画面が表示されますので「MNP予約番号発行(MNP転出)の方はこちら」を選びます。

eoIDとパスワードを入力してマイページにログインします。

MNPしたい電話番号を選択します。私は2回線契約しているのでこのような選択画面がでています。そして「決定」ボタンを押します。

最後にMNP転出する確認内容が表示されます。LINEモバイルへMNP転出する電話番号が正しいことを確認して、注意事項を確認して「同意する」ボタンを押します。

これでmineoからMNPの予約番号が送られてくるのでメモしておきましょう。

なお、MNP予約番号の発行は24時間受付ではありませんので注意しておきましょう。

  • auプラン・ドコモプランの場合 9:00~21:00
  • ソフトバンクプランの場合   10:00~19:00

5分もかからず終わるので、お昼休みのちょっとした時間にも手続きできますよ。

補足:LINEモバイル乗り換え後にmineoは自動解約される

  • MNP予約番号をもらったらmineoはすぐ解約になっちゃう?→ならない
  • スマホは使えなくなる?→スマホはまだそのまま使える
  • mineoの解約はいつやればいいの?→LINEモバイル乗り換え後に自動解約

「LINEモバイルに乗り換えている最中はスマホが使えなくなるんじゃ・・・?」と不安な方もいるかもしれませんが、大丈夫。スマホが使えなくなる期間はありません

また、改めてmineoの解約手続きをする必要はありません。LINEモバイル乗り換え後に自動で解約になります。

補足:MNP予約番号をゲットしてから5日以内にLINEモバイルに申し込まないとダメ!

MNP有効期限は実質5日

MNP予約番号を最初にもらったとき、15日の有効期限が設定されています。

ただし、LINEモバイルに申し込む時には、有効期限が10日以上残っている必要があります!

つまり実質有効期限は5日以内なので、MNP予約番号をゲットしたらなるべく早く申し込みましょう。

STEP2:LINEモバイルに申し込む

MNP予約番号が取得できたら、いざLINEモバイルに申し込みです!

LINEモバイルへは公式サイトから申し込みをしますLINEモバイル公式サイトへ

実際にどう申し込んでいくかまで丁寧に解説したいのですが、長くなるので以下の記事を参考に手続きを進めてみてください。

参考:LINEモバイルに申し込む方法と手順を分かりやすく解説

申し込みが完了したら、LINEモバイルからSIMカードが送られてくるまで待ちます。届くまで2~3日程度かかります。

STEP3:MNP開通手続きをする(回線の切り替え)

MNP開通手続き

SIMカードが届いたら、今度はMNP開通手続きをします。

MNP開通手続きとは
MNP開通手続きは「回線の切り替え」のことです。

mineoで使っていた電話番号を、LINEモバイルへと引っ越しする作業が「MNP開通手続き」ですね。

回線を切り替える方法は、2種類あります。

  • LINEモバイルカスタマーセンターに電話する
  • LINEモバイルのマイページから開通ボタンを押す

切り替え方法の手順は、LINEモバイルの開通方法と手順まとめ!の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

切り替え作業が終わったら楽天モバイルの回線は数分~1時間程度ストップします。大体5~10分ぐらいで切り替わります。

そのLINEモバイル側の切り替え作業のあいだに、次のSTEP4「初期設定」を済ませてしまいましょう。

短時間とはいえ電話が使えない状態になります。

電話が来なさそうな時間帯にMNP開通手続きをするのがいいですね。(Wi-Fiでネットに繋ぐことはできます)

STEP4:初期設定をする(SIMカード入れ替え+APN設定)

SIMカードの入れ替え&APN設定

MNP開通手続きが完了したら、今度は初期設定です。このSTEPが終わったら乗り換えはすべて完了!LINEモバイルが使えるようになります!

スマホが携帯の電波を受信できるようにするためには、2つの作業が必要です。5分もあれば終わります。

  • LINEモバイルから送られてきたSIMカードを挿し込む
  • APN設定をする

SIMカードが挿し込めたら、次は回線を受け取るためのAPN設定をします。

APN設定とは

mineoのスマホをそのまま使っている場合、そのスマホはmineoの電波しか受け取れない設定になっています。

つまり、設定を変えないとLINEモバイルの電波が拾えません。これでは困りますよね。

そこでLINEモバイルの電波を拾えるように設定を変更するのが、APN設定というわけです。

APN設定と言っても難しいことは必要ありません。画面通りに進めていくだけで完了するので安心してください

初期設定手順の詳細記事

SIMカードの挿し替え&APN設定などの初期設定手順は、以下の記事を参考にしてください。

iPhoneとAndroidで手順が違うので気をつけてくださいね。

iPhoneの初期設定手順

Androidの初期設定手順

iPhoneの場合、Wi-FiにつながっていないとAPN設定はできないので注意してくださいね!

自宅のWi-Fiを使うか、無料Wi-Fiがある場所に行ってからAPN設定しましょう。

なお、Androidの場合はWi-FiがなくてもAPN設定はできます。

この設定が終わったら、LINEモバイルが無事使えるようになります!

ここで、乗り換えの流れをまとめておきますね。

やること所要時間
STEP1MNP予約番号をゲットする5分
STEP2LINEモバイルに申し込む5分
STEP3MNP開通手続き5分
STEP4初期設定をする!これで完了!5分

たった20分で乗り換えが完了!これだけで通信量を気にすることなくSNSが使い放題になります!

>>LINEモバイル公式サイトへ

ここからは乗り換えの前にまだ確認しておきたいことがある気がするという方に向けて、以下のことを解説していきます。

順に読んでいくか、気になる項目をタップして今すぐ読んでみてくださいね。

mineoの最低利用期間・違約金について

mineoにはMNPせずに単に解約するだけなら最低利用期間・違約金はありません。

しかし、MNPする場合は要注意。契約月から12ヶ月以内でのMNP転出料は11,500円と高額です。実質違約金のようになっています。

契約期間MNP転出料
12ヶ月以内11,500円
13ヶ月以上2,000円

mineoからLINEモバイルに乗り換えるとできなくなることは?

LINEモバイルでできなくなること

mineoだとできてたことが、LINEモバイルだとできないこともあります。乗り換え前にチェックしておきましょう。

LINEモバイルだとできなくなること・デメリット
  • マイネ王のようなユーザー掲示板が使えなくなる
  • フリータンクで1GBゲットができなくなる
  • 通信速度の高速・低速モードの切り替え機能がない
  • 低速モードにバースト転送機能がない

一番の違いは、マイネ王のようなユーザー同士が触れ合うユーザー掲示板がないことです。

しかし、元々利用していなかった人の場合は関係ないですよね。むしろ、ユーザー掲示板維持にかかる費用を、料金の安さや速度に還元してくれるLINEモバイルの方が良いですよね

また、LINEモバイルではフリータンク、高速・低速、バースト転送機能がなくなります。データの管理が少しやりにくくなるかもしれません。

しかしこれに関しても、LINEモバイルのSNSデータフリーがあればデータの管理は必要なくなります

ちまちまデータの消費を気にしてスマホの使い方を制限する・・・ということもしなくても良くなりますよ。

mineoはau・ソフトバンクだとSIMカード返却不要。ドコモ回線だと必要

SIMカードの返却

mineoを解約した場合、au・ソフトバンク回線だった方はSIMカード返却は必要ありません

一方、ドコモ回線だとSIMカードを返却する必要があります

返却は郵送にて行います。

メール便や封筒に切手を貼って、その中にmineoのSIMカードを入れて郵便で発送すればOKです。

mineoのSIMカード返却先
〒530-8780
日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号

株式会社オプテージ お客さまサポートセンター mineo解約SIM返却係

  • 着払いの場合受け取り拒否
  • 切手代などの費用はこちら持ち

なので気をつけてくださいね。

乗り換えに必要な初期費用は6,400円!でも3,000円安くするウラ技とは?

LINEモバイルに乗り換える時にかかる初期費用は以下。

必要な初期費用料金
mineoのMNP転出料3,000円
LINEモバイルの事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円
合計6,400円
  • mineoのMNP転出料3,000円
  • SIMカード発行手数料400円

この2つの手数料合計3,400円は、携帯会社を乗り換えるなら絶対にかかってきてしまうお金なので、必要経費といえます。

しかし、LINEモバイルの事務手数料3,000円は、キャンペーンを活用することで無料にすることができます。

まとめ:SNSデータフリー、ID検索があるLINEモバイルへの乗り換えはカンタン!

LINEモバイルはSNS使い放題

確かにmineoもマイネ王、フリータンク機能など面白いサービスを提供しています。

しかし、LINEモバイルのSNSデータフリーと比べると、面白いけど地味なサービスと言わざるを得ません。

他にも、LINEモバイルなら友だち追加にLINEでのID検索もできます。手間がかかってめんどくさいふるふるやQRコードでのやり取りもしなくてOK。

mineoは契約から1年たっていたら違約金もかからず解約しやすいので、いつでもLINEモバイルに乗り換えてOKですよ。

それに、携帯会社のキャンペーンの仕組み上、同じ携帯会社に居続けるよりも乗り換えるだけで1~2万円も得します

1円でも安くLINEモバイルを利用するために、以下の記事でキャンペーン情報もチェックしてみてくださいね。

 
武中
LINEモバイルに乗り換えると翌月からすぐに毎月500円〜2000円ほどになるため早く乗り換えた人ほど得をします。LINEモバイルは2019年5月現在ユーザー満足度No1の格安SIMで、爆発的な人気になっています。

期間限定!知らないと損!LINEモバイル8大キャンペーン中でLINEモバイルに乗り換える最適なタイミングです!

期間限定!全回線全プランで3ヶ月間毎月1,390円割引キャンペーン+10,000LINEポイントプレゼント実施中!!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

当サイトはSNSシェアやリンク自由としています♪この記事がお役に立ったらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(๑˃̵ᴗ˂̵)و