LINEモバイルの基本一覧

【重要】LINEモバイルの通話料金の請求は「翌々月」詳細まとめ

LINEモバイルの料金の請求は月額基本料金の料金は翌月請求でSMSの送信料金と080/090/070の音声通話(電話)の通話料は使用した月の翌々月請求です。ユニバーサルサービス料、持込端末保証の料金は翌月請求となります。月額500円だけで使えるデータ通信SIMの場合は翌月に500円請求されるだけなのでわかりやすいです。

LINEモバイルの最低利用期間はデータ:なし 音声付:12ヶ月

LINEモバイルは「データ通信のみプラン(SIM)」の最低利用期間:なしで「データ通信+音声通話プラン(SIM)」は12ヶ月の最低利用期間があります。音声通話プランを契約後12ヶ月以内にLINEモバイルを解約したり他社にMNPした場合は9800円の違約金がかかります。13ヶ月目以降の解約やMNP転出ではかかりません。

電話番号なしでもLINE通話が使える格安SIMはLINEモバイル

「LINEモバイル」の格安SIMはデータ通信専用の080/090/070の電話番号の電話や通話機能を持たない月額500円のデータ通信専用SIMでもLINEの新規登録も音声通話(電話)もトークもすべてが利用できる唯一の格安SIMです。SMSオプション料金不要でLINEの新規登録や引き継ぎ、年齢認証とID検索ができます。

【必見】LINEモバイルの社長の経歴と年齢その素顔まとめ

LINEモバイル株式会社(代表取締役社長:嘉戸 彩乃 本社:東京都新宿区)設立:2016年2月26日 資本金:17億1,000万円 2018年3月20日ソフトバンク株式会社(代表取締役社長 兼 CEO 宮内 謙)の100%子会社となる。主な事業内容:LINEモバイルの格安SIMの提供。LINEモバイル社長の嘉戸 彩乃(かど あやの)の過去の経歴と事業に秘めた思いをまとめています。

【保存版】LINEモバイルは解約後にSIMの返却が必要!方法と手順まとめ

LINEモバイルは解約後やMNP転出で他社に乗り換えた後にSIMカードの返却が必要です。返却しないと紛失扱いとなり3000円が請求されます。LINEモバイルのSIMの返却先は「〒277-0834 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏501」です。郵便封筒にSIMカードを入れて郵送すれば完了です。

【LINEモバイルの料金シミュレーション】方法と手順完全まとめ

LINEモバイルは契約前にあなたにあったプランと月額料金を無料でシュミレーションする方法と手順をわかりやすく解説しています。時間は1分程度しかかからず、LINEモバイルの格安SIMに乗り換えた後の月額料金の差額と最適なプランを調べることができます。LINEモバイルは契約後、無料で自由にプラン変更もできるので安心です。

【保存版】 LINEモバイル土日祝日の問い合わせ・契約開通方法

LINEモバイルの格安SIMは土日や祝日でも問合わせや、回線の開通や新規契約、MNPの転入に対応しています。また大即日MNPにも対応しています。問い合わせ先は0120−142−275 受付時間:10:00〜19:00(年中無休 土日祝日も対応)通話料無料です。LINEモバイルの契約と開通方法もわかりやすくまとめました。

【必見】LINEモバイルの家族割引の詳細を徹底解説!

LINEモバイルモバイルに家族割引はありません。家族割引がなくても家族での利用に選べている理由は月額料金が格安SIMで最安値クラスで、家族割引がある格安SIMの月額料金よりも最初から安くなっています。月額500円から利用でき他の格安SIMよりも安く利用できます。契約後も無料で自由にプラン変更ができるので節約ができます。

LINEモバイルは「MNP開通申し込みボタン」で即日MNP乗り換えが可能!方法や手順を詳しく解説!

LINEモバイルはLINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口(0120−889−279(無料))に電話して開通する方法以外にLINEモバイルのマイページから「開通申し込みボタン」を押して開通や回線を切り替えることができます。ここでは2つの開通とMNP乗り換え方法手順をわかりやすく紹介します。